• 低すぎる現給与額、リクルーターに伝えたら一生薄給のまま?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のマリアから寄せられた便りと、私からの回答だ。現在転職活動中ですが、うまく行っていません。スキルはあるので、リクルーターからの問い合わせは多く受けます。普通は最低6万ドル(約670万円)の年収をもらえるはずの仕事なのに、私が現在4万2000ドル(約470万円)しか稼いでいないことが分かると ...

  • ネット求人応募で「直近の年収」を聞かれたら 記入を避ける裏技

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    ネット上で興味のある求人に応募するとき、ある問題に直面することが多い。ネット上でのエントリーではほぼ毎回、今までの職務の年収を書かなければならないことだ。この情報は共有しない方が良い。そもそもこれは、私的で個人的な情報だ。それに会社は、同部署内の他の従業員にどれだけの給与を支払っているかを明かそうと ...

  • キャリア停滞を示す4症状 あなたが転職しない本当の理由

    Gary Burnison , Contributor

    「従業員求む」──この言葉は、人によっては救いの言葉に見えるかもしれない。特に、上司が嫌いで、自分の業務にも興味が持てず、過去何年も昇進していない人にとっては。米国では求人が記録的な数に増えているにもかかわらず、人があちこちで転職するような現象は起きていない。実際、全米離職率は過去2年間にわたり2% ...

  • 今年中に転職したい! 実践すべき5つの時間管理法

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    年末が迫る中、「今年中に新しい仕事を見つける」ことを抱負とする人は多い。来年までに新たなスタートを切りたければ、残りは3か月ほど。時間を賢く管理すれば、まだ十分間に合う時期だ。残りの3か月で何を、どのようなタイミングで実行すればいいのだろう? ここでは、新年までに新たな仕事を獲得したければ実践すべき ...

  • 内定を辞退すべき会社が発する5つの危険信号

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のミカイルから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は現在1社から内定をもらっていますが、2社目の返答を待っています。2社目の方がいくつかの点で私に合っていますが、より良いオファーを期待して内定を辞退したくありません。既に内定をもらった仕事は現職と全く同じ職務で、会社が変わるだけです。私は現 ...

  • 今の仕事が「辞め時」だと分かる10のサイン

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    ある朝、ひどい頭痛とともに目覚めて、自分は今まで間違った仕事に長く居座り過ぎていたのだ、と気づく人に対し、私は同情する。私自身も、ひどい状況にあまりに長く居過ぎたことがある。心の中では何かがおかしいと分かっていながらも、なんとかできると考えていたり、問題を解決できるほど自分は強くないと感じて気にしな ...

  • 履歴書で避けるべき5つの危険信号

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    キャリアコーチとして活動する私には、アドバイスを求める熱心な求職者から毎日多くの履歴書が届く。書式や言葉の選び方まで、完璧な履歴書を作成するための情報は巷にあふれているが、それだけでは限界がある。地雷を踏むのはいとも簡単だ。そうなると、面接前から採用マネジャーに与える印象を左右してしまいかねない。新 ...

  • 経験がない仕事に就職するためにできる4つのこと

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    キャリアを変更して新たな分野を開拓したいとき、関連した経験がない職種に採用してもうためにはどうすればいいのだろうか? 率直に言えば、雇用者があなたの潜在能力を信じて採用してくれることはないため、希望する職種に関係する経験は必須だ。だが有給・フルタイムの業務経験である必要はない。ただ雇用主にとっては、 ...

  • 面接で絶対に口にしてはいけない7つのこと

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    採用面接では緊張のあまり、言おうと思っていなかったことを口にしてしまいがちだ。面接前と面接中は必ず、意識的に自分を落ち着かせ、集中すること。ロビーに立っているとき、座って面接官を待っているとき、深呼吸をする。呼吸に意識を集中させ、次のような肯定の言葉を心の中で繰り返そう。1. 大丈夫。ここにいて私は ...

  • 米国で人気の転職先企業トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    最近は誰もが転職先を探している。勤務期間が5年であろうと5か月であろうと、より良い機会に常に目を光らせている人ばかりだ。グーグルのように、素晴らしい職場として評判が高い超有名企業は、ほぼ全ての求職者にとって転職先の第一志望だ。ビジネス向け交流サイト「リンクトイン」は昨年2月から1年間にわたり同サイト ...

  • 近日始動、グーグルの「職探し機能」が期待できる理由

    Kevin Murnane , CONTRIBUTOR

    職探しは暗闇の中で探し物をするのに似ている。求人が出るタイミングは予測しがたく、LinkedInのような場で仕事を得られるのはハイスペックな人材だけだ。アメリカでは数百万人が職探しをしているが、企業の46%は適切な人材を見つけるのに苦労していると感じている。企業と求職者がうまくつながっていないのは明 ...

  • 優秀な社員が辞めてしまう本当の理由

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    現職よりも良い仕事を見つけたら、波風を立てることなく今の職場を去りたいと思うものだ。職場を去る社員が「断りようがないオファーをいただきましたので」というありきたりの説明をすることが非常に多いのは、それ以上の本当の退職理由を明かすメリットが全くないからだ。もちろん裏には「断りようがないオファー」以上の ...

  • 米従業員調査でわかった「最も憂鬱な仕事」トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    気分を沈ませる仕事を続けるのは嫌なものだ。毎朝、目が覚めると、もう慣れっことはいえ気がめいるような仕事が待っている。そして仕事を終えると、困惑や退屈、ストレス、恐怖や疲労を組み合わせたような気持ちになる。そうした憂鬱な気分からは、抜け出すのが難しいものだ。だが最も憂鬱な気分にさせる仕事とは、どのよう ...

  • 勤務先が「従業員を大切にしているか」見極める10のヒント

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    企業の多くが人材を募集する際、「業界の最も優秀な人材が働きたがる当社」などといった言い方をする。だが、口で言うのは簡単なことだ。企業の素晴らしさはその発する言葉ではなく、賃金規定をはじめとする諸規定、社内のリーダーシップや文化に関わる問題に向ける関心、従業員が何らかの調整を必要としたときに見せる柔軟 ...

  • 福利厚生は「唯一の転職の理由」になる 米労働者の3割が回答

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    米国企業の大半は、従業員に福利厚生制度・特典を提供している。これらには、柔軟性のある労働形態を認める制度や、スポーツジムや託児所の利用などが含まれる。これらの制度や特典について、多くの企業は「従業員のやる気を高め、具体的な結果を出すことに役立つもの」と捉えている。一方、これらは最も優秀な人材を採用し ...

  • 「デキすぎる」のも悩みの種 今の仕事が合っていないことを示す10の兆候

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    筆者は小型犬を飼っている。誰かが玄関に来ると大はしゃぎするが、数分もすれば大人しくなりソファの肘掛けに寝そべっている。犬種によっては、もっと知的な刺激や物理的な挑戦を必要とする犬もいる。例えば賢いことで有名なボーダーコリーは、常に脳や体を働かせる必要があり、何もすることがないとおかしくなってしまう。 ...

  • 米労働者の上昇志向の表れ? 同一ポジションの在職期間は平均15か月

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    長年にわたって一つの仕事を続ける人が減っていることは、よく知られている。だが、労働者が同一の職務にとどまる平均的な期間は、業種によってまちまちだ。キャリア情報サイトの米グラスドアは2月15日、2007~2016年の同社サイト利用者の業種別の同一ポジションへの平均在職期間を発表した。調査は同期間中に5 ...

  • 米テック業界ヘッドハントの現状、恐ろしいのは「チーム」転職

    Andrew Cave , CONTRIBUTOR

    米国のテクノロジー大手は、ヘッドハンティングをプロスポーツと同じように捉えている。優秀な人材をしっかりつかまえておくことは、同業界で競い合う各社にとって、重要なことの一つだ。この業界で働く人たちの間ではかつて、「打ち負かせない相手がいたら、その仲間になれ」と言われていた。だが、それはずいぶん前に、さ ...

  • 【対談】マイネット副社長xメタップス副社長「5年後、10年後のこと」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    社会人としての基礎は、外資系金融で全て学んだ-。外資系金融出身者は、多かれ少なかれ同じようなことを言う。そこは優れた人材を育てる最良の学校である、と。本連載では、その“学校”を卒業し、活躍しているビジネスパーソン同士の対談を通じて成功のヒントを紐解いていく。第二弾は、マイネッ ...

  • 転職活動で自分を安売りしてはいけない10の理由

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    早く新しい職に就きたいと焦るあまり、希望年収を下げてしまう気持ちはよくわかるが、それは得策ではない。希望給与額を不自然に低く設定すると、採用担当者の不信感を買うことになる。相手が最初に考えることは「まあ! 有能な人材がこんなに安く雇えるなんて、何という掘り出し物かしら!」──ではない。採用担当の頭を ...

  • 転職が多い「ジョブホッパー」こそ採用すべき5つの理由とは

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    人事に関する問題を専門としてきた筆者は以前から、採用担当者が何度も転職している人たちの採用に二の足を踏むことを不思議に思ってきた。私たちは新たな領域に足を踏み入れることで初めて、成長することができる。繰り返し試されることで、私たちは自分の五感を信じることを学び、それまでの仕事の経験以上に進化すること ...

  • ミレニアル世代がすぐに仕事を辞めてしまう3つの理由

    Vanessa McGrady , CONTRIBUTOR

    調査会社ギャラップが発表した新たな調査結果によれば、ミレニアル世代の60%は仕事に熱中できていないと感じたら転職を考える。1年後も同じ企業にいるつもりだという人は、わずか半数だった。「言い換えれば、仕事に熱中できているミレニアル世代は、雇用主に対する忠誠心がより強いということだ。仕事に熱中できていな ...

  • 従業員が評価する「転職先としてお勧めの米企業」、フェイスブックが2位に

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    米求人・キャリア情報サイトのグラスドアは先ごろ、2017年の転職先として最もお勧めの米企業50社のリストを発表した。同社が毎年末に公表するこのリストは、今回が9回目の発表。今年は2015年11月以降に同社に寄せられたレビューを基に、順位を決定した。従業員からのレビューが75件以上あった企業を対象に作 ...

  • 【対談】ISAK小林りん x ビズリーチ南 壮一郎 vol.2「起業という選択」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    社会人としての基礎は、外資系金融で全て学んだ-。外資系金融出身者は、多かれ少なかれ同じようなことを言う。外資系金融は、優れた人材を育てる最良の学校である、と。この連載では、その学校を卒業して活躍する人々を対談形式でクローズアップする。第一弾は、モルガン・スタンレー出身の小林りん氏(インターナショナル ...

  • 働く親が転職先に求める6つの要素とは? 最重要視は「柔軟性」

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    生活のために働き、そして子どもを持つ人たちは誰もが、仕事と生活の間のきわどい境界線上を歩かなければならない。そして、この境界線はこれら2つの間で常にどちらかの方に寄ったり離れたりしており、一定の位置にある訳ではない。健全なバランスを取ることは、とうてい不可能だと思えることもある。子どもを持ち、家庭に ...

  • 再就職に楽観的な雇用労働者が増加 理想の仕事に就くための4か条とは

    Emily Canal , Forbes Staff

    もしも今日、仕事を失ったらあなたはどう感じるだろうか?アメリカでは、企業の従業員の半数以上が、半年以内に新しい就職先が見つかると確信しているようだ。米キャリア情報サイトのグラスドア(Glassdoor)の調査によれば、雇用労働者の54%が、突然失業しても半年以内に、自分の経験に合った、現職と同じ報酬 ...

  • 「求められる人材」になる5つの方法

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    企業が求める人材とは、どのような人なのだろうか?雇用市場にあまり長くとどまることなく、容易に次の仕事をみつけられる人だ。つまり、コミュニケーションをうまく取ることができる人だ。こうした人たちは、自分の関心事や経験について、応募先の採用担当者に適切に伝えることができる。どうすれば、企業が採用したい求職 ...

  • 「転職したい企業」1位はグーグル、トップ3に見る共通点とは

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    ビジネス特化型の交流サイト(SNS)、リンクトイン(LinkedIn)はこのほど、最も多くの人たちが転職先として関心を持っている従業員500人以上の企業の上位40社を発表した。2015年2月からの1年間に、リンクトインに登録する4億3,300万人以上が転職先の企業として最も関心を示した(求人情報を閲 ...

  • 特殊技能はもう古い?「ハイブリッドなスキル」こそ求職者の武器に

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    さまざまな職種や業種の求人票を見てみると、特定のスキルの需要が突出して高いことに気づくだろう。そうしたスキルの一部は複数の業界で重宝がられ、より高い給与の仕事獲得につながる可能性もある。マサチューセッツ州ウォルサムにあるビジネススクール、ベントレー大学が最近行った調査により、それらのスキルがより明確 ...

  • 履歴書に使うと損する17の「売り文句」、書けばゴミ箱に直行?

    Nick DeSantis , FORBES STAFF

    新たに従業員を採用する企業は、押し寄せる大量のデータをふるいにかける必要に迫られる。それはつまり、履歴書は採用担当者に対して「適格」、「簡潔」との第一印象を与えるものでなくてはならないということだ。履歴書を候補から外すかどうか、担当者はわずか6.25秒で判断していることが、求人情報サイト「ザ・ラダー ...