• アマゾン・ゴーが欧州進出か すでに英国で商標承認

    Ronald Holden , CONTRIBUTOR

    アマゾンの広報担当者によれば、同社が米国内で試験営業しているレジ精算不要の「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」と、ドライブスルー型のピックアップ専用店舗「アマゾン・フレッシュ・ピックアップ(Amazon Fresh Pickup」は現在のところ、従業員限定で利用が可能だ。これらの店舗はいずれも、 ...

  • ワードローブ管理サイトは「女性の時間とお金を節約」できるか?

    Celia Shatzman , Contributor

    クローゼットにはぎっしり服が詰まっているのに、多くの女性はなぜ口癖のように「着るものがない」と言うのだろうか? 問題は、奥の方にしまってある服や靴を思い出すのが難しいことにある。そんなときに便利なのが、毎日のコーディネートや買い物の仕方を変えてくれるウェブサイト、ファイナリー(Finery.com) ...

  • ウォルマート、店内用「買い物ドローン」で特許申請も実用化は困難?

    Haniya Rae , CONTRIBUTOR

    ウォルマートは3月下旬、店舗敷地内にいる買い物客の元に購入希望の商品を運ぶドローンの特許を出願した。出願書類によれば、ドローンには数多のセンサーが搭載され、利用客が購入したい商品を見つけ出し、指定の場所まで届けることができるという。同社は2016年秋にも、自動運転式の電動ショッピングカートの特許を出 ...

  • スクリーンショットを「買い物」につなぐ革命的アプリの威力

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    あなたのスマートフォンには、どのようなスクリーンショットが保存されているだろう?古いSNSのやり取り?イベント会場への行き方?それともネットサーフィン中に見かけて気になった商品?「LIKEtoKNOW.it」の共同創業者で社長のアンバー・ベンズ・ボックスは、2015年頃から人々のスクリーンショットの ...

  • Z世代は「実店舗を好む」、ミレニアルよりベビーブーマー寄りの傾向も

    Greg Maloney , CONTRIBUTOR

    スマートフォンの時代に育った米国のZ世代の消費者は、実店舗での買い物を好むという。調査会社ユークリッド・アナリティクスの調査によると、この世代の66%が、店舗で実際に商品に触れ、試してから商品を購入したいと考えている。3月8日に発表された調査結果によれば、この世代の買い物のカギを握るのは、「デジタル ...

  • 中国人はなぜ「爆買い」するのか 欧米とは違う4つの心理的要因

    Frank Lavin , CONTRIBUTOR

    中国経済が世界最大かつ最も成長が速いマーケットであることは広く知られているが、その消費パワーの源泉に何があるのかはあまり語られていない。それは単なる放蕩や物質主義なのだろうか。筆者はそこに現代の欧米諸国には見られない、社会的、文化的要因があると考える。そのポイントを4つにまとめてみた。1. 自由を確 ...

  • サンクスギビング、モバイル支出が史上初10億ドルを突破

    Shelby Carpenter , FORBES STAFF

    米国の消費者はブラックフライデーの買い物を、リアル店舗に出かけるよりもスマートフォンやタブレット等のモバイルから行なう傾向が強まったことが明らかになった。アドビの調査によると11月26日の金曜日、モバイル経由の米国消費者の支出額は史上初めて10億ドルを突破し、12億ドル(約1,350億円)に及んだ。 ...

  • オンライン小売、今後は「配送サービス」が勝敗の決め手に

    Didem Tali , CONTRIBUTOR

    オンラインで買い物をする際に、途中で買うのをやめたことはないだろうか。オンデマンド型デリバリープラットフォームのスチュアート(Stuart)による調査によると、それが各小売業者にとって手痛い打撃になっているようだ。実際、イギリスに限って見ても、消費者がお気に入りのハイストリート(繁華街の大通りにある ...

  • クリスマス商戦にまつわる「6つの予想」と「9つの事実」

    Shep Hyken , CONTRIBUTOR

    クリスマスはもうすぐそこに迫っている。ブラックフライデー(感謝祭翌日の金曜日11月25日)も、サイバーマンデー(感謝祭の週明けの月曜日、11月28日)ももう目の前だ。これから始まる1か月に及ぶ2016年のクリスマス商戦について、小売業者ならずとも知っておくと面白いトピックを紹介しよう。まず今年の見通 ...

  • 製品価格の男女差「ピンク税」は、性差別ではなく経済学

    Simon Constable , CONTRIBUTOR

    納得できない読者もいるかもしれないが、いわゆる「ピンク税」と呼ばれるものは、性差別に基づくものではない。これは、経済の問題なのである。ピンク税とは、同じような商品でも、女性向けの商品の方が男性向けのものよりも価格が高いという考え方やその価格差のこと。これについて一部の人々は、米企業には悪意に満ちた& ...

  • ショッピングモール誕生から60年、今の時代に見つけた役割

    Steve Schaefer , FORBES STAFF

    1956年は、エルヴィス・プレスリーが初めてエド・サリバン・ショーに出演した年であり、ダウ平均株価の終値が初めて500ドルの大台に乗った年。そして、ミネソタ州に屋内ショッピングモール「サウスデールセンター」がオープンし、ショッピングに革命を起こした年だ––。アメリカではその後 ...

  • バーチャル試着は歓迎? 買い物を便利にする「インストアテクノロジー」

    Fiona Briggs , CONTRIBUTOR

    消費者は、指紋スキャンやスマートミラーのように、買い物体験を向上させてくれるインストア(店舗内)テクノロジーを「クール」だと考えている一方で、顔認識ソフトについては「気味が悪い」し、侵略的だと考えているようだ。これはオムニチャネル・パーソナライゼーションサービスの大手企業リッチレリバンス(RichR ...