• 稼ぎが増えなくても貯金が増える「習慣の変え方」

    Dani Pascarella ,

    所得水準にかかわらず、普段の生活において物事をより良くするための方法は、収入を増やすことしかないと勘違いしている人は多い。そうした人が抱えるお金の問題は多くの場合、固定費が多すぎるか、必要のないものにお金を使いすぎているかのどちらかが原因だ。こうした人たちの大半は、稼ぎが増えれば使う金額も増える。そ ...

  • なぜ貯金が増えないのか? 考え直すべきあなたの習慣

    Liz Frazier Peck , Contributor

    収入がいくらあっても、いつでも十分なお金がないと思ってしまうのはなぜだろう。疑う余地もないその理由は、「使いすぎて」いることだ。だが、私たちは一体、何になぜ、それほどお金を使ってしまうのだろうか?正直に白状してみよう。それは、きちんと計画を立ててお金を使っていないからだ。収入が増えれば、使えるお金に ...

  • お金に関する米ミレニアル世代の4つの「最悪の勘違い」

    Neale Godfrey , CONTRIBUTOR

    2000年以降に成人、または社会人になった米国のミレニアル世代は、スマートな「今」の世代の人たちだ。最新のデータから流行の食べ物まで、あらゆるものの消費に関して人とつながり、豊富な情報を持っている。だが、その彼らは残念なことに、お金の扱い方に関しては重大な勘違いをしている。その中でも特に深刻なのは、 ...

  • チャットしながらお金を貯める貯蓄アプリ「Digit」の魅力

    Katheryn Thayer , CONTRIBUTOR

    貯蓄を習慣付けるのは困難だ。毎月の貯金額を決めていても、想定外の請求書が届いたり、ついつい衝動買いをしてしまう。こうした問題を解決するために、Ethan Blochは貯蓄アプリ「Digit」を開発した。Digitは、ユーザーの銀行口座とつながっており、ユーザーの「金遣い」を分析して毎月無理のない金額 ...

  • 財布のひもを握るのは誰? 別れる男女の意見

    Kate Ashford , CONTRIBUTOR

    家族の中で、「財布のひも」を握っているのは誰か。この点について、男女の意見は大きく分かれているようだ。各社のクレジットカードに関するさまざまな情報を提供するサイト、クレジットカード・ドットコム(CreditCards.com)が11月末に公表した調査結果によると、夫や男性パートナーと暮らす女性の68 ...

  • 貯金を増やして健康になる6つの方法

    Janet Berry-Johnson , CONTRIBUTOR

    健康的な生活習慣を身に付けることは、私たちの寿命を延ばし、生活の質を向上させることに役立つ。だが、分かっていても実行するのは難しいという人もいる。それでも、健康的な選択肢の中には、お金がかからないどころか、長い目でみれば、お金が貯まるというものがある。次のような方法を習慣にすれば、将来の健康と「お財 ...

  • 子どもの金銭教育のために--5歳の娘の預金口座を作ってみた

    Elizabeth Harris , CONTRIBUTOR

    預金口座はどこで作るのがいいのだろうか――この質問が古いと感じる人は、おそらく子どもとお金の問題について考えていない人だろう。子どもに財政の原則を教え、お金の使い方について良い習慣をつけさせるには、今でも昔ながらの預金口座が一番いい方法なのだ。筆者には5歳の娘がいるが、2016年の夏は彼女がお金につ ...

  • 貯金「ゼロ」の米国人は6千万人超、特に問題の世代とは?

    Alexandra Talty , 寄稿者

    米国のミレニアル世代は、いわれのない批判を受けているのかもしれない。2008~09年の「大不況」を経て成人した人たちは、それ以前の世代よりもあることが得意になった。それは、「貯金をする」ことだ。個人向けの金融情報サイト、バンクレート・ドット・コム(Bankrate.com)が1,000人を対象に先ご ...

  • 考え方ひとつで貯金の達人になるための7つのコツ

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    「マネー術」は私の書くのが好きなタイプの記事の1つだ。私とローレン・ゲンスレー記者との共著、新しいForbesの電子書籍「貯金術:貯金の達人についてのForbes ストーリー」で集めた話のように、ここで語られているのは、不可能とまでは言えないまでも金銭的な困難に立ち向かい見事に克服した人々の話である ...