• サイドハッスルを検討すべき3つの理由

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    自己啓発書作家のトニー・ロビンズは「今までずっと続けてきたことをしても、それまでいつも得ていたものしか得られない」と述べている。私はキャリアコーチとして、ビジネスを改善し、より多くの仕事を獲得して、自分の情熱を追い求めるにはどうすればよいか顧客に尋ねられることが多い。こうした質問は全て、簡単に答えが ...

  • 成人した子供が「知らずに」奪う親の老後貯蓄 米国では3000万円にも

    Kate Ashford , CONTRIBUTOR

    成人した子供を金銭面で支援し続けることに対し、親たちは慎重になる必要がある。老後の暮らしに大きな影響を受ける可能性があるためだ。退職後の生活のための貯蓄から、多ければ約25万ドル(約2820万円)を失うことになる場合もあるという。個人向けの金融アドバイスを行うナードウォレット(NerdWallet) ...

  • 米ミレニアル世代の半数、緊急時用の備えは「5万円未満」

    Renee Morad , CONTRIBUTOR

    米国の約2000人を対象に行われた調査の結果、ミレニアル世代(18~36歳)を中心に、家計の問題を抱える人が驚くほど多いことが分かった。この世代の49%が、突発的な出来事で500ドル(約5万6000円)が必要になった場合、それを用意することができないという。また、ハリス世論調査が先ごろ発表したこの調 ...

  • 収入の変動に左右されないために 家計管理に役立つ3つのヒント

    Elizabeth Harris , CONTRIBUTOR

    収入が大幅アップすれば、自分の人生はもっと良くなる──そう思っている人もいるだろう。だが新たに発表された調査報告によれば、必ずしもそうとは限らないようだ。金銭的な満足度と最も関連が深いのは、安定した収入だ。非営利団体のピュー慈善財団が発表した報告書によると、安定収入のある世帯は、そうでない世帯に比べ ...

  • 自動的にお金が貯まるアプリ「Qapital」創業者が語る貯蓄の秘訣

    Katheryn Thayer , CONTRIBUTOR

    目標とする貯蓄額を設定すると、自動でお金を貯めてくれるアプリが「Qapital」だ。例えば自転車の購入資金を貯めたい場合、Qapitalを銀行口座と連携させ、様々なルールを設定して貯蓄が行なえる。ユーザーは「クレジットカードで買い物をした場合、それと同額を貯蓄する」「スターバックスでの支払い額が、週 ...

  • 「爆買い新時代」を生む中国ミレニアル世代 2020年に3億人に成長

    Helen H. Wang , CONTRIBUTOR

    今年10月の国慶節の休暇には600万人の中国人が海外旅行を楽しんだ。大学4年生のシャオ・ジエ(21)もその一人だ。日本への旅行代は約1,500ドルで、彼女の両親が費用を出した。一人っ子のジエは欲しいものは、ほぼ何でも手に入れられる。中国国家観光局によると2015年、のべ1億2,000万人が海外に旅行 ...

  • 孫の大学資金を援助したい祖父母へのアドバイス

    Renee Morad , CONTRIBUTOR

    米フィデリティ投信が実施した「大学に向けた貯蓄」に関する調査によれば、大学の授業料の高騰を受け、米国では72%の世帯が子どもの高等教育のために貯金をしているという。【関連】子どもの大学費用、最も着実に備えをしているのはミレニアル世代だが驚くことに、同社が実施した別の調査によると、富裕層の祖父母のうち ...

  • スマホ利用で大損? 生涯の貯蓄を守るために考えるべきこと

    Elizabeth Harris , CONTRIBUTOR

    スマートフォンのおかげで、日常生活のほとんどのことが簡単にできるようになった。買い物も、友人をつくることも、読書もニュースや株の値動きをチェックすることも、指一本とスワイプでできる。そしてスマホは、文字通りいつでも、どこにいても常に身近に置いておくことができるものだ。だが、お金の問題に関する意思決定 ...

  • 子どもの大学費用、最も着実に備えをしているのはミレニアル世代

    Kate Ashford , CONTRIBUTOR

    アメリカで大学費用のための貯蓄が増加傾向にある。学生向け教育ローン大手のサリーメイ(Sallie Mae)と調査会社イプソス(Ipsos)が共同で実施した調査によれば、「子どもの大学費用のため」に貯蓄をしている親は、2015年の48%が2016年は57%となり、貯蓄額は平均1万40ドル(約102万円 ...

  • ゆとりある老後は実現不可能? 米フィデリティが調査

    Ashlea Ebeling , FORBES STAFF

    退職後に向けた蓄えは人並みに準備できているだろうか?アメリカ人の多くがこれについて、「C」判定の状況にあることが分かった。投資会社フィデリティはこのほど、退職後のための準備状況をインターネット上で判定できるサイトを開設した。所得が同じ他の人たちと比べ、自分の準備がどの程度進んでいるかをA~Cの判定で ...

  • 考え方ひとつで貯金の達人になるための7つのコツ

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    「マネー術」は私の書くのが好きなタイプの記事の1つだ。私とローレン・ゲンスレー記者との共著、新しいForbesの電子書籍「貯金術:貯金の達人についてのForbes ストーリー」で集めた話のように、ここで語られているのは、不可能とまでは言えないまでも金銭的な困難に立ち向かい見事に克服した人々の話である ...