• 米国の貧困率、改善も「数年内に悪化」か

    Erik Sherman , CONTRIBUTOR

    米国勢調査局は9月12日、「米国の所得と貧困」に関する年次報告書を発表した。米国では2016年、貧困率が前年から0.8%ポイント低下、12.7%となった。これは朗報だといえる(ただし、それでも貧困者数はおよそ4060万人だ)。家計所得の中央値は前年比3.2%増となり、2015年の5万7230ドル(約 ...