• カカオ豆の「供給過剰」がチョコ好きの悪夢になる理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    多くの米国人にとって、チョコレートは生涯の友だ。たくさんあることは、良いことでしかない。だが、その原料であるカカオ豆の約70%を生産する西アフリカにとって、供給量が多いことは悪夢だ。アナリストらは5年ほど前、チョコレートは世界的に大幅な供給不足になると予測した。中国とインドで重度の「チョコホリック」 ...

  • 貧困から世界的富豪にのし上がった9人の経営者たち

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    努力、才能、幸運──。富豪への道のりには、さまざまな要素があるのは事実だ。世界長者番付に名を連ねるビリオネアの中には、“貧困からのし上がった”経営者も多くいる。例えばオラクルのラリー・エリソンには、生後間もなく養子に出された過去があり、スターバックス前CEOのハワード・シュル ...

  • トランプ政権「貧困層」をネットから追放 支援プログラム廃止へ 

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    トランプ大統領が任命した連邦通信委員会(FCC)の新委員長であるアジット・パイ(Ajit Pai)はオバマ政権が推進してきた「ネット中立性」規則を撤廃し始めた。この影響で低所得者層向けのネット接続支援の廃止や、受刑者向けの電話通話料金の値上げなどが見込まれ、人々の生活に大きな影響が出始めている。FC ...

  • 高齢者の「貧困率が高い国」 1位韓国、日本4位

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    OECD加盟国の65歳以上人口のうち、12.6%が相対的貧困層に属することが最近の調査でわかった。相対的貧困層とは、所得がその国の世帯平均の50%に満たない集団を意味する。統計全体では高齢の女性は男性よりも貧困状態に陥るリスクが高い。この傾向は75歳以上のグループをそれ以下の年齢集団(66歳以上75 ...