• 米国の職場での身体的負担、「手と腕の酷使」挙げる人が最多

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    米国で働く人たちの非常に多くが、仕事中に身体的・精神的な負担を感じていることが分かった。非営利組織ランド・コーポレーションが2015年に米国で働く25~71歳の男女2006人を対象に行った調査の結果によれば、精神的には厳しい締め切りや長時間労働などが、労働者たちを悩ませていた。また、若い女性労働者が ...