• 働く女性たちに40歳未満の男性同僚が不可欠な理由

    Georgene Huang , CONTRIBUTOR

    働く女性にとって、健全なワークライフバランスの維持は難しいことだ。だが、40歳未満の男性従業員の割合が高く、さらに管理職以上のポジションにもその年代の男性たちが就いている企業の場合、女性たちが職場で感じるストレスが少なくなる可能性があることが分かった。ボストンコンサルティング(BCG)が先ごろ発表し ...

  • あなたの国は50年前より良くなっている? 各国で見方に違い

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    あなたの国は、50年前と比べて良くなっていると思いますか──?米調査機関ピュー・リサーチ・センターは今年6月27日~7月9日、世界38か国の4万3000人を対象に、この質問に対する考え方を調査した。その結果から明らかになったのは、人々の見方は国によって非常に大きく異なるということだ。米国は1967年 ...

  • 「コネクテッドカー」を不安視する人、日本など6か国の半数以上

    Sam Abuelsamid , CONTRIBUTOR

    通信機能を備えた「コネクテッドカー(つながる車)」への移行が進む中で、外部と全く接続されていない新車を買うことは、2020年にはほぼ不可能になると見られている。ただ、自動車に通信機能を持たせることは、大きな混乱を引き起こそうとする悪意のある者たちに、それを実行させてしまう本質的なリスクを伴う。こうし ...

  • 音楽フェスの若者は「無料ギフト」を欲しがる、米調査で判明

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    世界各地で音楽フェスティバルが活況を呈している。企業のマーケティング担当者らはミレニアル世代が多くつめかける会場で、いかにブランドの認知を促進させるかに知恵を絞っている。かつては音楽イベントに協賛するだけでブランドのPRにつながった時代もあったが、その手の方法はもはや古い。若い世代にアピールするため ...

  • 車載インフォテインメント、カーナビ設定は「危険な操作」にも

    Tanya Mohn , CONTRIBUTOR

    運転中のドライバーが使用するボイスコントロールシステムやタッチスクリーンといったインタラクティブな車載インフォテインメントシステムの機能は、場合によっては危険なほどドライバーの注意を散漫にさせているという。非営利団体の米自動車協会(AAA)交通安全基金は10月5日、自動車に搭載されている最新のテクノ ...

  • 他国の料理に関する知識、米国人の成績は「落第点」?

    Ronald Holden , CONTRIBUTOR

    米国人は自国以外の国・地域の食べ物について、どれぐらい知っているのだろうか──。この点に関して調査を行った米シカゴに本社を置くマーケティングエージェンシー、デジタル・サード・コースト(DTC)によると、結果は少々、残念な「成績」だった。各国の最も一般的な食べ物や料理の具体的な名称を明らかにするため、 ...

  • 神経質な人の方が長生き? 英国で50万人対象に調査

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    神経質であることについて、さまざまな批判を受けることもあるかもしれない。だが、神経質な人に見られる特徴の中には、非常に高く評価される点もある。知的で創造的な人が多いのだ。さらに、もう一つ良い面だといえるかもしれない特徴があることが確認された。科学誌サイコロジカル・サイエンスに先ごろ発表された新たな研 ...

  • 米国の働き盛り世代、非就業の最大の理由は「介護」

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    エコノミストらの視点から言えば、就労率は経済の活力のバロメーターだ。そしてまた、生活水準の指標でもある。米国では1999年以降、成人の就業者と求職者が減少し続けていることが分かった。米ブルッキングス研究所のハミルトン・プロジェクトが8月17日に発表した報告書によると、米国では昨年、成人の3分の1以上 ...

  • ペットが子供にもたらす健康効果、米調査結果が否定

    Rita Rubin , CONTRIBUTOR

    犬や猫をペットとして家族の一員に迎える経済的・時間的な余裕がないと思っている人は親として、そのことで罪悪感を持っているかもしれない。そうだとしても無理はない。これまでペットを飼うことは、子供の精神的・身体的健康に大きく貢献すると言われてきた。だが、人間と動物の関係に関する研究結果を専門に扱うジャーナ ...