• テスラが支配する自動車業界を予測する理由

    Ken Kam , Contributor

    現時点において、米電気自動車(EV)メーカー、テスラには真の競争相手がいないと考えるだけの理由は十分にある。すぐにも競合する自動車メーカーが登場しない限り、自動車業界は向こう数年間にわたってテスラが支配することになるかもしれない。最近の報道によれば、テスラが高級EVだけでなく、高級車全体を含めた市場 ...

  • CEOが直面する「予想よりも難しい」4つの問題

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    最高経営責任者(CEO)が直面する課題の数々については多くの情報が提供されている。しかし私は、CEOが直面する期待と現実のギャップについての分析をあまり見たことがない。私が先日、CEOの考え方について思慮深い分析を行った国際コンサルティング企業エゴンゼンダーの調査「The CEO: A person ...

  • 女性が活躍する社会、「叶えるのは起業の道」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    女性活躍推進法が成立して間もなく2年となる。同法は、大企業に対して女性活躍のための数値目標を盛り込んだ行動計画の策定・公表を義務付け、女性役員や経営幹部の登用を奨励している。一方、日本の女性役員の数は3%台で、10%以上を保つ先進諸外国との差は大きいままだ。世界経済フォーラムが毎年発表している男女格 ...

  • 苦戦するスタバ、直面する課題と「失ったもの」

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    スターバックスが「クールさ」を失い始めている──。S&P500種株価指数がここ3カ月ほどの間に4.10%上昇した一方、同社の株価は11.38%下落した。同社には何が起きているのだろうか。スタバは国内外にいくつもの問題を抱えている。米国で直面しているのは、市場の飽和だ。どの地区でも大抵、1〜2店舗のス ...

  • なぜ仕事をしているのか? 忘れかけた使命に気づかせる「手作り研修」

    秋山 ゆかり , Official Columnist

    米ギャラップが実施した従業員エンゲージメント(仕事への熱意度)調査で、日本は139か国中132位と最下位クラス。従業員のエンゲージメントをどうやって高めるかが目下、日本企業の経営課題となっています。外資系の日本法人でも同様で、日本人が多く働く職場では、社員エンゲージメントの低さが問題になっています。 ...

  • 創業11年のDropboxがついに上場へ、課題は「競合との差別化」

    Biz Carson , Forbes Staff

    創業11年を迎えたファイルシェアサービスの「ドロップボックス(Dropbox)」が、ついに上場申請を行っていたことが2月23日、明らかになった。2007年に創立のドロップボックスは5億人以上の登録ユーザーを抱え、昨年だけで1億人が新規で加入した。ただし、その多くは無料会員だ。上場申請書類によると、有 ...

  • 「VRバブル」の失速を断言できる8つの理由

    Erik Kain , CONTRIBUTOR

    テクノロジー業界のリーダーらはバーチャルリアリティ(VR)こそが次世代のプラットフォームだと盛んにまくしたてる。先日リリースされたソニーの「プレイステーションVR」やグーグルの「デイドリーム」等、この分野は注目の新製品が目白押しだ。しかし、ここには大きな問題がある。VRは過大評価されており、製品の価 ...