• 最高の走りに達したアストンマーティン、ヴァンテージ

    ピーター ライオン , Official Columnist

    ここムーミンの国フィンランドは、零下30度の世界。北極圏に200kmも入ったイヴァロ空港の隣りに寒冷地試験場がある。こんな北極に最も近いコースにやってきたのは、新型アストンマーティン・ヴァンテージの走りを試すためだ。とにかく寒い。なんで野生のトナカイが出るこんな極端な環境でテストしなければならないの ...

  • 大ヒットの秘訣は初の7人乗りボディ、マツダCX-8の真相は?

    ピーター ライオン , Official Columnist

    これこそ、市場が待っていたクルマだ。新登場のマツダCX-8は国内で同ブランド史上もっとも大型のSUVだが、同時に初の7人乗りということで大いに話題になっている。昨年12月に発表した時点では、このクロスオーバーの月間販売目標は1200台だった。ところが蓋を開けてみると、CX-8はまさにジャックポットだ ...

  • 「世界一壊れないクルマ」がイメチェン、女性からも人気に

    ピーター ライオン , Official Columnist

    世界でもっとも壊れないと言われたクルマ、トヨタ・ハイラックス。破壊不可能と言ってもいいかもしれない。過去にはイギリスの超人気クルマ番組「トップ・ギア」で、この頑丈な4WD車をどうにかして壊そうと試みたのをファンなら決して忘れないはずだ。お騒がせキャスターのジェレミー・クラークソンは、ハイラックスを燃 ...

  • 微笑みが止まらない 走り抜群のスバルBRZ STIスポーツ

    ピーター ライオン , Official Columnist

    スバルBRZは登場した時からずっと、最高のエントリー級スポーツカーだった。でも、今回STI(スバル・テクニカ・インターナショナル)が開発したBRZ STIスポーツはハンパない──。ところでSTIは、モータースポーツの参戦や高性能パーツを開発する子会社だ。幸いなことに先月、北海道にあるスバルの美深テス ...

  • 全米で「毎日1000台」売れる車、トヨタ・カムリが大変身

    ピーター ライオン , Official Columnist

    初めて新カムリを見た瞬間、比喩がいくつか湧きあがってきたので、僕の脳はちょっと戸惑った。待てよ。外観デザインをそんなに変えるとは意外。カムリはこれまで15年間アメリカでベストセラーだったのに、トヨタはその成功をフイにするだろうか? 全米で毎月平均3万台、つまり毎日1000台も販売されている。カムリは ...

  • 世界で一番美しいSUV、マツダCX−5は才色兼備か?

    ピーター ライオン , Official Columnist

    マツダのデザインって本当に優れていると思う。2011年に、いわゆる「魂動デザイン」というスタイリング言葉が現れてから、間違いなく同社は日本のデザイン界をリードしている。全世界で非常に高く評価されるこの魂動デザインで、堂々と世界カー・オブ・ザ・イヤー賞を獲得。そして、同じデザイン・テイストを使用した新 ...

  • アメリカ市場で「最も過激なホンダ」、シビック・タイプR

    ピーター ライオン , Official Columnist

    1990年にホンダNSXが登場したとき 、ドイツの名門サーキット、ニュルブルクリンクでのラップライムが8分16秒ということが、世界を驚愕させた。当時のスーパーカー作りを変えたそのNSXは3L、V6のミッドシップエンジンで280馬力だった。それから27年が過ぎた。2017年に登場したシビック・タイプR ...

  • 市場はどう反応するか、「メキシコ産」の新アウディQ5

    ピーター ライオン , Official Columnist

    世界中どこへ行っても、人気急上昇のジャンルといえばSUVになっている。そして評価においても、たとえば僕が会長を務めるワールド・カー・アワードでも、2017年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤー賞候補のファイナリスト3台は、いずれもSUVだった。そんな中でアウディQ5は、最高のコンパクト・クロスオーバー ...

  • F1伝説の名を受け継ぐ「MINI」は、ホットな2つの顔を持つ

    ピーター ライオン , Official Columnist

    1969年に制作されたイギリス映画、元祖「ミニミニ大作戦」はコミカルな犯罪映画だった。作品の中で、 金の延べ棒を大量に載せて逃走する青、白、赤3台のおかげで、MINIは一躍有名になった──。原題は「イタリアン・ジョブ」だったが、それは当時のイタリア車では追跡しきれない、英国車MINIクーパーの性能と ...

  • かつてなく静粛、進化したディーゼルエンジン「BMW 523d」

    ピーター ライオン , Official Columnist

    初めに端的に言っておこう。BMW5シリーズは、ガソリンの523iと540i、530eのハイブリッド、ディーゼルの523d、530dを含めて、びっくりするほど優れたエンジンを揃えている。特に540iのパワー感と走りには双手を上げて褒めようと思うが、ここでは523dに焦点を当てよう。というのは、これが極 ...

  • 乗る人に自信を与える「ポルシェ」新型パナメーラ・ターボ

    ピーター ライオン , Official Columnist

    8年前にポルシェが初代パナメーラを出したとき、それは激しい批難の嵐だった。後部はぼったりと、ポルシェらしからぬプロポーション。初めて投入された4ドアセダンは、まるで茄子とカボチャの間に生まれた不運な子供のようだったからだ。中身は高級なパフォーマンスカーとして良く仕上がっていただけに、他のライバル車種 ...

  • 本物のドライバーズカーに大変身 ランボルギーニ・アヴェンタドールS

    ピーター ライオン , Official Columnist

    ランボルギーニは、控えめという美徳とは無関係だ。パワーや存在感が足りないなどと批判されたことはない。まして、エンジン音が弱いなんて、あり得ない。その代表格、アヴェンタドールはまるで攻撃体勢に入ったステルス戦闘機のようだ。しかし、今日フェラーリやマクラーレンといったライバルが、ハンドリングを進化させて ...