• iPhoneユーザーを狙う詐欺アプリ、年間2千ドル以上の被害も

    John Koetsier , Contributor

    アップルのアップストアに掲載中のQRコードの読み取りアプリが、年間で156ドルにも及ぶ法外な課金を行っている。このような詐欺的アプリは他にもあり、月額数千ドルもの課金を行うケースも発生している。これは決して新しい問題ではない。昨年の夏、アップルは月額8万ドルを課金する詐欺アプリをストアから削除してい ...

  • 「ICOは8割が詐欺」 投資家が注意すべきこと

    John Wasik , CONTRIBUTOR

    企業が発行した仮想通貨を不特定多数に販売することで資金を集める「新規仮想通貨公開(ICO、イニシャル・コイン・オファリング)」は、新規株式公開(IPO)に続く最善の資金調達方法だと称賛されている。だが、IPOとICOは別物だ。ICOは私たちが投資する資金の大半を奪う可能性がある。ICO専門の顧問会社 ...

  • 横行する仮想通貨詐欺、米テキサス州当局が注意喚起

    Ted Knutson , Contributor

    米国では仮想通貨への投資を呼びかける詐欺が横行している。各州の規制当局のうち、この問題に最も積極的に取り組んでいるテキサス州証券局(TSSB)は4月10日、4か月をかけて実施した調査結果に基づく報告書を発表。消費者に注意を喚起した。TSSBによれば、調査対象とした32組の仮想通貨の投資プロモーターの ...

  • 「疑惑の」米医療ベンチャーCEOの罪と大嘘、当局の訴状で明らかに

    Matthew Herper , FORBES STAFF

    米医療ベンチャー、セラノスの創業者で最高経営責任者(CEO)のエリザベス・ホームズ(34)は、われわれの誰もが考えていた以上に口の立つ詐欺師だった。米証券取引委員会(SEC)は3月14日、一時は保有資産が10億ドルを超える「ビリオネア」にもなったホームズを、およそ7億ドル(約742億円)を不正に調達 ...

  • 史上最悪の「ドローン詐欺」 40億円集めたLily社、解散の舞台裏

    Ryan Mac , Forbes Staff

    3,400万ドル(約39億円)分にも及ぶ予約注文を集めながら先日、事業停止を発表したドローンメーカー「Lilyロボティクス」社に新たな疑惑が浮上した。米サンフランシスコ地方検事局はLily社を「プロモーション動画内で実在しないドローンの機能を宣伝し、消費者らを欺いた罪」で告発した。検事局によると動画 ...

  • 史上最も洗練された「身代金ウィルス」Sporaの恐るべき機能性

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    セキュリティ企業のEmsisoftは「史上最も洗練度の高いランサムウェア(身代金要求型ウィルス)を発見した」と報告している。まるでオンラインストアのようにデザインされたインターフェイスを持つこのウィルスの名前はSporaという。Sporaの基本的動作は従来の身代金要求型ウィルスと同様で、感染したPC ...

  • ウーバーが恐怖に震える「幽霊ドライバー」 顔がゾンビとの報告も

    Yue Wang , FORBES STAFF

    問題が続出しているウーバーの中国事業で、新たに「幽霊ドライバー」による詐欺トラブルが明らかになり、中国のメディアで大きく取り上げられている。ここ1週間ほどで、多くの中国人ユーザーがこの幽霊ドライバーの被害に遭っている。フォーブスが数人の被害者にコンタクトをしたところ、いずれの場合もウーバーのアプリを ...

  • 出会い系サイト詐欺に注意! 身を守るために必要な3か条

    John Wasik , CONTRIBUTOR

    出会い系サイトの人気は、かつてないほど高まっている。デートする相手の候補のプロフィールを見たり、「スワイプ」で会うか会わないかを決めたりできるこれらのアプリは、強力なツールだ。ただし、テクノロジーとロマンスの可能性を一つに組み合わせた便利な出会い系サイトには、詐欺師が紛れ込んでいる可能性がある。サイ ...