• 究極の過保護 子どもの就職面接に同伴する親たち

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    その昔、親は子どもに対して就職するよう命令していた。時代は変わり、親は子どもに対して仕事に就くよう「励ます」ようになった。そして昨今では、親が子どもの採用面接に同席している。ここで私が言う「子ども」とは、地元のファストフード店でのアルバイトを探している高校生のことではない。自らの選んだキャリアで初め ...