• 薬物乱用が増加する米国、平均寿命が3年連続で短縮

    Nicole Fisher ,

    米国人の平均寿命が3年連続で縮んだことが分かった。これは、公衆衛生の分野に関わる多くにとっては驚くような調査結果ではない。米国では自殺者数も薬物の乱用も、増加が続いているためだ。米薬物乱用・精神衛生管理庁(SAMHSA)が実施した薬物の使用と健康に関する全米規模の最新の調査によると、昨年1年間に違法 ...

  • 米国の薬物乱用による10代若者の死者数、16年で倍増

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    オピオイド系の薬物の使用はここ数年で、米国にまん延する深刻な問題となっている。そうした中で、10代後半の若者たちによるこれらの薬物の過剰摂取とそれによる死者数が、1999~2015年の間に倍増していたことが分かった。1999年にオピオイド系薬物の過剰摂取で死亡した15~19歳の若者は人口10万人当た ...

  • 見直すべき「運動」という名の処方箋

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    パンク寸前と言われる社会保障費。年々増加する一方だが、薬物より安く、脳卒中の死亡率抑制効果が薬物の10倍という処方箋をご存じだろうかあなたが医師であれば、以下の30歳独身男性患者に何を処方するだろうか主訴:気分が沈んで、日々が楽しくない。経過:職場だけではなく自宅でもパソコンの前に向かうことが多い。 ...

  • 薬物反応で処分のシャラポワ、今後の「ビジネス」への影響は?

    Kurt Badenhausen , Forbes Staff

    今年1月の全豪オープンの際に受けたドーピング検査で禁止薬物に陽性反応が示されたことを明らかにした女子テニスのマリア・シャラポワ(28)は7日、米ロサンゼルスで開いた記者会見で「大きな間違いを犯した。私のファン、スポーツ界を失望させた」と認めた。一方で、うわさされていた引退についてはユーモアを交え、「 ...

  • アメリカで鎮痛剤の過剰摂取が急増。政府が対策に着手

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    ホワイトハウスは今週、近年急増している鎮痛剤の過剰摂取に対処すべく、インタラクティブな戦略を立ち上げたことを発表した。鎮痛剤オピオイドの乱用や誤使用、また過剰摂取した患者の治療や予防に対して、実例に基づいた最善の対処法を促進することを目的としたもので、地域密着型のフォーラムという形で進められる。これ ...