• 急成長を遂げるAI作曲 コモディティ化する音楽の未来

    Jordan Passman , CONTRIBUTOR

    世界の音楽クリエーターの数は、テクノロジーの発達によりかつてない規模に増加した。コンピューターの手を借りた作曲はもはや一般的だが、数社の企業が今、このプロセスを一変させようと試みている。コンピューターによる楽曲生成の分野は急成長を遂げており、音楽の創作やライセンシングに変革をもたらそうとしている。中 ...

  • 史上最強の「無料で使える画像」検索サイト 900万点以上を収録

    Kevin Murnane , CONTRIBUTOR

    恐らくインターネット史上最強の、無料で使える画像の検索に特化した検索エンジンが登場した。運営にあたるのは著作物の適正な再利用の促進を目的として、2001年に創立されたクリエイティブコモンズ。クリエイティブコモンズは以前から、クレジットの付記等の条件付きで、著作物を広範囲のネットユーザーに再利用させる ...

  • テイラー・スウィフト、偽名で元恋人のヒット曲を共作

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    テイラー・スウィフトとカルヴィン・ハリスがまだ恋人同士だった頃、巷では、ともにヒットメーカーの歌手とDJであるこのカップルが、いつか一緒にレコーディングするのでは、という臆測が飛び交っていた。だがここにきて、二人が当時、公表しないという条件で実際に曲を共作していたことが明らかになった。ビルボードが両 ...

  • フェイスブック「違法動画」を追放 Rights Manager機能導入で

    Emma Woollacott , CONTRIBUTOR

    YouTubeなどに投稿された動画を無断で別のサイトにアップロードする行為は“フリー・ブーティング”と呼ばれて問題になっている。こういった著作権を侵害する行為はフェイスブックでも横行しており、権利所有者から不満の声が上がっていた。これを受けてフェイスブックは4月12日、違法ア ...

  • ポール・マッカートニー、楽曲の権利奪還へ 56年ルール適用

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    信じられないような話だが、ポール・マッカートニーは、彼が書いた有名な楽曲の多くの著作権を所有していない。悲しいかな、それが音楽業界の現実なのだ。だが、その状況が間もなく変わるかも知れない。アメリカで制定された1976年の著作権法の規定により、マッカートニーは、自身が作曲した楽曲のいくつかの版権を取り ...

  • ヨーロッパでハイパーリンクに課金される日が近い?

    Lisa Brownlee , CONTRIBUTOR

    ヨーロッパで、EU域内における米国企業の自由な経済活動を阻害しかねない新たな火種が明らかになってきた。リークされた著作権法に関する欧州委員会の原案によると、「欧州委員会は”公衆への公開権”と”(著作権者の)許諾権”について法整備の要否を判断する」とあり ...