• アルファベットの自動運転車事業、価値15兆円超も可能か

    Jon Markman , CONTRIBUTOR

    グーグルが2015年10月に組織再編を完了、新設した持ち株会社アルファベットの傘下企業となったとき、投資家らはそれを歓迎した。アルファベットはその後、新たに迎えた最高財務責任者(CFO)の下で科学分野のプロジェクトを大幅に縮小すると同時に、自社の株主価値を引き上げる努力を進めてきた。米金融大手モルガ ...

  • ピーター・ティールも認めた22歳「自動運転」起業家の野望

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    オースティン・ラッセルは、高校時代にカリフォルニア大学アーバイン校のベックマンレーザー研究所(Beckman Laser Institute)で拡張現実(AR)やワイヤレス給電のプロジェクトに関わったことがきっかけで、3D画像技術の開発を思い立った。現在22歳のラッセルは、5年前に自動運転車向けのL ...

  • アップル流「自動運転」は利益優先 車内コンテンツに注力か 

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    アップルがカリフォルニア州で自動運転車の公道テストに乗り出すことを受け、同社による自動車開発への期待が高まっている。しかし、専門家は「アップルが開発を目指しているのは車本体ではなく、自動運転車に対応したアプリやサービスだ」と指摘する。アップルが車両管理局(DMV)から取得した許可には、3台のレクサス ...

  • テスラ、またもや製造遅延 昨年末で6千台以上が未納状態に

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    テスラは、自動車のハードウェアの変更が原因で、2016年の販売目標を達成できなかった。同社はセダン「モデルS」とSUVの「モデルX」を2016年第4四半期に2万4,882台、年間では前年比64%増の8万3,922台生産した。しかし、第4四半期の納品数は2万2,000万台にとどまる見込みで、2万5,0 ...

  • アップル、自動運転のカギを握る「業界歴30年」の元GM社員

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動車メーカーやテクノロジー企業が自動運転車の開発にしのぎを削る中、アップルに関しては、その取組みが依然としてベールに包まれている。しかし、アップルが国家道路交通安全局(NHTSA)に提出した書簡によって、自動車メーカーのビッグスリー の元幹部で、業界キャリアが30年に及ぶベテランが同社の自動運車開 ...

  • アップル「自動運転」報道の謎 マクラーレン買収説は消滅か

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転車の開発ガイドラインに関し、アップルが当局に書簡を送ったことが明らかになった。これにより「アップルが自動運転車開発に意欲を見せた」と喜ぶ声もあるが、実際は何一つ、具体的な進展が見えないのが現実だ。CEOのティム・クックが言う“クリスマス・イブ”状態が続いているだけだ。 ...

  • テスラの「オートパイロット」、ドイツの所有者7%が誤解 その意味とは?

    Sam Abuelsamid , CONTRIBUTOR

    ドイツ連邦当局から「オートパイロット」の改称を要請された米電気自動車メーカー、テスラモーターズは専門家らに委託し、自社の車の所有者たちがどの程度、システムを理解しているかに関する調査を行った。11月上旬に公開された調査結果によると、テスラにとっての朗報は、「グラスは93%満たされている」ということだ ...

  • 自動運転フル稼働に必須の「レベル5」までの遠い道のり

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転車の開発にあたるメーカー各社は、これまでに巨額の投資を行い、地球規模のパートナーシップを締結してきた。グーグル、Drive.ai、フォード、ゼネラルモーターズ、トヨタ、NuTonomy、バイドゥ、デルファイは、合計で何百万マイルものテスト走行を実施している。最先端テクノロジーを用いれば、数か ...

  • トヨタ社長「142億キロの試験走行」で自動運転実現を宣言

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    トヨタは、他の多くの自動車メーカーと同様に交通事故の削減を目指して自動運転車の開発を進めている。自動運転車の実現には、さらなる技術革新が必要だ。「自動運転システムの信頼性を担保するためには、かなりの量の公道走行やバーチャルなテストを実施しなければならない」とトヨタの豊田章男社長は10月1日のパリモー ...

  • 自動運転に超進化をもたらす「シャボン玉理論」、米研究者が実証

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    自動運転車やサービスロボットは巧みに障害物を除けることができるが、交通渋滞が生じたときの対応にはまだ課題が多い。ロボット工学の専門家たちは、小型ロボット数台を使ってこの問題の解決に挑んだ。ジョージア工科大学ロボット工学・知能機械研究所の研究者らは、ロボット同士が衝突を避けながら与えられたミッションを ...

  • 米フォードと中国バイドゥ「自動運転車開発で提携」の可能性

    Tycho De Feijter , CONTRIBUTOR

    中国の検索エンジン大手バイドゥがフォードと共に米ベロダイン・ライダー(Velodyne LiDAR)に対し、それぞれ7,500万ドル(約75億円)、合計1億5,000万ドル(約150億円)を出資する。ベロダインは、ターゲットにレーザーを照射することで距離を測るライダー(Lidar)センサーのメーカー ...

  • GMが自動運転車の開発で模索する「革新と痛み」のバランス

    Sam Abuelsamid , CONTRIBUTOR

    最先端の革新と最前線の痛みは紙一重の違いだ。自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は100年以上の歴史の中で、しばしば市場の先を行き過ぎることがあった。シボレー・ベガのライナーレスのアルミエンジンや、キャディラックのV8-6-4エンジンなどがその例で、アイデアは素晴らしかったものの技術面の備えが不十 ...

  • GMとリフトの2社連合が目指す「自動運転タクシー」の実現

    Brian Solomon , Forbes Staff

    自動車メーカーと配車アプリが手を組んだのはGMとリフトが初めてだった。その後、自動車メーカーが配車アプリに出資するケースが増えており、GMのダン・アムマン社長とリフトのジョン・ジマー社長は、「真のパートナーシップが求められている証拠だ」と語る。ジマーは「出資を受けるのも1つの方法ですが、1社ではでき ...

  • 中国バイドゥの自動運転車 「2年後に商用化」は実現可能か 

    Tycho De Feijter , CONTRIBUTOR

    中国の検索エンジン最大手、バイドゥは5年以内に自動運転車の量産を開始し、グーグルやアップルに戦いを挑もうとしている。中国の検索シェア80%を誇るバイドゥは、自社で車を生産するわけではない。バイドゥは新興IT企業のLeEcoと同様に、国内の他社に生産をアウトソーシングする。同社は現在、複数の自動車企業 ...

  • 自動運転車をめぐる11社の事業戦略〜自動車メーカー編〜

    Enrique Dans , CONTRIBUTOR

    自動運転車は急速に新たな事業戦略の“実験場”となりつつあり、自動車業界とテック企業の“出会いの場”ともなっている。そこで今回は、台頭しつつある幾つかの競合の事業戦略に注目。テック企業と自動車メーカー、それぞれの戦略を紹介する。なおリストはオープンで、あ ...

  • 自動運転車をめぐる11社の事業戦略〜テック企業編〜

    Enrique Dans , CONTRIBUTOR

    自動運転車は急速に新たな事業戦略の“実験場”となりつつあり、自動車業界とテック企業の“出会いの場”ともなっている。そこで今回は、台頭しつつある幾つかの競合の事業戦略に注目。テック企業と自動車メーカー、それぞれの戦略を紹介する。なおリストはオープンで、あ ...

  • 15年後にはシェア50%に、「自動運転車」普及までの道のり

    Jeff McMahon , CONTRIBUTOR

    ドライバーの大半は自動運転車に懐疑的だが、イリノイ大学で開かれたトランスポート・シカゴ・カンファレンスに登壇した専門家たちは、その懐疑心は次第に薄れ、自動運転車への移行が徐々に進むとの未来像を語った。Cambridge Systematicsのサム・バン・ヘッケは「人々は車が自分でスピードを調整し、 ...

  • 伝説のハッカー、テスラ幹部を引き抜き 自動運転カー実現へ

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    2007年、17歳にしてiPhone脱獄を成し遂げた“伝説のハッカー”、ジョージ・ホッツは昨年、自動運転カー企業Comma.ai社を立ち上げた。以来、イーロン・マスク率いるテスラモーターズの打倒を掲げてきたが、そのホッツに加勢してもいいと考えるテスラ従業員が出てきたようだ。テ ...

  • 17歳でiPhone脱獄の天才ハッカー 自動運転車で「打倒テスラ」宣言

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    2007年当時、 17歳にして世界で初めてiPhoneの脱獄(ジェイルブレイク)をやってのけた伝説のハッカー、ジョージ・ホッツが自動運転カーの開発を進めている。ホッツは昨年、サンフランシスコの自宅ガレージでAI(人工知能)を搭載した自動運転カーを公開し、Comma.ai社としてビジネス化の動きを進め ...

  • トヨタの人工知能研究会社TRI、新拠点を開設 自動運転の研究を加速

    Robert W. Wood , CONTRIBUTOR

    トヨタ自動車の人工知能技術研究・開発会社「Toyota Research Institute(TRI)」は4月7日、同社3か所目となる研究施設をミシガン州アナーバーに開設すると発表した。ミシガン大学近くに位置するこの施設は、デトロイト西方の準郊外と呼ばれる地域にある。知識集約型の産業拠点を目指してシ ...

  • カーシェアリングのZipCar、自動運転車の導入に向け準備を加速

    Doug Newcomb , CONTRIBUTOR

    自動運転車が今後、各国のカーシェアリングサービス市場で重大な役割を果たすようになることは明らかだ。配車サービスの米ウーバーは、将来的には運転手の採用を中止する可能性があることを示唆している。また、ゼネラルモーターズ(GM)は今年1月、米リフトに5億ドル(約561億円)を投資すると発表。自動運転車を重 ...

  • FCAが中期経営計画を変更 自動運転車に注力か

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は先ごろ、同社の2014~18年の中期経営計画を一部変更したことを明らかにした。2017年末までに、クライスラー「200」とダッジ「ダート」のセダン2車種の北米での生産を中止する。これら2モデルを製造していたミシガン州スターリングハイツとイリノイ州 ...

  • 米運輸省 新型BMWの「自動パーキング機能」を認可

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    米運輸省のアンソニー・フォックス長官は1月14日のデトロイトモーターショーで、自動運転車の研究に40億ドル(約4,700億円)を投じ実用化を推進すると発表した。この恩恵を直ちに受けたのがBMWだ。運輸省が自動駐車システムを搭載した新型BMW 7シリーズを米国で販売することを認めたからだ。このシステム ...

  • GM、5億ドルを米リフトに投資――自動運転車をめぐるウーバー、テスラ、グーグルとの競争で勝ち抜きをはかる

    Brian Solomon , Forbes Staff

    自動運転車が実現に近づいてきた。しかもその動きは、かつてなく速まっている。1月4日、配車サービスの米リフトがシリーズF投資ラウンドで10億ドルを調達したと発表した。その半分にあたる5億ドルが創業107年のゼネラルモーターズ(GM)からのもので、その出資金を屋台骨にGMとリフトは自動運転車ネットワーク ...