• 官民一体で「自動運転」開発の中国がグーグルを超える日

    Yue Wang , FORBES STAFF

    グーグルやウーバー、テスラといった米国企業は自動運転の実用化に向けて熾烈な競争を繰り広げている。しかし、中国市場に彼らが立ち入ることは難しい。中国の自動運転分野をリードするのは検索エンジン大手のバイドゥだ。バイドゥは中国の自動車企業との連携や、政府の支援も受けて中国の自動運転分野の覇権を握ろうとして ...

  • ウーバーの「ボルボ車2万台購入」で見えた自動運転への本気

    Biz Carson , Forbes Staff

    ウーバーは自動運転の実用化に向けたレースから降りた訳ではないようだ。ウーバーは今年、自動運転分野で競合のウェイモから訴えられ、幹部のアンソニー・レバンドウスキーを解雇したが、この分野でのチャレンジを継続する構えだ。11月20日、ウーバーはボルボから自動運転技術が搭載可能なSUV車両「Volvo XC ...

  • 自動運転ウェイモ、米大手ディーラーと提携 保守業務を委託

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    グーグル系の自動運転車開発企業「ウェイモ(Waymo)」が、全米最大手の自動車ディーラー「AutoNation」と提携したことが明らかになった。自動運転車業界に自動車ディーラーが参入するのは、今回が初めての事例となる。「全米にあるAutoNationの店舗において、ウェイモの自動運転車の保守や修理を ...

  • 5年後、3人に1人が電気SUVに乗る時代が到来か?

    ピーター ライオン , Official Columnist

    最近、街を走っているとある傾向に気づかないだろうか? それは、SUVが路上のクルマの3分の1を占めていること。まるでSUVが道路を支配し始めているみたいだ。だから10月、東京モーターショーで発表された2台の未来的な電気SUVは、あなたが思うより重要な役割を果たしている。日産IMxと三菱e-エボリュー ...

  • 渋滞緩和にも期待、人工知能がもたらす交通システムの未来

    AI Lab 編集部 , CONTRIBUTOR

    日本政府観光局によると、日本を訪れる外国人観光客が2017年9月時点で2000万人を突破したという。過去最高を記録した2016年より45日も早く、今後も訪日客は増えていく見込みだ。一方で日本では少子高齢化や人口減少にともない、交通機関の運行人員(ドライバー等)の確保が困難になっており、「おもてなし」 ...

  • トロントで「ロボットタクシー」運行へ グーグルの未来都市

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    アルファベットが手掛けることが決まったトロントのウォーターフロント再開発プロジェクトについて、同社が自動運転車によるオンデマンド型輸送システムの構築を目指していることが分かった。自動運転車の供給は、アルファベット傘下の自動運転車開発企業、ウェイモが行うと見られる。アルファベット傘下の都市開発企業、「 ...

  • 米運輸省が自動運転「ウェイモ」を賞賛 商用化へ前進

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    アルファベットの自動運転部門「ウェイモ(Waymo)」は、かつてないボリュームのレポートを公開し、同社のプロジェクトの詳細を明かした。グーグル内部で密かに進むムーンショットプロジェクトとして始動したウェイモが、ようやくその全貌を明かそうとしている。10月12日、ウェイモは43ページにわたるレポート「 ...

  • GMが自動運転車の「劇的低コスト化」実現へ、新興企業を買収

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転における視覚の役割を果たす、LiDARセンサー分野でまた新たな買収が発表された。GMは10月9日、ほぼ無名のカリフォルニア州本拠のスタートアップ「Strobe」の買収をアナウンスした。Strobeが開発するLiDARセンサーは既存のセンサーよりも価格がかなり安く、サイズも小さいという。GMは ...

  • カリフォルニア州「無人の自動運転」テスト解禁へ、全米初

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転車両の実用化に向けて、米カリフォルニア州は大きな第一歩を踏み出した。自動運転車の開発を行う企業らは今後、セーフティードライバー(緊急時に対処する人員)が乗車しない自動運転車両を公道でテスト出来るようになる。カリフォルニア州車両管理局(DMV)は10月11日、ロボット車両のオペレーションに関わ ...

  • トヨタが自動運転で提携のスタートアップ「Luminar」を率いる22歳

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    現在22歳のオースティン・ラッセルが立ち上げたLiDARメーカーの「Luminar Technologies(以下、Luminar)」はトヨタの研究部門と提携し、自動運転テクノロジーの開発を行っている。Luminarはシリコンバレーのポートラバレーに拠点を構え、トヨタ・リサーチ・インスティチュート( ...

  • アジア版ウーバーが自動運転に大型出資、シンガポールで導入へ

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    Drive.aiはシリコンバレーで2年前に設立された若い企業ながら、自動運転分野の最注目企業の一つとなった。同社は9月7日に配車サービス大手の米リフトと提携を発表した。そのDrive.aiがアジアでウーバーの最大の競合とされるGrabタクシーと提携し、自動運転テクノロジーをシンガポールに投入する。D ...

  • トラックの無人運転も実現へ ハイテク化が進む「物流」業界

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ロボットとの協働、トラックの自動運転化……。アナログな手法が一般的だった物流業界だが、ここ数年、テクノロジーが浸透し始め、ハイテク化が進んでいる。人とモノ、人と機械、企業と企業がつながるコネクテッド・インダストリーズ。「物流」を変える4つの最新事例を紹介する。1. ロボッ ...

  • グーグルは「1200億円以上」を自動運転に投資 裁判資料で判明

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    アルファベット傘下の「ウェイモ(Waymo)」が自動運転技術の盗用でウーバーを提訴している裁判で、新たな事実が浮き彫りになった。テクノロジーサイト「IEEE Spectrum」が裁判資料を詳細に調べた結果、ウェイモのシニア・フィナンシャルアナリスト、Shawn Bananzadehの証言記録が見つか ...

  • 自動運転の未来を担う「ベロダイン」 テスラ社員らを引き抜き

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転車向けセンサー「LiDAR」のトップメーカーであるベロダインは、2018年から年間100万台のLiDARを生産する予定だ。大量生産に対応する「メガファクトリー」の稼働に備え、同社は業界のベテラン2名を採用した。一人は、元ヒュンダイモーターアメリカのMircea Graduで、品質管理担当のシ ...

  • イスラエルのLiDARメーカー「イノヴィズ」 70億円を資金調達

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    イスラエルのスタートアップ企業「イノヴィズ・テクノロジーズ(Innoviz Technologies)」は6500万ドル(約70億円)の資金調達を行ったと発表した。出資元は世界トップレベルの自動車部品メーカーであるデルファイとマグナの2社だ。イノヴィズは今回の調達資金により、自動運転車向けの低コスト ...

  • フォードの「次世代モビリティ」戦略 デリバリーにも進出へ

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    今から1年前、フォードは自動運転車による配車サービスを2021年までに開始すると宣言した。5月に新CEOに就任したジム・ハケットはさらに野心的な目標を掲げ、オンデマンドのデリバリーサービスも立ち上げ、モビリティ事業の早期収益化を目指す考えを表明した。「我々は新事業の立ち上げに際し、人とモノの両方を運 ...

  • 自動運転で世界を取る、ウーバーを追放された男たちが見た夢

    Biz Carson , Forbes Staff

    トラビス・カラニックとアンソニー・レバンドウスキーは似たもの同士と言える──。両者ともテクノロジーの熱狂的支持者であり、自動運転のアイデアに取り憑かれ、人生の一時期をウーバーの役員会の重要メンバーとして過ごしたという点で。カラニックとレバウンスキーの2名はウーバーから追放された。ウーバーの共同創業者 ...

  • バイドゥが自動運転「50社連合」始動 NVIDIAやボッシュも参加

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    中国バイドゥ(百度)は今年4月に自動運転関連のソフトウェア開発をオープンソース化する「アポロ」プロジェクトを始動した。そして今回、そのアポロに十数社に及ぶ中国企業と海外の自動車部品メーカーやテック系企業が参加すすることが分かった。この発表は7月5日、北京で開催されたバイドゥ主催のAI開発者会議「Ba ...

  • グーグル発の自動運転企業「企業価値8兆円」 モルスタが試算

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    Waymoという企業の名前はまだ一般的に広く知られたものとは言い難い。しかし、昨年暮れにグーグルの自動運転部門からスピンアウトしたWaymoは、アルファベット傘下の新顔として莫大な企業価値を誇る存在になろうとしている。モルガン・スタンレーの報告によるとWaymo の企業価値は700億ドル(約7.8兆 ...

  • ウーバー「疑惑のエンジニア」に開発禁止令 当局が異例の決定

    Matt Drange , FORBES STAFF

    自動運転テクノロジー関連の企業秘密盗用を巡る法廷闘争で、米連邦裁判所は5月15日、ウーバーに対しグーグルから盗み出したドキュメントを返還し、担当エンジニアがウーバーの自動運転プロジェクトに今後関与することを、禁止する命令を出した。今回の禁止命令は現在アルファベット傘下で自動運転プロジェクトを手がける ...

  • 苦境のウーバー、新天地カナダで「自動運転」研究の裏事情

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    ウーバーは、自動運転車の開発を強化するため、カナダのトロントにAIチームを新設し、多くのエンジニアを雇用する計画を公表した。この新部門の責任者に就任したトロント大学准教授のRaquel Urtasunは、カナダ政府が優れた研究者を支援するカナダ・リサーチ・チェア(Canada Research Ch ...

  • ライドシェア市場「10兆ドル」突破へ 移動の未来に関する調査

    Gil Press , CONTRIBUTOR

    米国では4月の「ながら運転防止月間(Distracted Driving Awareness Month)」にあわせ自動車の事故件数のリポートが発表された。2016年の自動車事故による死亡者数は過去9年で最大となったが、その背景には次のようなデータが挙げられている。「速度超過に喜びを感じる(回答者の ...

  • 5G導入で先行、中国ファーウェイの「次世代ネット」構想

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    現在、市場に出回るVRデバイスの多くは仮想現実空間へ完全に没入できると宣伝しているが、実際の映像にはタイムラグが生じ、快適に使用できるのはわずか20分程度なのが現実だ。アップルのSiriやグーグルアシスタント等のAI製品、さらには自動運転車も同じ問題を抱えている。先端テクノロジーが抱える技術的困難の ...

  • 泥沼化するウーバー「自動運転パクリ」訴訟 5月に法廷審問へ

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転技術関連の企業秘密盗用を巡るアルファベット傘下のWaymoとウーバーの法廷闘争は、泥沼化の様相を呈している。Waymoは裁判所に対し元グーグルのエンジニアで、現在はウーバー幹部のアンソニー・レバンドウスキー(Anthony Levandowski)を「自動運転車開発プロジェクトから外すこと」 ...

  • ホンダ、シリコンバレーの研究拠点を拡大 外部とのコラボを活性化

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動車業界の一匹狼的存在であったホンダが、外部企業とコラボする動きを加速させている。ホンダはシリコンバレーの研究所を「ホンダR&Dイノベーションズ」に改名して法人化し、グローバルな提携を模索する新たなユニットにすると発表した。この新ユニットがコラボするエリアは自動車とIoTに関するサービスや ...

  • キャデラックの自動運転車「テスラ以上の安全性」で今秋発売

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    ゼネラル・モーターズ(GM)の高級車ブランド、キャデラックが自動運転システム「スーパークルーズ」への開発着手を発表したのは5年前のことだった。当時はまだ多くの人が自動運転をSFの世界の話と考えていたが、5年の月日を経てそのテクノロジーは現実のものとなった。キャデラックは今秋発売の「CT6」の北米仕様 ...

  • 米GM、自動運転で約1千名を新規雇用 グーグルら競合を追撃

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下で、自動運転車開発を行うクルーズオートメーションはサンフランシスコでの事業拡大に1400万ドルを投資し、1163名を新規でフルタイム雇用する。同社が州当局に提出した申請書類で明らかになった。GMは昨年初めに5億8000万ドル(約642億円)でクルーズオートメーション ...

  • 「完全自動運転」の車内で何をしたい? 憂慮すべきドライバーたちの本音



    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    将来の自動運転車について挙げられるセールスポイントの中には、言い過ぎだと思われるものがいくつもある。その一つは、自動運転車がいずれ「人間が運転するより安全に走行するようになる」可能性を強調するものだ。 保険会社エリー・インシュランスがハリス世論調査に委託し、ドライバー2932人を対象に実施した調査の ...

  • グーグルから訴訟のウーバー幹部、法廷で「黙秘権」行使か

    Brian Solomon , Forbes Staff

    アルファベット傘下で自動運転を手がけるスタートアップ企業Waymoが、ウーバーを訴えている問題で、ウーバー幹部の刑事責任が問われる可能性はあるのだろうか──。疑惑の中心人物であるアンソニー・レバンドウスキー(Anthony Levandowski)の担当弁護士らは、その可能性があると見ているようだ。 ...

  • 平均年収は3千万円以上「自動運転エンジニア」獲得戦争の行方

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転車の開発競争が激化する中、大手企業が技術力のあるスタートアップを次々と傘下に収めている。GMは5億8100万ドルでクルーズ・オートメーション(Cruise Automation)を、ウーバーは6億8000万ドルでオットー(Otto)を買収し、フォードはアルゴAI(Argo Ai)に10億ドル ...