• ドイツ自動車産業を襲う「三重苦」は産業の未来をどう変えるか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    高品質で安心。ドイツ製のクルマは、時代を超えて高い評価を受けてきた。ところが2015年9月、VWは不正行為を認め、世界に衝撃を与えることに。それから2年。ドイツ在住の記者が見た自動車業界が歩む“いばらの道”とは。ドイツを支える自動車産業は今、第2次世界大戦後、最も深刻な危機を ...

  • マセラティがトヨタ車になっていたかも? 車業界のM&A事情

    勝股 優 , Official Columnist

    動物好きの私には対馬でカワウソが発見されたのは大きな驚きだったが、自動車系ジャーナリストの立場で言うと、日産・ルノー連合が上半期の世界販売台数でNo.1になったというニュースには驚いた。日本ではe-POWERノートが大ヒットしているが、世界No.1になるほど元気とは思われない日産だが、中国、アメリカ ...

  • フォード、入国禁止令めぐりトランプに反旗 自動車業界、政権と対立激化の様相

    Joann Muller , FORBES STAFF

    貿易問題をめぐってドナルド・トランプ大統領のご機嫌取りを続けてきた米大手自動車メーカーのフォードが30日、その方針を180度転換し、トランプが出した入国禁止令を「わが社の価値観に反する」と批判する声明を出した。同社のビル・フォード会長とマーク・フィールズCEOは社員に向けた電子メールで、イスラム圏7 ...

  • 米自動車業界の雇用に「壊滅的」影響? 保護主義で雇用創出は不可能

    Joann Muller , FORBES STAFF

    ドナルド・トランプは第45代米国大統領に就任した当日、環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱と北米自由貿易協定(NAFTA)について再交渉する方針を表明した。「米国の労働者にとって公平な取引をするため」、選挙運動中に訴え続けてきた公約を実行に移したのだ。トランプが目標に掲げているのは、製造業の雇用 ...

  • 破壊力抜群の「トランプ砲」 企業ができる備えと対策は?

    Frank Ahrens , CONTRIBUTOR

    先週、日本企業と韓国政府が立て続けに、ドナルド・トランプ次期米大統領によるツイート攻撃、通称「トランプ砲」のあおりを受けた。トランプは5日の投稿で、トヨタ自動車に対し、メキシコで米国向けの自動車を製造する新工場の建設を進めれば「重い国境税」を課すと警告。またニューズウィーク誌は同日、韓国政府がトラン ...

  • GMとフォードの販売台数は減少、それでも米自動車業界は今年も「好調」?

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米国の消費者はこの夏、昨年ほどには自動車にお金を使わなかったようだ。自動車ブームは終わりに近づき、メーカー各社は今後、販売促進を強化する必要があるということだろうか。米自動車大手のフォードとゼネラル・モーターズ(GM)、フィアット・クライスラーは9月1日、今年8月の販売台数を発表した。フィアットが前 ...

  • VW以外にも痛手、「ディーゼルゲート」の影響じわり拡大 独自動車業界

    Bertel Schmitt , CONTRIBUTOR

    ドイツの自動車メーカー各社は排ガス不正スキャンダル、「ディーゼルゲート」による痛みを感じ始めている。特に打撃を受けているのは、影響が最も大きい販売部門だ。ダイムラーの本社があるシュトゥットガルトの地元紙、シュトゥットガルター・ナハリヒテンは先ごろ、「ディーゼル車に失望する消費者たち」の見出しで、購入 ...