• ビッグマックに対抗可能? ロボットが作るバーガー店が近く開業

    Christina Troitino , Contributor

    何年も前から繰り返し話題に上り、そのたびに注目を集めてきた「完全自動化された」ハンバーガー店が近く、サンフランシスコのソーマ地区にオープンする。クリエイター(旧社名モメンタム・マシンズ)の最高経営責任者(CEO)であるアレックス・バーダコスタスが開発した「ハンバーガー・ロボット」が最初に関心を呼んだ ...

  • 自動化で雇用を失う人、2030年までに日米で1億超える可能性

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    人工知能(AI)とロボットの関連技術は近年、大きく進歩している。そのもたらす容赦ない変化は2030年までに、米国のおよそ7300万人の雇用を奪う可能性がある。米マッキンゼーの調査部門、マッキンゼー・グローバル・インスティテュートが先ごろ発表した報告書によると、政府や財界のリーダーらが雇用の創出に向け ...

  • 「ロボットカフェ」創業者が語るフードビジネスの未来

    Quora , CONTRIBUTOR

    ロボットはフードビジネスにどのような変化を及ぼすのだろうか。質問サイトQuoraに寄せられた質問に、ロボットカフェ「Cafe X」CEOのヘンリー・フーが答えた。まだ20代前半のフーは大学を中退後、投資家のピーター・ティールが設立した大学をドロップアウトした若者のための基金の「Thiel Fello ...

  • 自動的にお金が貯まるアプリ「Qapital」創業者が語る貯蓄の秘訣

    Katheryn Thayer , CONTRIBUTOR

    目標とする貯蓄額を設定すると、自動でお金を貯めてくれるアプリが「Qapital」だ。例えば自転車の購入資金を貯めたい場合、Qapitalを銀行口座と連携させ、様々なルールを設定して貯蓄が行なえる。ユーザーは「クレジットカードで買い物をした場合、それと同額を貯蓄する」「スターバックスでの支払い額が、週 ...

  • AIも3Dプリントも、世界の労働者に迫る「7つの脅威」

    Vicky Valet , Forbes Staff

    かつてはフィクションにすぎないと考えられていた革新的な技術が現実のものになりつつある中で、労働力の未来は不透明さを増している。米国人の65%は、現在自分たちが従事している仕事は、50年後にはロボットが行うようになっているだろうと考えている。だが、人間の労働力がロボットに取って代わられると予想されてい ...

  • 国際物流を「近代化」した米フレックスポート、顧客重視の概念も導入

    Bruce Rogers , FORBES STAFF

    国際輸送サービスのフェデックスやUPSは、「輸送」という業務の体制を整え、そして築き上げてくれた。誰でも簡単に荷物を送ることができ、パソコンやスマートフォンを使えば、今その荷物がどこにあるのか、簡単に追跡することができる。しかし、9兆ドル(約1,022兆円)規模の国際物流ビジネスは、既存のモデルで今 ...