• シングルファーザーに早死にの傾向、生活習慣が原因か

    Helen Thomson , CONTRIBUTOR

    汚れたおむつ、さまざまな難しい問題、学校までの送り迎え──シングルファーザーたちも、多くの心配事を抱えている。その父親たちに、さらに追い打ちをかけるような事実が明らかになった。カナダ・トロント大学の研究チームが子供を持つ男女およそ4万人を対象に行った調査の結果、シングルファーザーが早死にするリスクは ...

  • 風土を変える第一歩は「恥ずかしい経験」の共有から

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本最大の美容サイトを成功させ、今や企業の社外取締役などとしてリーダーシップの場を広げている。山田メユミにリーダーとして大きな成長をもたらしたのは「家庭との両立」だった。子育てがひと段落して仕事に復帰する女性は珍しくないが、山田メユミの場合は逆だった。共同創業した会社が「手離れ」してから、子育てを始 ...

  • 世界1位の「育児動画チャンネル」を作ったママ友2人組の奮闘

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    メグ・レスニコフとエル・ウォーカーはスタンフォード大学のクラスメートだった。卒業後の二人は、デジタルメディア企業の社員とビジネスコンサルタントという別の道を歩んだが、30歳を過ぎてほぼ同じ頃に母親になった。他のミレニアル世代の母親たちと同様に、何か困ったことがあればネットで検索するのが二人の習慣だっ ...

  • 子どもを持つ従業員にやさしい企業、上位10社が明らかに 米誌調査

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    企業は以前にも増して、社会保障の負担や働き方の柔軟性、各種の手当などを保証しなければ、優秀な人材を長期にわたって確保するのは難しいということを認識するようになっている。米ワーキングマザー誌はこのほど、この問題に関して模範的な企業100社のリストを発表した。その中に名を連ねた各社は、女性が自らの働き方 ...

  • 子どもと親のニーズを満たす革新企業トップ20、その共通点とは?

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    毎年、米国では約400万人、世界全体では約1億3,100万人の新しい命が誕生している。一部の企業は、生まれてきた子どもやその親たちのニーズを満たすべく、一歩先まで踏み込んだ取り組みを行っている。父親の育児情報&コンサルティングサイト、ファーザリー・ドットコム(Fatherly.com)では先日、幼い ...

  • お手本はザッカーバーグ? 「父親の育休」先進企業の取り組みと課題

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    先見性のある企業は、父親の育児休暇制度を本格的に導入しているようだ。最近のある調査によると、意思と豊富な資金のある企業は、新米パパ(あるいは両親)のために仕事と家庭の両立をぐんとやりやすくしている。父親の育児情報&コンサルティングサイトFatherlyでは先日、新米パパにとって最も働きやすい企業のラ ...

  • 母乳育児ママの、おしゃれ授乳服ビジネス成功の秘訣

    Vanessa McGrady , CONTRIBUTOR

    2010年、シカゴで美術修復士として働いていたアンドレア・ニューベリー(35)は業界の落ち込みにより仕事を見つけることが難しくなってしまった。ちょうどその時、第1子が妊娠5ヶ月目に入っていたこともあり、専業主婦になることを選んだ。産後鬱の体に鞭を打ち、お昼寝をさせて、オムツを替えて、赤ちゃんマグで飲 ...