• アメリカで最も給与のいい職種25 医療とテック関連が上位

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    医療関連やテック業界で働けるのはいいことだ。先ごろ発表された最も給与のいい仕事(2017年版)に関する報告書によれば、どちらも給与面の条件がいい。米キャリア情報サイトのグラスドアが発表した同報告書で、給与のいい仕事ナンバーワンだったのは総合内科医。年間の平均基本給は18万7876ドル(約2150万円 ...

  • 2017年に米国で最も高給が得られる20の職業、リンクトインが発表

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    高給の仕事に就きたいなら、やはり医大への入学を目指すのがよさそうだ。ビジネス向け交流サイトのリンクトインがまとめた2017年の「米国で最も給料が高額の職業」リストによれば、上位20の職種のうちの多くが、医療に関わるものだった。給料に関する情報はリンクトインの会員から収集したもので、少なくとも会員50 ...

  • 働く人の満足度が高い職種、米国の1位は「シェフ」



    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    「最も満足感が得られる仕事とは何だろう」と考えたことがあるだろうか?その疑問に対する完璧な答えが得られたわけではないが、求人情報検索サービスのインディード(Indeed)が12月7日に公開したデータは、その答えを見つけるためのヒントになるかもしれない。 同社は調査会社センサスワイドの協力を得てこの夏 ...

  • 最も「自信家」が多い職種は? 40万人の調査で明らかに

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    どの職場でも、働く人にとって「自信」は非常に大きな利点になり得る。そして、間違いなくその「自信」を持って働いている人たちがいる。どの職業に就いている人たちが、自分の役割に最も大きな自信を持っているのだろうか?給与などに関する情報を提供するペイスケール(Payscale)は、2014年6月から今年6月 ...

  • 年収10万ドル以上 意外な11の職種リスト

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    米キャリア情報サイトのグラスドア(Glasdoor.com)は最近、年収10万ドル(約1,060万円)以上の職種についての小規模な調査結果を発表。年収10万ドルというと、企業法務専門の弁護士や経営幹部、外科医や株のブローカーなどを思い浮かべがちだが、中には意外な仕事もあるようだ。グラスドアの調査結果 ...

  • 男女の賃金格差が著しい職種 米国のワースト10が判明

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    男女の賃金格差が問題視され、改善に向けての議論が続く状況に大きな変化はみられない。その格差について先ごろ実施された調査の結果、職種によって、男女の賃金差にはさらに大きな開きがあることが分かった。米キャリア情報サイト、グラスドア(Glassdoor)が発表したデータによると、同国の男女の賃金格差は24 ...

  • 「最も幸福感を得られる職種」とは? 米求人サイトがランキング発表

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    幸せはお金では買えない──それは確かだ。だが、報酬が仕事に対する働く人たちの考え方を左右することは間違いない。米求人情報サイト、キャリア・ブリス(CareerBliss)はこのほど、「2016年版 最も幸福感を得られる職種ランキング」を発表した。仕事に対する満足感を重視した就職支援を行う同社が、賃金 ...