• 米国で増加する職業トップ3と、それに必要なスキル

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    仕事にまつわる現実として、労働市場は変化するということがある。技術が発達し、人々のニーズが変化するにつれ、市場が求める職種(そしてスキル)も遅かれ早かれ変化する。変わらない職業はほとんど無く、新たに多くの職業が生み出される。私たちはその点を念頭に、過去5年間に増加した職業をまとめたビジネス特化型交流 ...

  • 「自分の仕事が世界を良くする」と感じる米国の職業トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    職業人の多くは、自分が世界に与える影響を概ね肯定的に感じている。だが、そのように感じる人が最も多い職業は何だろうか?その答えを探るために、フォーブスは報酬調査サイト「ペイスケール(PayScale)」による調査を参照した。同サイトは2015年10月から2017年10月にかけ、137万2068人の職業 ...

  • 給料が低すぎる米国の職業ランキング

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    仕事の需要は、経済の発展と人口の増減に応じて変化する。需要が非常に高いのに供給が不足する職業では、労働者が現在得ている給与額と、雇用者が理論上で支払うべき給与額の間に差が生じている。しかるべき報酬を受けていないこうした職業をまとめたランキングが、米キャリア情報サイトのグラスドアにより発表された。ラン ...

  • 米国で最も将来に悲観的な職業は? ランキング発表

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    先日の記事では、不動産仲介人や最高責任者が自分の職業の将来を楽観視していることを伝えた。では逆に、未来を悲観視している従業員が多い職業は何だろうか?報酬調査サイト「ペイスケール」は2015年7月から2017年7月にかけ、米国の労働者を対象に、自身の給与と会社の事業に対する信頼度を調査。そのデータから ...

  • 米国で需要急増の職業ランキング

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    5月の米国の失業率は4.3%に下がり、5年前の半分近い水準となった。仕事に就く米国人の数は何百万人も増えているが、そのうち最も速いスピードで数が増えている職業は何だろうか?フォーブスは、最も速く増加している職業を調べるために、米労働統計局と国勢調査局が共同で実施する米国人口動態調査のデータを参照し、 ...

  • 米国で最も意義のある仕事・ない仕事 調査結果は?

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    自分のしている仕事や、したい仕事について考える時、まず思うのは給与や休暇日数、働き方の柔軟性、昇進の可能性といった点だろう。しかし、仕事が持つ意義や社会に与える影響といった要素も、同じく大切だ。むしろ、自分の仕事や自分自身についての評価にも直接関わってくるため、他の要素以上に大切かもしれない。報酬情 ...

  • 最も存続が危ぶまれる10の職種 米ではプログラマーの採用も減少

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    テクノロジーが労働力に影響を与えるという現象は、新しいものではない。実際のところ、何世代にもわたってさまざまな業界を変化させてきた原動力は、新しい技術だ。米求人情報サイト、キャリアキャスト(CareerCast.com)に採用情報を掲載する企業の間にも、そうした変化の影響が見て取れる。テクノロジーの ...