• 給与の高い米国の職業・業界ランキング

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    給与の高い職業をまとめた各社の調査結果では、同じ職業がランキングに入ることが多い。それぞれの仕事に求められる能力はさまざまだが、その多くが高度な教育、経験、厳格な資格を必要とする仕事だ。これは、ビジネス向け交流サイト(SNS)大手のリンクトインが先月30日に発表した最新の「給与の現状報告書(Stat ...

  • 高収入かつ意義のある職業ランキング トップ10は医療系がほぼ独占

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    米国人の多くは、キャリアを選択する際、収入の高さか仕事の意義かのどちらかしか選べないと思っている。しかし、実はどちらも手に入る場合も多い。報酬が高く、意義ある仕事と感じられる職業を明らかにするべく、フォーブスは報酬調査サイトのペイスケールに独占調査を委託した。調査に使用した職業の分類は、米労働省の職 ...

  • 米国で最も将来を楽観視している職業は? ランキング発表

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    株式市場が高騰する米国では、自分の将来がまぶし過ぎてサングラスが必要だと思う労働者もいる。こうした極端に楽観的な考えを持つのは、どんな人々なのか?フォーブスは報酬調査サイト「ペイ・スケール(PayScale)」と協力し、その答えを探った。ペイ・スケールは2015年7月から2017年7月にかけ、米国の ...

  • 年収1千万円超えが続出「ローカライゼーション」という仕事

    George Anders , CONTRIBUTOR

    映画やゲーム、アプリ等のコンテンツがグローバル化を進める中で需要が高まっているのが「ローカライゼーション」という仕事だ。その国でしか通用しないジョークを他の国でも通じるものにしたり、製品を効率的に多様な国に展開するといった業務だ。求人サイト大手「Indeed.com」では、ローカライゼーションのスキ ...

  • 米国で最も意義のある仕事・ない仕事 調査結果は?

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    自分のしている仕事や、したい仕事について考える時、まず思うのは給与や休暇日数、働き方の柔軟性、昇進の可能性といった点だろう。しかし、仕事が持つ意義や社会に与える影響といった要素も、同じく大切だ。むしろ、自分の仕事や自分自身についての評価にも直接関わってくるため、他の要素以上に大切かもしれない。報酬情 ...

  • 米国の職業別給与ランキング、トップ10とワースト10

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    米国では毎年、給与が最も高い職業は医師となっており、今年も例外ではない。フォーブスは、米労働省労働統計局(BLS)の職業別雇用・推定賃金に関するデータを基に、2017年5月時点で給与が最も高い職業と低い職業を調べた。対象には都市、郊外、地方の全ての産業が含まれているが、俳優、ダンサー、ミュージシャン ...

  • 給料も幸福度も高い職業は? 米サイトがランキング発表

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    最近は多くの職業で、良い給料と幸福度の両方が手に入るようになっている。米求人情報サイトのキャリアブリス(CareerBliss)は、年収10万ドル(約1100万円)以上の職業に限定した幸福度ランキングを発表した。ランキング作成にあたり、キャリアブリスは2015年1月から2017年6月1日までに従業員 ...

  • 米大学新卒者に人気の職業トップ20

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    米国は今月が卒業シーズンで、卒業生たちは次のステップに進む準備を進めている。こうした新卒者は、どのような職業に就くことが多いのだろう?米キャリア情報サイトのグラスドアは数万件もの履歴書を分析し、米国の大学生が卒業後5年以内で就く職業のランキングを作成。さらに、それぞれの職業を選んだ学生の専攻分野や、 ...

  • 2017年に米国で最も高給が得られる20の職業、リンクトインが発表

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    高給の仕事に就きたいなら、やはり医大への入学を目指すのがよさそうだ。ビジネス向け交流サイトのリンクトインがまとめた2017年の「米国で最も給料が高額の職業」リストによれば、上位20の職種のうちの多くが、医療に関わるものだった。給料に関する情報はリンクトインの会員から収集したもので、少なくとも会員50 ...

  • トランプ新政権で「得する」専門職、富豪の仲間入りも可能?

    Russ Alan Prince , CONTRIBUTOR

    米国のトランプ次期政権は、個人の富を増やすことに多大な力を注ぐ方針のようだ。富裕層がその保有する富をさらに大きく増やす一方で、新たに百万長者になる人も増えるだろう。富の増大を指向することは、経済・社会にさまざまな影響を及ぼすことになる。そうした中で大きな利益を得るのは、次のような富裕層・超富裕層を顧 ...

  • 社会への貢献を実感できる仕事、米では「整形外科医」が1位

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    新年を前に、個人としても仕事の上でも生活を向上させたいとの考えが頭に浮かぶ時期だ。より良い世界のために貢献したいという気持ちが高まっている人もいるかもしれない。企業の給与などに関する情報を収集・提供するペイスケール・ドットコムは先ごろ、約46万6,000人を対象に米国で実施した「あなたの仕事はより良 ...

  • 歴代米大統領の「興味深い前職」 米求人サイトが紹介

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    「米国大統領」は、世界で最も難しい仕事の一つだといわれてきた。それは確かなことだろう。その仕事に就いた歴代の米大統領たちは就任前、政治以外の分野ではどのような仕事をしていたのだろうか?大統領の任務にも関連しそうな法律家、軍将校といった経歴を持つ人たちもいるが、中には「意外」といえそうな仕事をしていた ...

  • 受付職に1万人近くが殺到 中国で一番人気の求人とは

    Yue Wang , FORBES STAFF

    非力な政治機関での来客対応や会議準備の仕事に就くことを夢見る人は、きっと少ないだろう。だが中国では、この求人にここ数週間で1万人近くの応募者が殺到している。中国では数週間前、年1回の公務員採用試験が始まり、中央・地方の120官庁、計1万5,659件の求人に130万人以上が応募した。そのうち最も倍率が ...

  • 技術の進歩とともに需要増、成長が見込まれるIT・エンジニア関連10の仕事

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    IT関連職は、仕事を探している近頃の若者にとって活気ある分野だ。また、将来さまざまなプロジェクトで必要とされるという予想から、エンジニアもキャリアとして魅力的で、今後これらのポジションが大幅に増える可能性が見込まれる。これから就職するとっても、転職を考えている人にとっても、特定の業種や職種に今後どの ...

  • 「就職に最も役立つ/役立たない修士号」ベスト&ワースト10

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    長年、大学院での学位取得はキャリアの多くの節目で一歩リードし、また収入アップを目指す手段だと考えられてきた。修士号は確実に出世や転職をする上で鍵となり得るし、数多くの職業に就く上で求められる基本的要件だと––。だが一部の学位は、もう就職や高額な報酬を保証してくれるものではなく ...

  • けがに縁遠く平均年収も高め、米国で最も安全な10の仕事

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    一部の人にとって、仕事中にけがをする心配は一般的なもの。たとえば消防士や建設作業員、兵士などがそうだ。一方で、仕事中の怪我といえば手根管症候群や(オフィスの質の悪い椅子が原因の)腰の痛みぐらいだという人もいる。米求人情報サイトのキャリアキャストは毎年、米労働統計局のデータと独自の調査結果を基に、アメ ...

  • 「勤務先の未来を悲観視」している従業員が多い職種は?

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    フォーブスでは7月下旬に「勤務先の未来は明るい」と楽観的な従業員が多い職種についてリポートした。では逆に、最も悲観的な従業員が多い職種は何だろうか?これは報酬情報サイトのペイスケールが実施した調査だ。同サイトでは、勤務先の未来について楽観的な従業員が多い職種や業界、地域を特定するために、2014年6 ...

  • 「勤務先の未来は明るい」と楽観的な従業員が多い職種は?

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    報酬情報サイトのペイスケール(PayScale)が実施した調査によれば、将来に不透明感を抱いている人が多いにもかかわらず、アメリカ人の約60%は自分の勤務先(雇用主)については楽観的な展望を持っているという。将来について楽観的な従業員が多い職種や業界、地域を特定するために、同サイトでは2014年6月 ...

  • バービー人形の「プログラマー女子版」が登場 メガネ姿でiPadを愛用

    Paul Tassi , CONTRIBUTOR

    玩具メーカー、マテル社はバービー人形のイメージを変えるため、これまで様々な取り組みを行ってきた。服装の種類を増やすだけでなく、最近は政治家からスポーツ選手まで、バービー人形の職業コンセプトも多様化している。そんな中、今度は「ゲームプログラマー・バービー(Game Developer Barbie)」 ...

  • ナイキ創業者が若者たちにアドバイス、回顧録に綴られた記憶

    Carmine Gallo , CONTRIBUTOR

    ナイキの創業者で会長のフィル・ナイトが最初に就いた百科事典の販売の仕事は、うまくいかなかった。次に始めた投資信託の営業では、もう少しましな結果を残すことができた──。そして、ナイトがその後に売り歩くことになったのは、愛車のグリーンの1963年型プリムス・ヴァリアントのトランクに詰め込んだ、ランニング ...

  • 好きな時間に働けて高収入な仕事 トップは精神科医

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    時代を超えて多くの人が、人生の短さを嘆いてきた。それだけではない。人生は複雑でやらなければならないことが多く、私たちの貴重な時間がどんどん奪われていく。仕事もまた私たちの時間を“食う“ものの一つ。しかしその仕事が好きであろうとなかろうと、生活のためには働かなければならない。だ ...

  • 米国人が就きたい仕事ランキング、今年の1位は?

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    求職活動中の米国人の間で人気が高い職種は現在、理数系に集中しているもようだ。同国の求人情報サイト、キャリアキャスト(CareerCast)が先ごろ発表した調査結果によると、今年の人気職業ランキングのトップは、データサイエンティストだった。データサイエンティストは、昨年のランキングでは6位。政府機関や ...

  • 嫌な職業ランキング、米国人の1位は「新聞記者」

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    新聞記者たちは従来、職場に人出が足りない、過重労働を強いられている、給料が安すぎる、そのうえ終わることのない読者獲得や利益確保のための戦いを強いられていると感じてきたという。ニュースがインターネットで配信されるようになり、2000年代半ば以降は世界中の紙媒体が、ネットに取って代わられるのではとの危機 ...

  • 医療関係が半数以上、アメリカで今後最も伸びる職種トップ20

    Katie Sola , FORBES STAFF

    米労働省のデータによれば、アメリカで最も伸び率の高い職種の多くは学士号が必要なく、給与も米国の平均以下だという。「フォーブス」はこのほど、米労働省が2014~2024年の間にどの職種が最も伸び率が高いかを予想し、それぞれの職種の2014年時点の給与の中央値を記したデータを検証。その結果は意外なものと ...

  • 米国で最も稼げる仕事は? 基本給が高い職種トップ10

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    開発者やエンジニアばかりが占めると思われがちな高収入な職業ランキングだが、医師や弁護士など、従来から高報酬と考えられてきた職業が、現在も変わらず上位に入ることが分かった。米キャリア情報サイトのグラスドア(Glassdoor)が3月上旬に発表したデータによると、ランキングの1位は医師、2位は弁護士だっ ...

  • 米 子どもがなりたい職業ランキング2015

    Susan Adams , Forbes Staff

    女の子が誰しもプリンセスやバレリーナに憧れたのは昔のことのようだ。全米で1歳から10歳の子ども500人を対象にした新しい調査によると、STEM(科学・技術・工学・数学)系の職業につきたいと答えた女の子が41%にのぼり、男の子の32%を上回った。女の子全体で見ると、最も人気のある職業は医師(16%)で ...