• 職場で泣き出す部下... どう対応すれば?

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    私は管理職時代、会議中に部下が泣き出してしまう状況に置かれたことが何度かある。まずは、私がしてしまった悪い対応を紹介しよう。どうすれば良いのか、どう反応すれば良いか分からなかった私は、無視のような形で対応し、居心地の悪さを感じながら会議や会話を続けた。この方法がうまく行ったことは一度もない。後になっ ...

  • 「勤務中にネットフリックス」の社員が発するメッセージ

    Roger Trapp , Contributor

    調査結果をうのみにしてはいけないことは過去の例から示されているが、それでも、動画配信企業ネットフリックスが発表し話題を呼んだ、同社サービス会員の視聴状況に関する調査結果は一見する価値はある。ネットフリックスによると、同社が配信する番組や映画を自宅外でも視聴すると答えた米国在住の会員のうち、3分の1以 ...

  • 上司が有能か無能かを見抜く10のポイント

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のルーベンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は今、自分のキャリアについて悩み、現状を変えるべきではと真剣に考えています。行き詰まりを感じています。何も新たに学んでおらず、前進できていないのです。上司のアレックスはいい人で、私と同僚を支援してくれますが、素晴らしい上司だと思っている人は ...

  • 築くべきは「友情」でなく「信頼」 職場での関係構築6か条

    Jo Miller , Contributor

    「ゲーブとの付き合いは、私が社会人になったばかりの頃、職場の席が近かったことから始まった」。生命再保険会社の元同僚、ゲーブについてこう語るのは、米保険技術サービス提供企業ストーンリバー(StoneRiver)のジョアン・コリンズ副社長(関係管理担当)だ。「ゲーブは、私が電話で顧客と話したり、新入社員 ...

  • 上司の発言は間違いだらけ どう指摘すれば?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のコルトンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は新たな上司、トニーの下で働くようになりました。悪い人ではないのですが、会議で偽りの情報をまくし立てて乗り切ることに慣れているようで、不正確な発言が多いです。彼が事実と違うことを言っても私は沈黙を保とうと努めてきました。トニーは大半のマネジ ...

  • 職場でこそ実践したい「恩送り」 簡単にできる3つの方法

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    人から褒め言葉や予期せぬ贈り物をもらうと、私はすぐに幸せな気分になる。先日、同じ街に住んでいる友人からはがきが郵送されてきた。その理由は、ただ単に「送りたくなったから」とのこと。その優しい行動に触発され、私は思いやりを持った1日を送ることができた。米国では「ペイ・イット・フォワード(恩送り)」の哲学 ...

  • 今の仕事、もう自分に向いていない? 変化が必要な7つのサイン

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    自分のキャリアが、正しい道を進んでいるかどうかは、どうすれば分かるのか? 自分の成長度が今の仕事を追い越してしまったかどうかを知るには? 自分が仕事上の停滞期にあることを示す兆候とは?私はこのような質問を何度も受けてきた。スマートで意欲的なプロフェッショナルでさえも、この疑問を抱いている。自分のキャ ...

  • 同僚の「腹立たしい行動」を改善させるための5つの策

    Lisa Rabasca Roepe , CONTRIBUTOR

    強烈な匂いがするランチ、延々と続く無駄話、大きすぎる電話口での話し声、片付けないまま姿を消す──同僚の行動にいら立つのは、あなただけではない。米イリノイ州にあるオリベットナザレン大学が労働者を対象に行った調査では、協力した回答者の全員が、「同僚に腹を立てたことがある」と答えている。また、ほとんど場合 ...

  • 社員の「子どもじみた行動」を防ぐ方法

    Jeff Boss , CONTRIBUTOR

    軍隊には交戦規定(ROE)と呼ばれるものがあり、敵との交戦をめぐる決断方法のルールが定められている。だが、こうした規定は軍隊だけではなく、企業にも存在する。して良いこと、悪いことを示す明確な基準が無ければ、職場はめちゃくちゃになるだろう。しかし、チームで仕事をする際に、行動規範が定められることはめっ ...

  • 陰険な上司の発言、正しく理解するためのヒント

    Jessica Hagy , CONTRIBUTOR

    もし誰から見ても陰険なタイプが上司や先輩だったら、職場では厳戒態勢を維持しておくべきだ。あなたを罵倒することがなかったとしても、ひどく不愉快なことを全く言っていないとは限らない。あなたの本能的直感が、その人の本音を読み取ってくれる場合もある。発言とその裏にある真意の例には、次のようなものがある。発言 ...

  • 絶望的な職場が持つ10の特徴

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のカイルから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は約2年前、今の職に就きました。最初の1年間は順調でしたが、以降は悪化の一途になっています。状況が好転してくれることを願ってきましたが、その願いは今のところかなっていません。新しい副社長が就任しましたが、6か月も経たずに退任しました。辞任した ...

  • これを言う上司は信用するな 小心者が発する5つのせりふ

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    職種にかかわらず、上司というのは仕事で最も重要な人間だ。部下は上司を信頼し、尊敬しなければならない。そうでなければ、薄氷を踏むことになる。職場でもどこでも、“恐れ”は強い動機となる。もしあなたの会社の上司が恐れを抱いている人だった場合、必要と感じたらすぐにあなたを犠牲にするだ ...

  • 「最高の職場」で年収10万ドル超 米人気企業の求人15選

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    米求人情報サイトのグラスドアは毎年、「最高の職場」ランキングを発表している。直近のランキングは昨年12月にフォーブスで紹介した。グラスドアはこのほど、ランキング入りした企業が米国で募集中の仕事のうち、報酬が年間10万ドル(約1100万円)以上だと推定される仕事のリストを発表。選ばれた15の仕事は次の ...

  • 優秀過ぎる社員が受ける10のひどい待遇

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のロンダから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は10年間、専業主婦として子育てをしていましたが、2016年8月に現在の職場に就職しました。従業員としてまた働けることがうれしく、最初の1年ほどは仕事にも非常に満足し、毎日出勤が楽しみでした。長期間仕事から離れていたため、現職は初心者レベルと ...

  • 知らずに職場の嫌われ者に? 気をつけるべき9つの癖

    Jennifer Cohen , CONTRIBUTOR

    ほとんどの人は、職場では皆から愛される存在になろうと努めるものだ。少なくとも、職場に1人はいるような厄介な同僚にはなりたくないはずだ。残念なことに、知らず知らずのうちに同僚をいら立たせてしまう癖を持っている人は多い。ここでは、意識せずに同僚を不快にさせてしまう9つの行動とその解決法を紹介する。1. ...

  • 今の仕事が「辞め時」だと分かる10のサイン

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    ある朝、ひどい頭痛とともに目覚めて、自分は今まで間違った仕事に長く居座り過ぎていたのだ、と気づく人に対し、私は同情する。私自身も、ひどい状況にあまりに長く居過ぎたことがある。心の中では何かがおかしいと分かっていながらも、なんとかできると考えていたり、問題を解決できるほど自分は強くないと感じて気にしな ...

  • 米国の職場での身体的負担、「手と腕の酷使」挙げる人が最多

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    米国で働く人たちの非常に多くが、仕事中に身体的・精神的な負担を感じていることが分かった。非営利組織ランド・コーポレーションが2015年に米国で働く25~71歳の男女2006人を対象に行った調査の結果によれば、精神的には厳しい締め切りや長時間労働などが、労働者たちを悩ませていた。また、若い女性労働者が ...

  • 細か過ぎる上司 部下に必要なサバイバルスキルは

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    シーラ(仮名)は新しい職場の上司が、部下の仕事の細かい部分までを極端に管理したがるタイプだと知った。例えば何か仕事を与えた後に、その進捗状況を1日に何度も確認してくるのだ。「最悪だったのは、彼が私の執務スペースに椅子を持ち込んで隣に座り、私が働いている横で画面を指さしながら色々質問してきたことです」 ...

  • 職場にもいるサイコパス 見分け方と対処法

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    「サイコパス」という言葉からは、残虐な連続殺人犯を連想することが多い。実際に凶悪犯罪者の多くはサイコパスだが、ビジネスで成功するサイコパスもいる。サイコパスは愛想が良く、最初はその魅力によって企業で昇進を重ねる。しかしある時、周囲の人々を巧みに操っていることが明らかになるのだ。サイコパスと同じ職場で ...

  • 「いい人」の下で働いてはいけない3つの理由

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    ダメな上司とはどんな人間なのかが分かるまでには、新人ですらそれほど長くはかからない。ちょっと仕事をしただけでも、こんな上司の下では働きたくないという例はたくさん思い当たるだろう。無礼な上司、敵対的な上司、批判ばかりする上司、ぼんやりした上司、威圧的な上司、残酷な上司、自分勝手な上司など、例を挙げれば ...

  • 部下に嫌われるあなたへ 好感度を上げる3つの方法

    Jack Zenger , CONTRIBUTOR

    米国では、仕事で「精神的な嫌がらせを受けた」と感じたことがある人が41%にも上るとの調査結果が出ている。嫌な上司は従業員の心身の健康に劇的な影響を与え得る。では嫌われる上司の特徴は何だろう? 簡単なアンケートを取ってみたところ、以下のような答えが得られた。・個人の問題や心配事に関心を持たない・他人の ...

  • 職場の平等、実現への第一歩は女性が「自分を大事に」すること

    Shelley Zalis , CONTRIBUTOR

    「自分以外の」誰かの世話をするということにおいて、多くの女性たちには驚くほど高い能力がある。これは非常に興味深いことだ。年齢や職場での立場に関わらずどの女性にも、同僚を助けるために残業をして、スポーツジムに行くことを諦めた経験があるだろう。女性たちは誰に助けを求めることもなくいくつもの家事をこなし、 ...

  • 職場にはびこる5つのうそ

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    注意散漫な上司や信頼できない上司が、重要な事についてうそをつき、そのうそを忘れていることはよくある。「素晴らしい仕事ぶりだ。昇給の話をしないといけないな」と言っておきながら、自分の言葉をすっかり忘れたり、それを否定したりさえする上司の下で働いたことがある人は、何人いるだろうか。以下の5つは、ほぼ誰も ...

  • 不妊治療の計画を職場に伝える前に考えたい5つのこと

    Lisa Rabasca Roepe , CONTRIBUTOR

    米国では8組に1組のカップルが、不妊に悩んでいるという。だが、その多くは不妊にかかわる感情的、身体的、金銭的な苦労について、同僚や上司に打ち明けることができずにいる。調査会社カム・リコメンデッド(Come Recommended)が米国の不妊啓発週間(4月23~29日)に合わせて発表した新たな報告書 ...

  • 職場での影響力を高める4つの手段

    Lisa Rabasca Roepe , CONTRIBUTOR

    仕事における成功は多くの場合、私たちがどれだけ他の人たちに影響力を及ぼせるかという点にかかっている。自分のアイデアがどれほど価値のあるものか同僚たちを説得するときでも、プロジェクトに対するアプローチの仕方についてクライアントに納得してもらおうとするときでも同じだ。心の知能指数(EQ)の向上を目指す女 ...

  • 初出社から30日以内にやるべき4つのこと

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    新しい職場での最初の数週間はある意味で楽だが、別の意味では大変だ。たいていの場合、最初から大量の仕事を任されるほどの知識はない。だが一方で周囲の期待の目が気になり、良い印象を与えようと奮闘するあまり精神的に疲れてしまう。良いスタートを切るにはどうしたらよいのか。キャリア情報サイトのグラスドア(Gla ...

  • オフィスに「オープンプラン」が最適な13の理由 

    Simon Constable , CONTRIBUTOR

    パーティションによる区切りなどがない「オープンプラン」のオフィスは、あまりにも多くの人たちから不評を買っている。可動式のパーティションで仕切られた部屋が並ぶ職場や、ハチの巣の個室が密集するような「キューブファーム」よりずっと良いはずなのに、残念だ。そこで、なぜ筆者が「壁のない」オフィススペースを強く ...

  • 社内恋愛はやっぱり危険? マッチメイキングのプロに聞く秘訣と対策

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    恋愛とは、素晴らしくもあると同時に、時にとんでもないストレスを生むもの。舞台が複雑な人間関係が渦巻く職場となれば、なおさらだ。同僚とのロマンスは仕事の人間関係にどう影響するのか。相手が上司だったら? 自分が上司だったら? 関係がうまくいかなかったらどうなる?こうした疑問に答えるべく、ニューヨークでマ ...

  • 職場の対立をプラスに変える5つの方法 問題は成長のきっかけにも

    David Sturt and Todd Nordstrom , CONTRIBUTOR

    職場が険悪なムードに包まれることもある──行く先々で必ず誰かと対立するような人は、どこにでもいるものだ。だが、対立は必ずしも、エネルギーを無駄に流出させるだけの悪いものではない。そこから何かを得られる場合もある。制約がイノベーションを生むきっかけになることも、障害や問題点が私たちに別の視点を与えてく ...

  • 職場におけるジェンダー平等への道、解決に走る前に「問題の認識」を

    Georgene Huang , CONTRIBUTOR

    2年前、国連のジェンダーの平等に対する取り組み「HeforShe(ヒーフォーシー)」キャンペーンが立ち上がり、女優のエマ・ワトソンが演説を行った際、100万人以上の男性がこの運動に賛同した。参加を表明した男性たちは確かに見識があるが、職場にいる男性たちと何が違うのだろうか。多くの男性は、職場にジェン ...