• 今の仕事が「辞め時」だと分かる10のサイン

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    ある朝、ひどい頭痛とともに目覚めて、自分は今まで間違った仕事に長く居座り過ぎていたのだ、と気づく人に対し、私は同情する。私自身も、ひどい状況にあまりに長く居過ぎたことがある。心の中では何かがおかしいと分かっていながらも、なんとかできると考えていたり、問題を解決できるほど自分は強くないと感じて気にしな ...

  • 米国の職場での身体的負担、「手と腕の酷使」挙げる人が最多

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    米国で働く人たちの非常に多くが、仕事中に身体的・精神的な負担を感じていることが分かった。非営利組織ランド・コーポレーションが2015年に米国で働く25~71歳の男女2006人を対象に行った調査の結果によれば、精神的には厳しい締め切りや長時間労働などが、労働者たちを悩ませていた。また、若い女性労働者が ...

  • 細か過ぎる上司 部下に必要なサバイバルスキルは

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    シーラ(仮名)は新しい職場の上司が、部下の仕事の細かい部分までを極端に管理したがるタイプだと知った。例えば何か仕事を与えた後に、その進捗状況を1日に何度も確認してくるのだ。「最悪だったのは、彼が私の執務スペースに椅子を持ち込んで隣に座り、私が働いている横で画面を指さしながら色々質問してきたことです」 ...

  • 職場にもいるサイコパス 見分け方と対処法

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    「サイコパス」という言葉からは、残虐な連続殺人犯を連想することが多い。実際に凶悪犯罪者の多くはサイコパスだが、ビジネスで成功するサイコパスもいる。サイコパスは愛想が良く、最初はその魅力によって企業で昇進を重ねる。しかしある時、周囲の人々を巧みに操っていることが明らかになるのだ。サイコパスと同じ職場で ...

  • 「いい人」の下で働いてはいけない3つの理由

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    ダメな上司とはどんな人間なのかが分かるまでには、新人ですらそれほど長くはかからない。ちょっと仕事をしただけでも、こんな上司の下では働きたくないという例はたくさん思い当たるだろう。無礼な上司、敵対的な上司、批判ばかりする上司、ぼんやりした上司、威圧的な上司、残酷な上司、自分勝手な上司など、例を挙げれば ...

  • 部下に嫌われるあなたへ 好感度を上げる3つの方法

    Jack Zenger , CONTRIBUTOR

    米国では、仕事で「精神的な嫌がらせを受けた」と感じたことがある人が41%にも上るとの調査結果が出ている。嫌な上司は従業員の心身の健康に劇的な影響を与え得る。では嫌われる上司の特徴は何だろう? 簡単なアンケートを取ってみたところ、以下のような答えが得られた。・個人の問題や心配事に関心を持たない・他人の ...

  • 職場の平等、実現への第一歩は女性が「自分を大事に」すること

    Shelley Zalis , CONTRIBUTOR

    「自分以外の」誰かの世話をするということにおいて、多くの女性たちには驚くほど高い能力がある。これは非常に興味深いことだ。年齢や職場での立場に関わらずどの女性にも、同僚を助けるために残業をして、スポーツジムに行くことを諦めた経験があるだろう。女性たちは誰に助けを求めることもなくいくつもの家事をこなし、 ...

  • 職場にはびこる5つのうそ

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    注意散漫な上司や信頼できない上司が、重要な事についてうそをつき、そのうそを忘れていることはよくある。「素晴らしい仕事ぶりだ。昇給の話をしないといけないな」と言っておきながら、自分の言葉をすっかり忘れたり、それを否定したりさえする上司の下で働いたことがある人は、何人いるだろうか。以下の5つは、ほぼ誰も ...

  • 不妊治療の計画を職場に伝える前に考えたい5つのこと

    Lisa Rabasca Roepe , CONTRIBUTOR

    米国では8組に1組のカップルが、不妊に悩んでいるという。だが、その多くは不妊にかかわる感情的、身体的、金銭的な苦労について、同僚や上司に打ち明けることができずにいる。調査会社カム・リコメンデッド(Come Recommended)が米国の不妊啓発週間(4月23~29日)に合わせて発表した新たな報告書 ...

  • 職場での影響力を高める4つの手段

    Lisa Rabasca Roepe , CONTRIBUTOR

    仕事における成功は多くの場合、私たちがどれだけ他の人たちに影響力を及ぼせるかという点にかかっている。自分のアイデアがどれほど価値のあるものか同僚たちを説得するときでも、プロジェクトに対するアプローチの仕方についてクライアントに納得してもらおうとするときでも同じだ。心の知能指数(EQ)の向上を目指す女 ...

  • 初出社から30日以内にやるべき4つのこと

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    新しい職場での最初の数週間はある意味で楽だが、別の意味では大変だ。たいていの場合、最初から大量の仕事を任されるほどの知識はない。だが一方で周囲の期待の目が気になり、良い印象を与えようと奮闘するあまり精神的に疲れてしまう。良いスタートを切るにはどうしたらよいのか。キャリア情報サイトのグラスドア(Gla ...

  • オフィスに「オープンプラン」が最適な13の理由 

    Simon Constable , CONTRIBUTOR

    パーティションによる区切りなどがない「オープンプラン」のオフィスは、あまりにも多くの人たちから不評を買っている。可動式のパーティションで仕切られた部屋が並ぶ職場や、ハチの巣の個室が密集するような「キューブファーム」よりずっと良いはずなのに、残念だ。そこで、なぜ筆者が「壁のない」オフィススペースを強く ...

  • 社内恋愛はやっぱり危険? マッチメイキングのプロに聞く秘訣と対策

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    恋愛とは、素晴らしくもあると同時に、時にとんでもないストレスを生むもの。舞台が複雑な人間関係が渦巻く職場となれば、なおさらだ。同僚とのロマンスは仕事の人間関係にどう影響するのか。相手が上司だったら? 自分が上司だったら? 関係がうまくいかなかったらどうなる?こうした疑問に答えるべく、ニューヨークでマ ...

  • 職場の対立をプラスに変える5つの方法 問題は成長のきっかけにも

    David Sturt and Todd Nordstrom , CONTRIBUTOR

    職場が険悪なムードに包まれることもある──行く先々で必ず誰かと対立するような人は、どこにでもいるものだ。だが、対立は必ずしも、エネルギーを無駄に流出させるだけの悪いものではない。そこから何かを得られる場合もある。制約がイノベーションを生むきっかけになることも、障害や問題点が私たちに別の視点を与えてく ...

  • あなたは部下に厳しすぎる上司? 2つの「初期兆候」に注意

    Mark Murphy , CONTRIBUTOR

    企業のリーダーたちは常に、「結果を出さなければ」という強いプレッシャーを受けている。彼らが感じているその圧力は、部下たちへの態度として表れる場合がある。だが、あまりに手厳しいリーダーシップ・スタイルは、従業員たちを追い込んでしまうことになる。リーダーシップ・スタイルには、主に「現実主義的」「理想主義 ...

  • 職場におけるジェンダー平等への道、解決に走る前に「問題の認識」を

    Georgene Huang , CONTRIBUTOR

    2年前、国連のジェンダーの平等に対する取り組み「HeforShe(ヒーフォーシー)」キャンペーンが立ち上がり、女優のエマ・ワトソンが演説を行った際、100万人以上の男性がこの運動に賛同した。参加を表明した男性たちは確かに見識があるが、職場にいる男性たちと何が違うのだろうか。多くの男性は、職場にジェン ...

  • 職場の「難しい人」と信頼関係を築く4つの方法

    David Sturt and Todd Nordstrom , CONTRIBUTOR

    先日リーダー育成トレーニングを実施し、参加者に「チームの中に尊敬できない、“難しい人”がいる人は?」と質問してた。すると、あちこちで手が挙がった。大企業のCEOや人事担当者もいれば、小規模企業のオーナーや中間管理職など、あらゆるタイプの人がいた。会場にいた誰もが、この&ldq ...

  • 女性は職場で男女平等を訴えづらい、それはなぜか?

    Georgene Huang , CONTRIBUTOR

    女性の労働環境の改善を目指すフェアリーゴッドボス(Fairygodboss)が作るコミュニティーに参加している女性たちを対象とした調査によると、職場で男女平等を唱えることに全く抵抗がないと答えたのは、全体の30%以下だった。それほど抵抗はないと回答した女性たちも、(女性だけの)小人数のグループなどの ...

  • 人気の美容業界になぜ後継者がいないのか[オトコが語る美容の世界_1]

    朝吹 大 , CONTRIBUTOR

    日本の美容室の数は、寿司屋の数より、蕎麦屋の数よりも多い。寿司屋が全国に約11万軒、蕎麦屋が約8万軒とすると、その合計に近い数が美容室であり、それは神社の数よりも多い、巨大な業界である。これに理容室やネイルサロン、エステサロン、化粧品小売店などが加わると事業数はさらに増え、美容業に携わる人口も200 ...

  • 職場で避けられない「仕事の邪魔」との付き合い方

    Mark Murphy , CONTRIBUTOR

    職場で何度も仕事を中断させられ、嫌な思いをしたことはないだろうか。時間管理に関するオンライン調査に寄せられた6,000件以上の回答を分析した結果、全体の71%が、仕事中に頻繁に作業を中断させられることがあると回答した人した。外的要因を一切遮断して仕事に集中できると回答した人は、わずか29%だった。も ...

  • 企業の健康維持プログラム、課題と解決策

    Alan Kohll , CONTRIBUTOR

    あなたの職場には、健康維持プログラムがあるだろうか。答えが「イエス」ならば素晴らしい。従業員の健康増進に向けた取り組みは、より健全な業績を達成する助けになり得る。もし職場の健康プログラムの効果に疑問を感じているならば、調整が必要にのかもしれない。おそらく今のプログラムは、そのポイントもゴールも間違っ ...

  • 才能の開花を妨げる「迷信」[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

    田坂 広志 , CONTRIBUTOR

    世の中に、自分の才能を開花させたいと願う人は多いが、その願い通り、自分の中に眠る才能を開花させる人は少ない。それは、なぜであろうか。その一つの理由を教えてくれる、興味深いエピソードがある。何年か前、あるテレビ番組で、世界的なチェロ奏者、ミッシャ・マイスキーが、子供たちに音楽を教えていた。そして、その ...

  • 上司に絶対教えてはいけない、あなたに関する10のこと

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    職場というのは奇妙な場所だ。仕事の場であり、社会的な場でもあり、それぞれの側面が持つエネルギーが交錯する場だ。私たちは同じ職場の人たちに対して友好的であろうとし、また率直であろうとするが、そうした中でもやはり、社会的なつながりではなく、仕事上のつながりという枠組みに縛られている。あなたにとっての上司 ...

  • 職場いじめ、米国では75%が経験 有効な対策は?

    Christine Comaford , CONTRIBUTOR

    職場いじめは恐ろしいほどよくあることだ。職場にも大きな損害をもたらす。ある調査によれば、働く米国人の75%近くが、いじめの「被害に遭った」、あるいは「目撃した」経験がある。職場いじめは一人、または複数の従業員によって繰り返される問題であり、標的となった人たちの健康に被害をもたらす。この問題の解決を目 ...

  • こんな職場は願い下げ! 初日に辞表を出すべき悪環境の5つの例

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    自分の感情が一日のうちにどのように変化するか、注意を向けてみてほしい。不安感、あるいは何かに対する信頼感など、さまざまな感情が一気に押し寄せくることもあるだろう。ついさっきまで良い気分だったのに、急に恐怖心やパニック、焦燥感に襲われることもある。こうしたことが起きるのは、あなたが何かを恐れていること ...

  • 職場で「洗脳」されていない? 見極めるための10項目

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    私たちは働くなかで、簡単に何かに洗脳されてしまう。同じ場所に毎日通い、同じ言葉を何度も繰り返し耳にする。その言葉は、私たちの頭に染みついてしまうのだ。そして、まったくの間違いかもしれない考え方(例えば、あなたの働き方に関する上司の意見は“非常に”大切だ、など)を内在化させてし ...

  • ミレニアル世代は特別じゃないーうまく付き合うための4つの方法

    Roberta Matuson , CONTRIBUTOR

    ミレニアル世代を引きつけるには、どうしたらいいのか。これまで多くの企業が巨額の費用を投じてその解明を試みてきたが、答えはずっと前から彼らの目の前にあったようだ。米誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」に最近掲載された記事「ミレニアル世代が本当に仕事に求めているもの(What Do Millennial ...

  • ボスは悪魔? 確認するための6つの指標

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    従業員の仕事への関与を高めるのはリーダーの責任だ。だが、そのリーダーたちが有害な場合、問題の解決策というよりも問題そのものだった場合、職場には何が起きるだろうか。ハーバード・ビジネス・レビューによると、リーダーが作り出す社会的雰囲気は「感染」する。つまり、上級管理職と中間管理職、その他の従業員の仕事 ...

  • 健全な職場のための新常識? 幸福度を高めるキーワード

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    新しい年にも慣れてきたころだ。よりバランスが取れ、物事を全体的に考え、先見の見通しを持って行動する職場を実現するために、今年は何を重視すべきか考えてみるのにいい時期だろう。米世論調査会社ギャラップの調査によると、同国企業の従業員の70%は職場に感情的なつながりを感じていない。雇用主は職場に健康的な感 ...