• 小山薫堂が描く、理想的な老後の過ごし方

    小山 薫堂 , CONTRIBUTOR

    放送作家・脚本家の小山薫堂が「有意義なお金の使い方」を妄想する連載第37回。東京・神宮前から北海道・富良野へ。レストランを再オープンしたシェフとマダムの人生から、さまざまな余生の過ごし方を考えた。この5月、北海道の新富良野プリンスホテル敷地内に、脚本家・倉本聰さんが監修したレストラン「ル・ゴロワ フ ...

  • 退職後の人生を左右する「お金以外の」3つの問題

    John Wasik , CONTRIBUTOR

    私たちにとって常にお金は重要だが、多額の貯金があることは必ずしも、退職後の幸福を保証するものではない。退職後の暮らしの満足度により大きな影響を与える可能性があるのは、「ウェルビーイング(幸福、心身の良好な状態)」だ。その重要度を測るのは少々難しいが、私たちの多くにとって、ウェルビーイングは主に心の問 ...

  • 「人生100年時代」に向けた準備、富裕層が不安視する点とは

    Ashlea Ebeling , FORBES STAFF

    銀行口座に少なくとも100万ドル(約1億円)の預金がある人は、老後のお金の心配も少ないと思われているかもしれない。だが、実際には裕福な投資家たちでも、不安はなくならないようだ。スイスの銀行大手UBSが発行する「インベスター・ウォッチ」が先ごろ初めて公開した「The Century Club(ザ・セン ...

  • 加害者の半数以上は「身近な人間」、高齢者を経済的虐待から守るには

    Neale Godfrey , CONTRIBUTOR

    経済的虐待は、特に高齢者に計り知れない打撃をもたらす。だが残念ながら、この虐待は「すぐ目の前で起こっているのに気づかない」ことがある。生命保険大手メットライフの調査によると、米国では年間26億ドル(約2,832億円)以上、高齢者が経済的虐待で失っているという。その被害から守る活動をしているElder ...

  • ゆとりある老後は実現不可能? 米フィデリティが調査

    Ashlea Ebeling , FORBES STAFF

    退職後に向けた蓄えは人並みに準備できているだろうか?アメリカ人の多くがこれについて、「C」判定の状況にあることが分かった。投資会社フィデリティはこのほど、退職後のための準備状況をインターネット上で判定できるサイトを開設した。所得が同じ他の人たちと比べ、自分の準備がどの程度進んでいるかをA~Cの判定で ...