• 侮辱的な採用条件を提示された時の対処方法

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のエブリンから寄せられた便りと、私からの回答だ。リズさんへ私は10月から職探しをしています。ある商用不動産会社のプロパティマネジャーの職に応募し、これまで2度面接を受けました。プロパティマネジメントの仕事は以前経験があったので、採用のチャンスがあると思ったのです。そして実際にオファーを受け ...

  • 「最高の職場」で年収10万ドル超 米人気企業の求人15選

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    米求人情報サイトのグラスドアは毎年、「最高の職場」ランキングを発表している。直近のランキングは昨年12月にフォーブスで紹介した。グラスドアはこのほど、ランキング入りした企業が米国で募集中の仕事のうち、報酬が年間10万ドル(約1100万円)以上だと推定される仕事のリストを発表。選ばれた15の仕事は次の ...

  • 給料が低すぎる米国の職業ランキング

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    仕事の需要は、経済の発展と人口の増減に応じて変化する。需要が非常に高いのに供給が不足する職業では、労働者が現在得ている給与額と、雇用者が理論上で支払うべき給与額の間に差が生じている。しかるべき報酬を受けていないこうした職業をまとめたランキングが、米キャリア情報サイトのグラスドアにより発表された。ラン ...

  • 米国で給与急増の職業トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    ある職業での給与は、需要の変動に伴い変化することが多い。その職に就く人を増やしたい雇用主の数と、適切なスキルを備えた人の数を基に、給与は決まる。米キャリア情報サイトのグラスドアは最近、一般ユーザーから同サイトに寄せられたデータに基づき、給与が急増している職業のランキングを発表した。調査対象となったの ...

  • 高給かつ競争率が低い仕事 米国内ランキング発表

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    転職活動が楽に終わることはめったにない。履歴書を整理し、気に入った求人を複数見つけ、職務内容と会社について調べ、採用担当者の目に留まる応募書類を作る。これに他の求職者との競争が加わると、不安度はますます大きくなる。だが、給与の高い仕事の中には、競争率が比較的低いものがある。志望者や資格のある人材が少 ...

  • 米国の高給企業トップ10社 1位はコンサル大手の年収1900万円

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    米キャリア情報サイトのグラスドアが発表した新たな報告書によると、米国で最も給与水準が高い企業はコンサルやテック企業大手だった。同サイトはユーザーが過去1年間に報告した給与額を使用し、報酬総額が高い企業ランキング2017年版を作成した。寄せられた給与情報が50件未満だった企業はランキングから除外されて ...

  • 米従業員調査でわかった「最も憂鬱な仕事」トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    気分を沈ませる仕事を続けるのは嫌なものだ。毎朝、目が覚めると、もう慣れっことはいえ気がめいるような仕事が待っている。そして仕事を終えると、困惑や退屈、ストレス、恐怖や疲労を組み合わせたような気持ちになる。そうした憂鬱な気分からは、抜け出すのが難しいものだ。だが最も憂鬱な気分にさせる仕事とは、どのよう ...

  • アメリカで最も給与のいい職種25 医療とテック関連が上位

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    医療関連やテック業界で働けるのはいいことだ。先ごろ発表された最も給与のいい仕事(2017年版)に関する報告書によれば、どちらも給与面の条件がいい。米キャリア情報サイトのグラスドアが発表した同報告書で、給与のいい仕事ナンバーワンだったのは総合内科医。年間の平均基本給は18万7876ドル(約2150万円 ...

  • 昇給交渉で絶対にしてはいけない7つのタブー

    Sara Zervos , CONTRIBUTOR

    部下が昇給を要求するのを目の当たりにした上司は大抵、身をこわばらせ、頭を抱え、時に怒りやいら立ちすら感じるものだ。キャリア設計と報酬についての話し合いはチームと組織全体の成長にとっても大切なこと。だがそのための心の準備が出来ている社員は少なく、話し合いを台無しにする初歩的ミスや、容易に避けられる間違 ...

  • 米国の「最も給与の高い職種」 2016年トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    米求人情報サイトのキャリアキャストが、2016年の「最も給与の高い職種」ランキングを発表した。その上位には、厳しいトレーニングや教育、経験を必要とする仕事が多くランクイン。大金を稼ぐには、それらが必要だということを示す結果となった。同ランキングは、キャリアキャスト毎年恒例の職業関連報告書(米労働統計 ...

  • 「ジェネラリスト」よりも「スペシャリスト」になるべき5つの理由

    Marcia Layton Turner , CONTRIBUTOR

    ジェネラリストか、スペシャリストか。新たなベンチャーやキャリアを進むときによく浮上するのがこの問題だ。そして、答えはだいたい同じだ。企業であれ個人であれ、スペシャリストになることが利益の最大化につながる––。多くのスタートアップ企業はスペシャリストとして事業を始める。アップル ...

  • 争い続けるウォルマートとアマゾン、平均給与はどちらも高水準

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    ウォルマートは高度な技能を必要としない従業員たちに対し、最低賃金をほんのわずかに超える給料しか支払っていない。一方で同社は、戦略を立て、ブランドを売り込み、事業を運営し、効果的にアマゾンと競争するための役割を果たせる高度なスキルを持った人たちには、彼らを採用し、雇用し続けるために多額の報酬を支払って ...

  • 「女性が職場で抱える悩み」 男性側が勝手に解釈?

    Georgene Huang , CONTRIBUTOR

    女性の労働環境の改善を目指すフェアリーゴッドボス(Fairygodboss)が、約300人の男性を対象に「職場における性の多様性」について詳細なヒアリングを行った。過去の調査では、男性の66%が職場にジェンダーバイアス(性別による偏見)があると思っておらず、90%は「自分の」職場にジェンダーバイアス ...

  • 採用面接で「過去の給与額を尋ねない」 米州法に全米が続くべき10の理由

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    マサチューセッツ州は8月、米国で初めて、雇用主が就職希望者に過去の給与を尋ねることを禁じる法律を成立させた。この新たな同一賃金法は2018年7月から施行される予定だが、筆者は同州に続いて他の各州も、同様の法律を導入するべきだと考える。その理由は以下のとおりだ。1.どのポジションも、給与には幅がある。 ...

  • 高報酬の金融サービス業界、中でも待遇の良い10社とは

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    金融サービス業界は高額な給与が期待できることで知られ、厳しい監視の目にもさらされる。ただ、その同じ業界内でも企業によって、従業員に支払う金額は異なる。最も高い給与を支給しているのは、どの企業だろうか?米キャリア情報サイトのグラスドア(Glasdoor.com)はこのほど、今年4月に公表した基本給と歩 ...

  • 1位はネットワーク・エンジニア、給与水準が大幅アップしたIT職トップ5

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    テクノロジー界の雇用市場は競争が激しく、雇用主たちは今よりもう少し給与を払ってでも、スキルの高い有能な人材を欲しいと考えている。これは、総合人材サービス会社ランスタッド(Randstad)が先日発表した報告書が指摘するもので、同書によると、2014年から2015年にかけて多くのIT職で著しい給与の増 ...

  • 米企業給与ランキング、報酬トップはコンサルとテック企業

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    米国で最も気前よく給与を支払っているのはどの企業だろうか──?米キャリア情報サイトのグラスドア(Glassdoor)はこのほど、基本給に加え歩合や賞与を含む報酬総額(中央値)が高い企業のランキングを発表した。対象としたのは、この一年間に米国内で勤務する従業員から給与に関する情報が少なくとも50件報告 ...

  • 給与交渉の際に考えるべき5つのポイント

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    100万ドルほしいなら、給与交渉術を学ぶべきだ。ビジネスインサイダーによると、キャリアを通じて給与交渉を避けた場合、人生のなかで約100万ドル(約1億1900万円)を失っている計算になるという。原因はただ、「あなたが質問するのを恐れているから」にほかならない。私がキャリアコーチングを担当しているクラ ...