• 「世界観をつくるだけでは不十分」──前田裕二が明かした、SHOWROOMの成長3要因

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    一流の経営者が自ら振り返る、事業を成功へと導くポイントとは?2017年の上半期、米アプリ調査会社App Annieが発表したアジアにおける、動画配信アプリの収益ランキングで1位を獲得したのが「SHOWROOM(ショールーム)」だ。SHOWROOMはプロアマ問わず、誰でも生放送の配信や視聴ができる動画 ...

  • プロサッカー選手から経営者へ 自身の挫折を若者を救う力に変えて

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    幼少期からの夢を叶えてプロサッカー選手になるも挫折を経験。誰よりも苦い経験を知る薮崎真哉だからこそ、体育会系学生に特化した人材事業を成功に導くことができた。精悍な顔立ちと、元Jリーガーにして経営者という異色の経歴。薮崎真哉は、華々しいプロフィールの持ち主だ。だが、実際の彼は、実はいくつもの挫折を経験 ...

  • デジタル変革時代における、経営者が持つべき視点とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    クラウド、AI、そしてブロックチェーン─。テクノロジーの進化は日々、加速している。そうしたなか、経営者はいかにすれば取り残されることなく、時代の先を行けるのだろうか?若かりし頃をインテルの共同創業者たちのもとで過ごした、仮想化ソフトウェア開発会社「VMウェア」のパット・ゲルシンガーCEOがイノベーシ ...

  • ベストセラー作家が日本の経営者におくる、10年後勝つための提言

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    21世紀のビジネスをデザインするグローバルコンサルティング会社トゥモロー社のCEOであり、ベストセラー『Futuretainment』の著者マイク・ウォルシュによる日本の経営者への提言とは何か━。「未来を考えるということは破壊的技術を発明することではない。むしろ、それによって人がどのような経験をし、 ...

  • 本田宗一郎の「生の声」が聞こえる『俺の考え』

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    生産性を向上させ、働き方改革を推進する─近年、デフレや少子高齢化などに対応するため、業務を効率化し、働き方を見直そうとする企業が増えてきました。しかし、時代によって変わる社会問題に対処するのは「企業が果たすべき責任」だと理解してはいても、対応策に頭を悩ます経営者は多いのではないでしょうか。 でも、も ...

  • 中国の新たな富豪、EVバッテリー「CATL」経営者2名の経歴

    Russell Flannery , Forbes Staff

    6月11日、世界最大の電気自動車(EV)向けバッテリーメーカーである、中国の「CATL(寧徳時代新能源科技)」が深セン証券取引所に上場を果たした。株価は値幅制限上限の44%の上昇をとげ、当日の終値は36.2人民元をつけた。これにより中国のビリオネアである同社会長と、副会長らはそれぞれの資産を大幅に増 ...

  • 注目の無名米起業家5人が語る、ビジネスの契機と教訓

    Robert Reiss , Contributor

    エアビーアンドビーの共同創業者、ブライアン・チェスキー最高経営責任者(CEO)は「何かが起きて決断を下し、人生が激変した、という瞬間は、誰もが人生で一度や二度はしたことがあるはず」と語ったが、これは起業家精神の本質を突いている。こうした瞬間を経験した人はしばしば、ビジネスや経済、社会、そして最終的に ...

  • 誰が会社を殺すのか? 駄目な経営者と危険な社風「7つの兆候」

    野呂 エイシロウ , Official Columnist

    筆者はこれまでに140社以上の企業と付き合ってきた。優秀で日進月歩の企業も多いが、そうでない企業もいくつかある。その中で、企業倒産も何度も見てきた。会社を殺す張本人を何度も見てきた。会社を潰す張本人、それは「経営者」と経営者がつくった「社風」である。例をあげて検証してみよう。1. 経営者が景気の話を ...

  • 「社長力」ランキング、日本を動かす経営者BEST100

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    これからの日本に必要な経営者像を映し出す──。フォーブス ジャパンが「CEOランキング2017」で重視したのは、「企業の長期的価値への貢献」というリーダー像だ。フォーブス ジャパン編集部は「日本を動かす経営者」を数多く生み出すという方針のもと、企業のIR活動を総合的に支援しているフィスコIRの協力を ...

  • 「日本を動かす経営者」を表彰! JAPAN's CEO Conference 2017開催

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「最も企業価値を向上させたCEO」は誰だ これからの日本に必要な経営者像を映し出す──フォーブス ジャパンでは、2015年以来、今年で3度目となる「CEOランキング」を発表。そのアワードセレモニーとなる「JAPAN’s CEO Conference 2017」を、10月10日パレスホテル ...

  • 「業界研究」より「自社研究」 旭酒造と麺屋武蔵の共通点

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎 ...

  • 日本の「ビーントゥバー」先駆者が経営で大事にする2つのこと

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    NY発・チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」を日本でいち早く広めたMinimal(ミニマル)。「新しい文化を創造したい」という代表の山下貴嗣に、普段の心がけやものづくりの現場で大切なことを聞いた。「Bean to Bar(ビーントゥバー)」とは、カカオ豆(bean)からチョコレート(bar)にな ...

  • 貧困から世界的富豪にのし上がった9人の経営者たち

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    努力、才能、幸運──。富豪への道のりには、さまざまな要素があるのは事実だ。世界長者番付に名を連ねるビリオネアの中には、“貧困からのし上がった”経営者も多くいる。例えばオラクルのラリー・エリソンには、生後間もなく養子に出された過去があり、スターバックス前CEOのハワード・シュル ...

  • アップルCEOが日々実践する、誰もが見習うべきこと

    Bruce Weinstein , Contributor

    アップルのティム・クックCEOが他の企業経営者とは一線を画す特徴は、その高いアカウンタビリティー(説明責任能力)だ。説明責任を果たすリーダーは、以下の4点を常に実行している。1. 約束を守る2. 自分の行動がもたらす結果を考える3. 自分の過ちの責任を取る4. 過ちに対する償いをする今回は説明責任に ...

  • デジタルを武器にした「損保の逆襲」

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    まずは波紋を呼んだ本音トークを紹介したい。SOMPOホールディングスの社長になる前、櫻田謙悟は「昔、あの会社は保険会社だったよね、と言われたい」と発言(保険の仕事を否定するのかと誤解された)。常務時代、役員会では「保険業は構造不況業種です」と明言(代理店さんががっかりするじゃないかと諭された)。同業 ...

  • 米国のCEO好感度ランキング、トップ10とワースト10

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    CEOの中には、従業員と国民の両方から熱烈な支持を受ける者もいる一方で、会社のイメージを劇的に悪化させたり、国民を激怒させたりしてしまう者もいる。ではCEOの中で、ファンが最も多い、あるいは少ないのは誰なのだろうか?民間企業の収益などのデータのクラウドソーシングとビジネス関連情報を提供するサイト「ア ...

  • ジェフ・ベゾス、資産9兆円突破で「世界一の富豪」視野に

    Kate Vinton , FORBES STAFF

    アマゾンCEOのジェフ・ベゾスはかつてないスピードで資産額を増やしている。アマゾン株が史上最高値を更新する中で、ベゾスが世界一の富豪になる日も近づいてきたようだ。ベゾスは今年5月の第4週に米国で最も資産を増やした人物となった。彼の資産額は28億ドル増えて、5月26日の株式取引終了時で過去最多の847 ...

  • 天性の経営者、セールスフォース創業者の「マルチタスク力」

    Alex Konrad , Forbes Staff

    設立17年、CRM(顧客関係管理)マーケットで、世界トップを独走するセールスフォース。圧倒的な成長を牽引する、創業者ベニオフの思想に迫る。「ハイパーアクティブ」「超マルチタスク」「天性の経営者」──セールスフォース創業者のマーク・ベニオフを表すのに、これらの単語はおそらく、どれも正しい。 全方位にお ...

  • 事業承継のキモが「教育」である理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    事業承継がいま、深刻な状況になっている。企業オーナーが引退を考える年齢に差しかかりながら、肝心の子どもは会社の経営を引き継ぐ気がなく、事業承継が進まないまま廃業に追い込まれる企業も少なくない。なぜ、事業承継がうまく進まないのか。それに対する解決の糸口は何なのか。大手銀行で支店長を経験し、100社以上 ...

  • リーバイスの復活を成し遂げた、元軍人のカリスマCEO

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    19世紀後半、ゴールドラッシュに沸いたアメリカで、金鉱で働く労働者のワークパンツとして生まれたジーンズ。最初に生産したのはリーバイ・ストラウス社──「リーバイス」だ。ジーンズのパイオニアである当社だが、ファストファッションの台頭など世界的な流れにも押され、90年代から長い低迷期に入る。それを立て直し ...

  • 女性創業のスタートアップは「成長が速い」 米調査結果

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    女性が創業したスタートアップ企業は、創業者が男性のみのスタートアップよりも「ほぼ一貫して」良い業績を上げているとする報告書が、米国の従業員調査会社タイニーパルスにより発表された。同社の「スタートアップ年次報告書2017」によると、スタートアップを収益成長率別に区分した5グループのうち4つで、女性が創 ...

  • イーロン・マスクやジャック・マー、「凄い起業家」10人の名言

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ジェフ・ベゾス、イーロン・マスク、ラリー・ペイジ、マーク・ザッカーバーグー。いつの時代も変革に挑む“ゲームチェンジャー”の発明やアイデア、情熱が世界を変え、そこには彼らを突き動かす言葉があった。現代の世界的変革者30人が発した「凄い言葉」を紐解く第2弾。【第1弾はこちらから& ...

  • シェアリングエコノミーに関する画期的書籍、ブルームバーグ編集者が執筆

    George Anders , CONTRIBUTOR

    ウーバーやエアビーアンドビーの勃興により、便利で安く快適な旅を満喫できるようになった一方、職を失ったドライバーやホテルの従業員もいる。シェアリングエコノミーは人の暮らしをどう変えようとしているのだろうか。その疑問を解き明かす書籍が発売された。その書籍とはブルームバーグの編集者のブラッド・ストーンが執 ...

  • 過去にしがみつく経営者と、今を生きる経営者

    藤野 英人 , CONTRIBUTOR

    流行り物を毛嫌いする人がいるが、「経営者がそれではいけない」と筆者は語る。アンテナを張って、何でも自ら試す─。そうした経営者こそ、会社を成長させるのだ。LINE執行役員の田端信太郎さんのPokémonGO(ポケモンGO)に関する投稿が話題になった。経営者が集まる会議でポケモンGOをして ...

  • 人や企業の成長に必要な「真っすぐさ」を問い直せ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、モバイルファクトリーの宮嶌裕二代表取締役が、努力と成長を描いた青春漫画「BLUE GIANT」を紹介する。「絶対に世界一のジャズプレーヤーになる!」主人公の大(ダイ)は高校生で、まだサックスを始めた ...

  • 村づくりという100年越しの夢/池の平ホテル・矢島義拡社長

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    中学生で訪れたスイスの小さな街の風景が忘れられず、祖父の事業を引き継いだホテル経営者の矢島義拡氏。と地域活性、人材育成のためのアイデアを聞いた。長野県の白樺湖周辺でホテルを中心に高原リゾートを経営しています。終戦後、私の祖父は開拓者としてこの地に入植し、農業・酪農を経て、登山客を泊める民宿を始めまし ...

  • FIを「NTTの技術」のショーケースに/庄司哲也社長

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    7月、F1のマクラーレン・ホンダとNTTコミュニケーションズはテクノロジー・パートナーシップ契約を締結した。左の写真は、ロンドン郊外のマクラーレン本社で社長の庄司哲也を撮影したものだ。ーーと言っても、F1に興味がない人にとっては気にも留まらぬニュースかもしれない。しかし、ニュースの核心は、むしろサー ...

  • 上場企業社長が新入社員に「学問のすすめ」を手渡す理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、不動産事業を展開する株式会社イーグランドの江口久社長が新入社員に渡している福沢諭吉の『学問のすすめ』を紹介する。「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」福澤諭吉の著書である『学問のすゝめ』に書 ...

  • 日本企業が参考にすべき「GEジャパン」のマネジメント手法

    荒川 龍 , CONTRIBUTOR

    GEが持つ革新的な“戦略と仕組み”を日本でいかに実践するか。“リーダーシップと文化醸成”でこれを成し遂げたGEジャパンには日本企業が参考にすべきイノベーション・マネジメントの姿がある。創業約140年、従業員数30万人。グローバルトップ企業、米ゼネラル・ ...

  • 20代兄弟が生んだ1兆円企業 モバイル決済「ストライプ」の躍進

    Ryan Mac , Forbes Staff

    モバイル決済を手がけるストライプの創業者らが、世界最年少でビリオネアのリストに加わった。ストライプは先週、新たに資金調達を行ない企業価値は92億ドル(約1兆円)と算定された。創業者の兄弟二人組、パトリック・コリソン(26)とジョン・コリソン(28)の資産額はそれぞれ11億ドル(約1,230億円)に達 ...