• 若い女性がイキイキ活躍する組織に必要な「マネジメントの掟」とは?|森川 亮

    Venture Navi ,

    「質」と「スピード」を意識した人材配置──近年の分散型動画メディアの市場は群雄割拠の様相です。競合が追随してきた際の対処のポイントを教えてください。これは、LINE時代に韓国や中国などの企業を見てきて思ったことですが、「質」と「スピード」両方を実現することが大切です。日本の企業の多くは「質」は高いけ ...

  • 変化に強い「俊敏な組織」をデザインする秘訣

    堀尾 司 , Official Columnist

    「組織は戦略に従う」とは、歴史学者アルフレッド・D・チャンドラー Jr.の言葉で、邦訳書のタイトルにもなっている。経営に用いられる多くの用語と同様、「戦略」とはもともとは軍事用語からきている言葉だ。長期的、全体的展望に立った闘争の準備のことを指し、具体的な遂行策をたてる「戦術」よりも上位概念といえる ...

  • 銀行員xウェアラブル端末、「組織活性度」の可視化で何が変わる?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    組織の活気なんて、本当に計測できるのだろうか……。日立製作所が開発提供する「名札型ウエアラブルセンサー」(以下名札型センサー)による組織活性化支援プランを知った三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の野元琢磨は、率直にそう思った。しかも名札型センサーを首にかけて、 ...

  • 3人の専門家が語る「ジェンダー・ギャップを乗り越える組織の条件」

    水口 万里 , Forbes JAPAN 編集部

    より組織に貢献できる形で女性が活躍するために、組織そのものはどのように変わればよいのか。フォーブス ジャパンが昨年開催した「JAPAN WOMEN AWARD 2016」のアドバイザーを務めた日米の専門家にその条件を聞いた。女性の活躍という課題の枠を超え、組織のありかたを見直すヒントとなるはずだ。「 ...

  • エル・ブリの独創性の秘密は、『多国籍企業』的な組織にある

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ヒットを出した後、進化を止めてしまう企業は少なくない。イノベーションのジレンマに陥らず、新たなアイデアを生み続けた秘訣を稀代の名店から探る。レシピやメソッドの記録からオープンな組織まで、フェラン・アドリア率いる名店「エル・ブリ」には独特の組織文化があった。同店の密着取材を許された米コロンビア・ビジネ ...

  • 職場で女性に求められる5つの役割、最悪は「母親」

    Falon Fatemi , CONTRIBUTOR

    米国の女性たちは、この数十年で大きな進歩を遂げてきた。だが、それでもまだ平等が実現されない場がある──職場だ。S&P500構成企業の従業員のうち、およそ半数は女性だ。一方で、これら企業の上級管理職に女性が占める割合は25%。取締役では19%に過ぎない。さらに、最高経営責任者(CEO)ではわず ...

  • 卑劣な上司の10の言動に学ぶ健全な職場の選び方

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    賢い組織はチームのメンバーを尊重し、称賛する。旧態依然としたトップダウン型の官僚制組織は、従業員たちをあえて尊重しない。そうすれば、「従業員は全て簡単に交換可能な機械の歯車の歯の一つだ」という考えを支持しないとのメッセージを送ることになり得るからだ。世の中には強い上司と大勢の弱い上司たちがいる。弱い ...

  • 「物言う株主の存在は有益」、米取締役の8割が同意

    Dina Medland , CONTRIBUTOR

    物言う株主の存在は企業にとって、有効なものだろうか?たとえその存在が招く結果が多少は気乗りしないものであっても、米国企業の80%は、そう考えているようだ。PwC米国が10月11日に発表した報告書「PwC企業取締役調査(2016年)」によると、機関投資家や物言う株主の取締役会へのアクセスが増し、影響力 ...

  • 組織が「思考の多様性」を受け入れていないことを示す9つの兆候

    Glenn Llopis , CONTRIBUTOR

    会議で誰かに「それは素晴らしいアイデアだ。君はそれについて何かすべきだよ」と言われたことは何度もあるだろう。だがその後どうなるかといえば、何も起こらない。自分で行動して変革のための戦略を立てるべきだということは、誰でも認識している。だが自ら最初の一歩を踏み出して、戦略を定義づけるほどの自信はないとい ...

  • 従業員に愛されている企業はどこ? 求人サイトIndeedがランキングを発表

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    職探しをする場合の賢い方法は、自分が働きたいと思える企業を特定し、従業員たちがその企業についてどう考えているのかを調べることだ。それには幾つかの方法が考えられる。リンクトイン(LinkedIn)でつながる、個人的なつてを頼る、企業のブログに目を通すなどの方法だ。求人サイトのレビューを読むという方法も ...

  • 給与と業績は「鶏と卵」の関係? 雇用主は何を考えるべきか

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    トップクラスの業績を誇る企業は、より手厚い給与とボーナスを支給している──企業の給与などに関する情報を収集・提供する調査会社ペイスケール(PayScale)は4月10日、毎年恒例の給与に関する報告書を発表した。それによると、2015年に最も業績が良かった企業のうち、事前の業績予想を上回った企業は、給 ...

  • 「社員のやる気」日本一! サイバーエージェントの秘密

    井関 庸介 , Forbes JAPAN 編集部

    日本のインターネット・メガベンチャーの草分けであるサイバーエージェント。同社は近年、メディアやゲーム、投資育成などさまざまな事業を展開している。何がそれを可能にしているのか?社内活性化を手掛けるキーマンに聞いた。社員のモチベーションは、山の天気のように変わりやすいーー。3月中旬に都内で行われた「ベス ...

  • 経営の新指標「モチベーションインデックス」とは?

    麻野 耕司 , CONTRIBUTOR

    従来の指標では業績を測ることはできても、“組織”の評価には限度があった。気鋭の企業変革コンサルタントに「新しい経営指標」について解説をしてもらった。リンクアンドモチベーションでは、独自に開発した組織診断サーベイによってワークモチベーションをはじめとした、さまざまな組織状態を定 ...