• 国外から見た米大統領 メキシコで出会った驚きの意見

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    私は最近のメキシコへの旅行中、“米国第一”のトランプ大統領がさほど興味のないものを、とても小さなスケールだが得る機会があった。それは、グローバルな視点だ。 好き嫌いにかかわらず、トランプ大統領は、人々が何らかの意見を持たないのが難しい人間だ。だがメキシコで出会った意見は、トラ ...

  • トランプ新政権で最も不安が増す10か国 4位に日本

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    ドナルド・トランプ米新大統領が新たな商務長官と新設する国家通商会議(NTC)のトップに指名した人物を見れば、トランプが大統領選中の約束を本気で守ろうとしていることが分かる。米国人の雇用と、米国企業に有利な政策を実施するという約束だ。英国の資産運用会社スタンダード・ライフ・インベストメンツのエコノミス ...

  • トランプ支持の著名投資家アイカーン、自身の投資ファンドは3年連続の損失

    Nathan Vardi , FORBES STAFF

    米著名投資家カール・アイカーンは2016年、大統領選で友人のドナルド・トランプ支持に賭けたことでは勝利したといえる。だが、投資活動は同じようにうまくは行かなかったようだ。トランプ次期政権で連邦規制改革担当の特別顧問に起用される見通しのアイカーンが率いる投資ファンドは昨年、過去最悪の運用成績を記録。資 ...

  • トランプ夫人、10歳の息子めぐり自閉症男性を告訴? 動画投稿はいじめか

    Emily Willingham , CONTRIBUTOR

    米国の次期大統領、ドナルド・トランプ夫人のメラニアは、ユーチューブに投稿された動画に激怒したと伝えられている。その動画は、夫妻の10歳の息子(トランプの三男)、バロンが自閉症だと指摘する内容だった。メラニアは弁護士を通じて、これを投稿した自閉症の男性を訴える構えを見せている。動画の再生回数が急増した ...

  • トランプ大統領「就任式」運営委員が決定 カジノ業界の大物が多数

    Chase Peterson-Withorn , Forbes Staff

    11月15日、ドナルド・トランプの大統領就任式典の運営委員らが発表された。20名のメンバーの中には著名な実業家も数多く、毎回5,000万ドル(約55億円)がかかると言われる巨額の経費負担も期待できそうだ。委員会を率いるのはフォーブスの長者番付、フォーブス400にも選ばれた、ロサンゼルスでプライベート ...

  • 女子が目指すリーダー像になる? あり得ない「バービー大統領」発売

    Katie Sola , FORBES STAFF

    米国には今年11月、初の女性大統領が誕生するかもしれない。それに先駆けて同国ではこのほど、「バービー大統領」と「バービー副大統領」がお目見えした。玩具メーカー大手マテルはこれらの人形を通じて、より多くの少女たちがリーダーの役割を目指すようになることを期待している。そして同時に、低迷が続くバービー人形 ...

  • マーク・ザッカバーグが隠し持つ「米国大統領になる夢」

    Brian Solomon , Forbes Staff

    フェイスブックが先日発表したクラスC株の発行計画には、マーク・ザッカバーグCEOが抱く、壮大な野心が隠されている。31歳のザッカーバーグは世界で6番目に裕福な人物であり、世界最大のSNS帝国を率いているが、その野心は現状に留まらない。4月27日、フェイスブックは第1四半期の業績発表とともに、議決権の ...