• 科学者がつくった「e-skin」の不気味で魅力的な可能性

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    コロラド大学の研究者たちが開発した「e-skin」についての詳細が、『Science Advances』誌に掲載されている。e-skin(電子肌:electronic skin)とは、本物のように柔らかい合成肌のことだ。触覚を備えており、空気の流れや温度・湿度を感じることができるほか、自己再生すると ...

  • 「避けるべき人」教える脳の機能、科学が存在を証明

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    その人が実際に病気だと聞く前でも、調子が悪そうだということは分かるものだ──そう思わないだろうか。それが単に私たちの「直感」ではないことが分かった。それは、私たちに「近付くべきではない人」を知らせる脳の機能だということが確認された。私たちの体が持つ「病気警戒装置」のようなものだという。米国科学アカデ ...

  • 米国人が「日本国際賞」をより重視すべき理由

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    ノーベル賞の名前は、米国人の誰でも知っているかもしれない。だが、「日本国際賞(Japan Prize)」はどうだろうか?それどころか、米国人の「地理リテラシー」の低さを考えれば、日本がどこにあるかさえ知らない人がどのくらいいるだろうか──?日本国際賞は、世界中の科学者にとって最も名誉ある賞の一つだ。 ...

  • 資源量3倍、漁師の収入2倍 米国水産業を変えた画期的プログラム

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2007年から現在までの9年間でメキシコ湾のフエダイの資源量は約3倍、漁師たちの収入は約2倍となった。一体何が起こったのだろうか。その立役者で米国環境ビジネスの第一人者に話を聞いた。「漁師たちは最初、私たちの話には耳も貸さなかったんですよ。ですが、他の漁業者の成功を耳にすると、次第に信用するようにな ...

  • 世界初のソフトウェア・プログラマー、エイダ・ラブレスの偉業

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    科学の歴史をひもとくと、数十年、数百年先の世界を正確に見通していた“革新者たち”の存在に気づく。なぜ彼らには未来が見えたのか。稀代の科学ライターが、その謎に迫る。1835年7月8日、ロンドンの郊外でウィリアム・キングという名の男爵が、小さな結婚式を挙げた。会場となったのは、か ...

  • 中国版「ヒッグス粒子工場」 7000億円の巨額予算に賛否両論

    Casey Hall , CONTRIBUTOR

    中国は近年、基礎科学と応用科学の強化に国を挙げて取り組んでいる。科学者たちは世界最大規模の大型粒子加速器の建設を計画している。この施設の建設案が浮上したのは、2012年にスイスにある欧州原子核研究機構(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器によってヒッグス粒子が発見された直後のことだ。現在も計画は進行 ...