• 歯をくいしばってひとつずつ 2人の「日本流」が世界に挑む

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    金泰成(キム・テソン)は2013年9月、インドネシアでVIP Plaza Groupを創業した。会員数104万人、現地の1200に及ぶブランドを扱う、現地トップ3に入るファッション&ビューティーECモールを展開。18年には日本支社を立ち上げ、日本から全世界への越境EC事業を開始した。社員数1 ...

  • 「古臭くても必要」雇われ社長40社経験のミドル起業家

    山本 智之 , Forbes JAPAN 編集部

    縣将貴が代表取締役社長CEOを務めるADlive(アドリヴ)は、WEBマーケティング支援と広告ソリューション提供を手掛ける。2011年10月に設立し、17年5月から現事業を本格始動させた。中小企業や地域企業のデジタル活用を支援し、国内だけでなく、アジア進出も視野に入れる。西條晋一は18年1月、30代 ...

  • テクノロジーで新しいワークスタイルを!グローバルトップを目指す「クラウドRPA」

    山本 智之 , Forbes JAPAN 編集部

    嶋田光敏が2015年7月に設立したBizteX(ビズテックス)は、定型的な業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)サービスを国内で初めてクラウドで提供。CTOを務める袖山剛らとともに、人が創造的な業務に集中し、「テクノロジーで新しいワークスタイルをつくる」ことを目指す。難波 ...

  • 起業家と投資家、「英語教育のグローバルブランド」への二人三脚

    山本 智之 , Forbes JAPAN 編集部

    2008年末に米国で創業し、松村弘典がスタートアップメンバーとして参画するEnglishCentralは、米グーグル・ベンチャーズなどが出資する英語教育ベンチャーだ。「聞く」「読む」「話す」が効果的に学習できる、1万4000本を超える動画コンテンツとオンライン英会話を組み合わせた総合英語学習サービス ...

  • 東南アジアで戦う「ウミガメ起業家」

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    深田洋輔が2012年10月にシンガポールで創業したYOYOホールディングスは、アンドロイド携帯のロック画面上にニュースなどの情報に加えて各種広告を掲載することで、プリペイド携帯電話の通信料金を無料化できるリワード広告アプリ「PopSlide」を提供。同アプリをフィリピン・インドネシア・ベトナム・イン ...

  • 「ファニチャー2.0」 世界の家具業界に革命を起こすために

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    和田直希が2014年6月に創業したカマルクホールディングスは、家具とITを融合させたIoTプロダクトを開発・製造している。日本向けには、温度や湿度に合わせてテーブルそのものが音を奏でる「サウンドテーブル」を提供。一方、同社売り上げの9割、製造拠点であるインドネシアではセンサー扉を展開し、首都ジャカル ...

  • 技術と仕組みで「稼げる農業」を世界へ

    山本 智之 , Forbes JAPAN 編集部

    栗田紘が2014年4月に創業したseakは、農業未経験者でも就農を可能にするプラットフォーム「LEAP(LEt’s Agriculture Program)」を提供。就農に必要な、1. 準備、2. 農地、3. 施設機材、4. 栽培、5. 販売の課題解決を行い、「稼げる農業」の仕組みをつく ...

  • 世界を目指すアグリテックの「ザッカーバーグ」

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    菊池紳が2014年に創業したプラネット・テーブルは、生産地と都市を繋ぐ農産物流通プラットフォーム「SEND」、生産者とバイヤーの取引管理プラットフォーム「SEASONS!」を提供している。鈴木絵里子がインベストメント・グループ ディレクターを担うミスルトウは、16年8月に投資を実行した。鈴木:初めて ...

  • 「画像診断」で医療現場に革新を与えるエルピクセルの野望

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    島原佑基が2014年に東京大学研究室のメンバーと3人で創業したエルピクセルは、ライフサイエンス領域の人工知能・画像解析ソリューションを提供する。応用範囲が広い中、現在力を入れるのは医療画像診断だ。医療機器の高度化に伴い、医師の取り扱うデータ量が急増する現状に対し、同社の医療診断支援システムは、CTや ...

  • ユーザー接客で目指す、「ウェブの歴史に名を刻む」インパクト

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    倉橋健太と柴山直樹が2011年に創業したプレイドは、あらゆるサイトへの訪問者をリアルタイムに可視化し、会員登録や購買につなげるウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」を提供。KARTEを導入したサイト運営者は、訪問者一人ひとりの名前、性別、年齢、閲覧履歴などのステータスに合わせて、データに ...

  • 流行りモノを手がける起業家の「コンテンツへのこだわり」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    鎌田和樹が2013年6月に創業したUUUMは、YouTubeに動画を投稿するクリエイター「YouTuber」の動画制作活動のサポート、所属YouTuberのマネジメント等を手がける。「HIKAKIN」や「はじめしゃちょー」など、トップクリエイターが多数所属。同社が関わるYouTubeチャンネル数は4 ...

  • 「建築×不動産×テクノロジー」で実現する理想の住まい

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ツクルバは、村上浩輝と中村真広が2011年8月に共同創業したスタートアップ。会員制シェアードワークプレイス「co-ba」をはじめ、リノベーション住宅の物件情報をユーザーへ直接届けるオンラインマーケット「cowcamo」等を運営する。上村康太がシニア・アソシエイトを務めるグロービス・キャピタル・パート ...

  • 「段違いの覚悟」で世界を目指す50代の起業家

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ユニフィニティーは、稲垣昭治が2006年に創業したソフトウェア企業。法人向けアプリ開発プラットフォーム「Unifinity」を提供している。PowerPointで資料を作る要領で、プログラミング言語の知識がなくともアプリを開発でき、Windows、iOS、Androidと、どんなOS(基本ソフト)に ...

  • 「感性」を学習するAIで、ライフスタイルのドラえもんを目指す!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    渡辺祐樹が2011年に創業したカラフル・ボードは、ユーザーの嗜好を解析し、一人ひとりの“感性”を学習するパーソナルAI「SENSY」を開発するスタートアップだ。好みやトレンドからアイテムやコーディネートを提案する「ファッション」、味覚に合うワインをセレクトする「食」の2分野で ...

  • ゲーム会社の域を超えた成長に期待[私がこの起業家に投資した理由]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    塩田元規らが2010年に創業したアカツキは、「サウザウンドメモリーズ」やバンダイナムコエンターテインメントとの協業タイトル「ドラゴンボールZドッカンバトル」などモバイルゲーム事業を中心に行うスタートアップ。16年3月のマザーズへの新規上場後も、株価は堅調に推移し、時価総額は約430億円(16年9月1 ...

  • ユーザベース最初の資金調達先が明かす[私がこの起業家に投資した理由]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    梅田優祐らが2008年に創業したユーザベースは現在、企業・業界分析のための経済情報プラットフォーム「SPEEDA」と経済に特化したソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を運営。シンガポール、香港、上海、スリランカにも拠点を置くなど海外展開を進めている。高岡美緒が取締役を務めるマネックスベンチャ ...

  • エンジェル投資家が惚れ込む「バージョンアップ経営者」の魅力

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    武田隆らが、1996年に創業した「エイベック研究所」は、2016年6月に社名を「クオン」に変更。消費者コミュニティの開発・運営を通じ、企業にマーケティング・ソリューションを提供するサービス「QON(クオン)」を提供している。昨年、ベルリンに支局を新設し、今後は海外展開も進めていく。エンジェル投資家の ...

  • 農家出身、目指すは宇宙で食料生産![私がこの起業家に投資した理由]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    北島正裕、安田瑞希が2014年3月に創業したファームシップは、(1)植物工場事業者のための収益化ソリューションを提供する「植物工場事業」、(2)首都圏、関西圏への販売ネットワークを活かした仕入販売や物流網の構築などを行う「農産物流通事業」、(3)生産工程、生産数量、需給に関するビッグデータ解析などを ...

  • スマート農業センサーで水問題解決へ[私がこの起業家に投資した理由]

    山本 智之 , Forbes JAPAN 編集部

    三根一仁が投資家、また経営者として、川原圭博の研究成果を基に2015年1月に創業したSenSprout(センスプラウト)。「農業×IoT」をテーマに、畑に挿すだけで水分量を計測できる農業用土壌モニタリングセンサーの開発を行っている。三根はソニー出身で、シード・アーリーステージのベンチャー ...

  • 音楽仲間ができなかった「昔の自分」を救いたい[私がこの起業家に投資した理由]

    山本 智之 , Forbes JAPAN 編集部

    文原明臣が創業したnana music(ナナミュージック)は、音楽コミュニティアプリ「nana」の開発・運営を行うスタートアップ。スマートフォンを使って、誰でも簡単に歌声や楽器演奏を録音・投稿でき、アプリ内で手軽に“コラボ”を楽しめるサービスを提供している。ユーザー数は100 ...

  • 私がこの起業家に投資した理由 永田暁彦 → 三宅徹

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「四国発中東行き」の技術がエネルギー革命を起こす三宅徹が創業した未来機械は、中東諸国向けに、水を使わない太陽光パネル清掃ロボットの開発などを行う香川大学発スタートアップ。砂漠特有の砂塵が発電効率低下につながり課題となっている地域で、水を使わず自動で効率的に動き表面の砂ぼこりをとりのぞくロボットがソリ ...

  • 通貨の世界に大革命をもたらす「正当なる異端児」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    村口和孝(日本テクノロジーベンチャーパートナーズ)>> 朝山貴生(テックビューロ)私がこの起業家に投資した理由朝山貴生が創業したテックビューロは、暗号通貨サービスの開発・提供を行う企業。2014年6月に先端技術を開発するラボ企業として設立後、15年3月の1億円の資金調達と同時に、ビットコインとモナー ...

  • 私がこの起業家に投資した理由 松本真尚(WiL)⇒ 稲冨正博(Exys)

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    “稲冨印のつるはし”は世界を狙える 稲冨正博が創業したExys(イグジス)は、ソーシャルゲームのキャラクターデザインをはじめ、デジタルのキャラクターIP(知的財産)でビジネス展開を行う。 最近では、ソーシャルゲーム「SKYLOCK(スカイロック)」でgloopsと協働し、高い ...

  • 私がこの起業家に投資した理由 黒川尚徳(東京大学エッジキャピタル)⇒ 吉野 巌(マイクロ波化学)

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    化学産業革命を狙う“モノづくりベンチャー” 吉野巌が創業したマイクロ波化学は、大阪大学発ベンチャー企業。 同社は2014年4月、電子レンジなどに使われる電磁波「マイクロ波」を使用した世界初の化学品量産工場を稼働させ、同6月には太陽化学と共同出資会社の設立を合意、同10月には化 ...

  • 私がこの起業家に投資した理由 本多央輔(DCM)⇒佐々木大輔(freee)

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    淡々、飄々と日本を変えていく起業家 佐々木大輔が創業したfreeeは、中小企業向けに全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」を提供。2013年3月のサービス開始以来、利用事業者数は増加し続け、33万を突破した。 米大手VC・DCMの本多央輔日本代表・ゼネラルパートナーは、計3度、創業初期 ...

  • 私がこの起業家に投資した理由:倉林 陽(Draper Nexus Venture Partners)⇒平尾喜昭(XICA)

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ぶれない“ストーリー”を持ち続ける起業家 私がこの起業家に投資した理由 倉林 陽(Draper Nexus Venture Partners)⇒ 平尾喜昭(XICA) 平尾喜昭が創業したサイカ(XICA)は誰でも簡単に使用できる統計分析ツール「adelie(アデリー ...

  • 私がこの起業家に投資した理由:田島聡一(サイバーエージェント・ベンチャーズ)⇒高瀬俊誠(A-STAR)

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    失敗を成長の糧に変えた連続起業家 私がこの起業家に投資した理由 田島聡一(サイバーエージェント・ベンチャーズ)⇒高瀬俊誠(A-STAR) 失敗を“成長の糧”に変えた連続起業家 高瀬俊誠が創業したA-STARは、IT系エンジニアに特化した求人情報やシステム開発業務を紹 ...

  • 私がこの起業家に投資した理由:伊藤忠テクノロジーベンチャーズ河野純一郎 × VASILY金山裕樹

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    金山裕樹が創業したVASILY(ヴァシリー)は、ファッションコーディネートアプリの「iQON(アイコン)」を運営。提携するECサイトのファッションアイテムを自由に組み合わせ、かつ100万件以上の他ユーザーのコーディネートも閲覧可能で商品購入までできる。2014年10月にはKDDIを割当先とした第三者 ...

  • グローバル展開に不可欠な「言葉の力」を持つ起業家[私がこの起業家に投資した理由#4]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    須藤憲司が創業したKaizen PlatformInc.は、WEBサービスのユーザーインターフェイス(UI)改善を事業とする会社。「ABテスト」で手軽に改善できるプラットフォーム「planBCD」を運営する。2013年3月にアメリカ・カリフォルニア州を本社として創業し、14年3月には500万ドルの資 ...