• 保育園料からタクシー費用まで なぜ会社がそこまで補助するのか?

    角川 素久 , Official Columnist

    4月は新入社員が入ってきたりと人事周りでは何かとイベントが多い季節だが、この時期にまた人事として特別にケアが必要なのが、育児休業からの復帰者だ。やはり保育園の入園は4月枠が多いので、どうしても復帰の時期が重なる。Sansanでは産休・育休から復帰する社員に対する支援を手厚く行っている。それが、人事制 ...

  • 新米パパに優しい米企業トップ10 「有休1年」のネットフリックスが首位

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    子供を持つという体験は、それが何人目であろうが、苦難と喜びに満ちた冒険だ。長時間労働や、感情を揺さぶる出来事、次々と降りかかる新たなタスク、たくさんの愛情、そして睡眠不足の日々が待っている。しかし、金銭的な負担や、かつて当たり前だった生活を失うことで、苦労することも出てくる。新しい子供を迎えやすい環 ...

  • 福利厚生は「唯一の転職の理由」になる 米労働者の3割が回答

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    米国企業の大半は、従業員に福利厚生制度・特典を提供している。これらには、柔軟性のある労働形態を認める制度や、スポーツジムや託児所の利用などが含まれる。これらの制度や特典について、多くの企業は「従業員のやる気を高め、具体的な結果を出すことに役立つもの」と捉えている。一方、これらは最も優秀な人材を採用し ...

  • 育休からペット受け保険まで、福利厚生が優れている企業トップ20社

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    毎年、各企業は従業員に対する待遇条件を他社と競い合っているようだ。これは従業員たちにとっては素晴らしいニュースと言えるだろう。求人情報サイトのグラスドアでは、福利厚生に関する従業員のレビュー数十万件を検証し、最も魅力的な待遇や珍しい待遇を提供する企業をリストアップしている。最低20件のレビューがある ...

  • 休暇が取りやすい企業トップ20 3位はイケア、4位にグーグル

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    常に新鮮な気持ちで仕事に取り組むためには、休暇を取ることが必要不可欠だ。一部の企業では充実した休暇制度が設けられているが、休暇を取得しやすい企業文化がなければ、せっかくの制度も意味がない。会社の休暇方針について評価を行うには、そこで働く従業員から直接話を聞くのが一番である。米キャリア情報サイトのグラ ...

  • グーグルとフェイスブックの例に見る働きがいのある企業文化の築き方

    AJ Agrawal , CONTRIBUTOR

    幸福な社員は生産性が高い。そして、生産性の向上が利益の増加につながることは誰もが知っている。意識調査機関「グレート・プレイス・トゥ・ワーク(Great Place to Work)」によると、企業文化が優れた企業は競合他社に比べ、株価収益率が2倍近く高い。従業員たちは労働市場における自らの価値を明確 ...