• 停滞するドイツ都市が「大企業に頼らず」成功した理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    人口減少、エリート人材不足、大企業依存ー日本の地方都市には問題が山積みだ。しかし、そんな問題を既に乗り越えた都市が、実はドイツに数多くあった。その中でも、日本が学ぶべき3つのモデルを紹介する。第3回は、かつて「中小企業は数多くあるが新しい成長産業が生まれない」と評されていたザクセン・アンハルト州の都 ...

  • 農業都市から産業集積都市へ 転換を可能にした「民間の力」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    人口減少、エリート人材不足、大企業依存──日本の地方都市には問題が山積みだ。しかし、そんな問題を既に乗り越えた都市が、実はドイツに数多くあった。その中でも、日本が学ぶべき3つのモデルを紹介する。第2回は、かつて農産物の集約都市として栄えたバーデン=ヴュルテンベルク州の都市、ハイルブロンの事例。食品会 ...

  • ドイツの眠れる都市を覚醒させた「コンパクトな街づくり」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    人口減少、エリート人材不足、大企業依存ー日本の地方都市には問題が山積みだ。しかし、そんな問題を既に乗り越えた都市が、実はドイツに数多くあった。その中でも、日本が学ぶべき3つのモデルを紹介する。第1回は、かつて「この地は、まるで眠っているようだ」と評されていたバイエルン州の都市、レーゲンスブルクの事例 ...

  • テロ、移民、同性愛 「時代を映す」カンヌ映画祭受賞作

    古谷 ゆう子 , CONTRIBUTOR

    11日間に渡り開催されたカンヌ映画祭が幕を閉じた。閉幕の2、3日前には、各国のバイヤーたちは一足先にカンヌを後にし、街は落ち着きを取り戻しつつあるように見えた。今年は、映画祭期間中にマンチェスターで悲しいテロ事件が起き、映画祭中盤から更に警備が強化された感がある。上映会場に入るためには、プレスパスの ...

  • 男性介護者が気をつけるべき6つのこと

    谷本 有香 , Forbes JAPAN 編集部

    介護を語る上で欠かせない言葉に、「2025年問題」がある。約800万人いる団塊の世代が、75歳を迎えるのが2025年。この歳を超えると、急速に介護や医療が必要になる人が増え、家族への負担も大幅に増えると予想されている。企業や社会にとって、その2025年を前に仕事と介護を両立させる仕組みづくりが喫緊の ...

  • 脱・働きやすさ、「女性の活躍」を目指す発想が諸問題を解決する

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フォーブス ジャパンは昨年12月、女性向けのライフキャリア支援事業を展開するLiBの協力のもと、日本最大規模の女性アワード「JAPAN WOMEN AWARD 2016」を発表した。“働きやすさ”ではなく“真の女性活躍”の促進・発信を目指す同アワードや ...

  • ジャパンタイムズの一面を変えた、同紙初の女性執行役員 大門小百合

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    働き続けるためにやむなくつくった「パートタイム・デスク」制度。記者やデスクに女性社員率が上がり、思った以上の変革が起きた。一面記事は、新聞の顔である。ジャパンタイムズに女性デスクが増えたことで、そこに、ある変化が起きた。待機児童、子どもの貧困、介護といった生活に密着した社会問題が、大きく取り上げられ ...

  • 社会問題を解くカギは「心と身体の健康」にあり

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「Wellness Award」を主催したFiNCの溝口勇児は、トレーナー出身という異色の経歴を持つ起業家だ。溝口は事業を通して、どのような社会を目指すのか─。働く人の心と身体の問題が、これほど社会的に大きな話題となった時代が、かつてあっただろうか。過重労働や過労死、高齢化と生産年齢人口の減少、膨張 ...

  • 審査員8人の講評 「私たちがこの起業家を選んだ理由」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本のスタートアップ業界に詳しい8人のランキング審査員が講評した「日本の起業家ランキング2017」の結果から、いまの起業家の潮流と現在地を読み解く。「“ダントツのトップ”と言ってもいいだろう」(あすかホールディングス・谷家衛会長) Forbes JAPAN「日本の起業家ランキ ...

  • 女性差別は「する側」の男性にも悪影響

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    米心理学会が発行する学術雑誌「ジャーナル・オブ・カウンセリング・サイコロジー」に、ある興味深い報告が発表された。新たな調査で、“男性らしさ”が男性の健康や幸福感に強く関連することが認められたというのだ。男性による差別が女性に害を及ぼすことは考えるまでもなく明らかだが、それが男 ...