• 「破壊」が必ずしも最高の戦略ではない理由

    Alastair Dryburgh , CONTRIBUTOR

    「なんでもかんでも破壊しよう」という風潮に、私は飽き飽きしている。ここで他者に先んじて異議を唱えたい。破壊が常に最善の戦略であるとは限らないのだ。この考えが私の中で確実になったのは先日、データ分析関連のソフトウエアを利用していた人たちと話していたときだ。彼らの経験は次のようなものだった。最初に、オラ ...

  • 人気上昇の「セルフィー動画」、コミュニケーションを破壊するか

    Annabel Acton , Contributor

    パーソナライゼーションは、トレンドではない。今後も消費者が求めるものとして、存在し続けるものだ。スニーカーでも自動車のラッピングでもネイルシールでも、消費者はさまざまなものを自分の好みに変えることができる。ここ10年ほどの間に、私たちが消費するコンテンツも徐々に変化してきた。コンテンツは従来、制作者 ...

  • 「破壊」の安売り、もうやめませんか?

    Vuki Vujasinovic , Contributor

    アジアで新規参入ブランドやスタートアップが盛り上がりを見せる中、業界全体が大きなコミュニケーション問題に直面している。新興企業に関するニュースは、メディアや世間の興味をかきたてる。業界の問題点や時代遅れの側面を見いだした個人やグループが、面白いアプローチで改革に乗り出した──。こうしたニュースは適度 ...