• 「自覚症状がないものを見える化したい」、若き研究者の描く未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    東大在学中に起業する道を選んだ二人の高橋氏、ジーンクエスト高橋祥子とナイル高橋飛翔。新進気鋭の起業家ふたりに未来はどう見えているのか。また、生涯をかけて解決したい課題はあるのか、語ってもらった。(第1回/第2回)高橋祥子(以下、祥子):私が今の事業で挑戦しているのは、ゲノムを中心にヒトの生命の仕組み ...

  • 企業と研究者をマッチングする「Science Exchange」 累計68億円を調達

    Alex Konrad , Forbes Staff

    エリザベス・アイアンズはかつて、マイアミ大学でがん治療を研究する博士研究員だった。遺伝子研究の難題に直面した際に、大学にその分野の専門家はおらず、高度に専門的な知識を持つ人材は地元には皆無だった。「こちらのニーズに合う、専門家の助けを得ることが非常に難しい。ふさわしい相手の居場所すらつかめない現実に ...

  • 「リアルな知識」だけが実務で意味を持つ [先駆者たちが語る 最高の失敗]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    研究者になって初めて“勝ち組”だ—。世界でも有数の大学院の博士課程で学ぶとき、そう言われるものです。一流の教育機関で研究者になって、後進の指導に当たる。つまり、大学に生涯を捧げるように求められるのです。この考え方は、まちがっていると思います。ただ、まだ若かった頃の ...