• NYに「砂糖の山」を出現させた菓子メーカーが伝えたかったこと

    Will Burns , CONTRIBUTOR

    砂糖の取り過ぎが良くないことは周知の事実だ。あまりに当たり前過ぎて、私たちはそのまま気にすることなく、真実ではないふりをしている。では、米国の9歳児は毎年、自分の体重と同量の砂糖を摂取していると言われたらどうだろう。とんでもない量だと思うはずだ。あるいは、米国の子どもたちが5分間に消費する砂糖の量は ...

  • 米で進む炭酸飲料離れ 新たなトレンド「クラフト飲料」とは

    Micheline Maynard , CONTRIBUTOR

    クリスピー・クリーム・ドーナツを所有するルクセンブルクの投資ファンド、JABホールディングは4月5日、米パネラ・ブレッド(Panera Bread)の買収を発表し、大きな注目を集めた。そのパネラ・ブレッドは少し前、米国の飲食業界で人気が高まりつつあるトレンドを受け入れる動きに出ていた。同社は3月末、 ...

  • 人工甘味料には「増量」効果? 脳への影響が原因か

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    人工甘味料については近年、数多くの科学的議論が行われている。減量の役にはあまり立たないという事実がその一因だ。むしろ人工甘味料は体重増加を招く可能性がある。2014年のある研究ではその理由として、人工甘味料が腸内細菌を変化させ、糖代謝の異常を引き起こすと示唆した。そして今回新たな研究で、人工甘味料が ...

  • ケロッグ初のカフェがNYに、シリアルのイメージ転換は吉と出るか凶と出るか

    Nancy Fink Huehnergarth , CONTRIBUTOR

    米食品大手のケロッグが7月4日、ニューヨークのタイムズスクエアに初のシリアルカフェ「ケロッグスNYC」をオープンする。カフェのメニューを手がけるのは、スイーツショップ「モモフク・ミルクバー」のオーナーでもある人気シェフのクリスティーナ・トシ。ボウル1杯、最高で8ドル(約820円)で販売する。メニュー ...

  • 世界的な「砂糖削減」傾向、最も影響を受ける飲料メーカーは?

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    巷では“砂糖断ち”ダイエットが流行し、サンフランシスコやフィラデルフィアなどでは炭酸飲料税が提案されている。イギリスでも炭酸飲料税の導入が計画されており、砂糖は今や国内外で攻撃にさらされている。シュガーフリーの未来は世界の人々のウエストサイズを縮めるのに役立ちそうだが、同時に ...