• 石油会社がカリフォルニアで「巨大ソーラープロジェクト」を行う理由

    Christopher Helman , Forbes Staff

    カリフォルニア州サンホアキン・バレーに位置するベルリッジ油田は、1911年に発見されて以来、17億バレルの原油を生み出してきた。ソーラー発電のおかげで、次の5億バレルはより環境にやさしい方法で採れるだろう。カリフォルニア州最大のガス会社アエーラ・エナジーは、22マイルの油田の真ん中で約2億5000万 ...

  • 我慢比べも限界か 「ゾンビ化」する米石油会社

    Christopher Helman , Forbes Staff

    一部の石油会社は、死の床にある。そして銀行は、病から逃れることができない──問題を抱えた石油会社に対する銀行の融資額が増加すると同時に、借り入れている石油会社の複数が、破たんに近づいている恐れがある。これらの石油会社に財務の改善が必要であることは言うまでもなく、米連邦破産法11条の適用を申請する可能 ...

  • 株価下落の米エクソンが自社株買いを中止 他社買収に備えか

    Christopher Helman , Forbes Staff

    米エクソンモービルが、およそ10年にわたって続けてきた自社株買いを中止したことが明らかになった。新たな買収を計画中である可能性が浮上している。2014年に積極的に自社株買いをしていたのなら本来、株価が25%下がった今こそ、さらに買い増してもおかしくない。その上、原油価格の動向にかかわらず投資を継続す ...

  • 米政権 石油業界を冷遇の理由

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    原油価格が1バレル当たり35ドル(約4,200円)を下回った。石油業界ではすでに10万人以上が解雇されたが、職を失う人はまだ増え続けている。オバマ政権はそれでも、米国経済にとって重要なこの産業の救済の可能性について、無言を貫いている。石油業界は現在、自動車業界が2008~10年に経験したのと少なくと ...