• 瞑想の「方法」で脳への影響に変化、複数組み合わせが有効か

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    脳を実際に変化させるのは、どのような精神活動なのだろうか。この点については、これまでさまざまな議論がなされてきた。過去の研究では、瞑想やマインドフルネスの練習を行うことで実際に脳の構造や機能、さらには行動や「その時々(瞬間ごと)の経験」も変化することが確認されている。ドイツの学術研究機関、マックス・ ...

  • 瞑想がキャリア向上に役立つ5つの理由

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    瞑想(めいそう)は何世紀にもわたり実践され、最古の記録はインドまでさかのぼる。しかし近年は、より厳しさを増す世界で幸福度を上げる方法として、世界中で爆発的に流行している。通勤途中で瞑想アプリを使うにせよ、早朝に浜辺でヨガをするにせよ、瞑想はこれまでになく身近な存在になっている。瞑想がこうして一般化し ...

  • ヨガ・瞑想の抗ストレス効果、遺伝子レベルで確認

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    瞑想やヨガ、太極拳のような「マインドボディー運動療法」と呼ばれる運動に実際に効果があるかどうか、まだ疑問に思っている人たちもいるだろう。だが、「心身介入療法」とも呼ばれるマインドフルネスや瞑想、ヨガ、リラクゼーション反応(ストレス度を下げる反応を促す行動)、太極拳、気功などは、私たちの遺伝子のレベル ...

  • 子どもが行う瞑想の効果は大? 成績向上やADHDの症状改善も

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    瞑想と子どもの脳の発達の関係についての研究は、大人の脳との関連性についての研究ほどは進んでいない。だが、マインドフルネスの練習を含め、子どもたちにとっても有効であることを示すいくつかの調査結果が示されている。大人たちにとって永遠の心配事の一つは、子どもに注意力があるかどうかだ。2004年に発表された ...

  • 「マインドフルネス」は私たちをどう変える? 「瞑想」との違いは

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    瞑想を始めてみようと考える理由はさまざまあるが、中でも多いのは、感情的(情動的)反応を抑制したいというものだ。最近では、「マインドフルであること(マインドフルネス)」あるいは「“禅である”こと」が、「(情動的に)反応しないこと、またはそうした反応を減らすこと」と同義語のように ...

  • 「遺伝子レベル」で免疫システムが向上? 瞑想による健康増進

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    瞑想がさまざまな形で脳や体をいい方向に微調整し得ることは、よく知られている。脳の特定の領域の密度を増加させたり、不安やうつを軽減させる効果や、免疫力を高める効果さえあることが示されている。もちろん、瞑想が具体的にどのように作用して、これらの効果をもたらすかは、完全には解明されていない。だが米精神医学 ...

  • ストレスを軽減する「マインドフルネス」、多くが実践する理由と効果とは

    Jeena Cho , CONTRIBUTOR

    私たちの非常に多くが、どうすることもできないほどの慢性的なストレスに直面している。例えば米国の弁護士の間では、アルコール依存症や薬物乱用に陥る人の割合が憂慮すべき水準に達しているという。また、不安神経症になる人が相当に多いことも分かっている。ストレス対処法や不安の解消方法としての「マインドフルネス( ...

  • 増える鎮痛剤依存症、痛みの緩和には「瞑想」の方が効果的?

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    先日、歌手プリンスの死因が合成オピオイドによるオーバードーズが原因と発表された。オピオイド系鎮痛薬の依存症が急増しているなか、米国では各種機関や専門家が、痛みのケアについて改めて考え直すよう呼びかけを行っている。慢性的な痛みは障害の主な原因になり、言うまでもなく心理的負担にもなる。それなのに、効果的 ...

  • 「脳」を健康に保つための7つの習慣〜行動編〜

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    私たちの体の中にある臓器の中で、圧倒的な重要性を持つ「脳」。その脳をいかに健康に保つかについて、私たちの間にはいくらかの誤解があるようだ。では、私たちの脳を助ける科学的証拠が示されているものとは何だろうか? すでに明らかになっている7つの習慣のうち、行動にまつわる4つを紹介する。[食事編はこちら]1 ...