• 寝室は一生パートナーと共有すべきか 定年退職までに考えたいこと

    Robert Laura ,

    定年退職後の生活設計において、「寝室」が話題に取り合上げられることはあまりない。そうした話は従来、タブー視されてきたところがあるからだ。多くの人たちが、「一緒に寝ないカップルは愛のない関係だ」「離婚も遠くないということだろう」などと推測する。フィナンシャルプランナーとして、クライアントの老後の計画に ...

  • 睡眠改善で仕事のパフォーマンス向上 良い眠りを得る5つの方法

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    睡眠と仕事のパフォーマンスとは、密接な関係がある。プロのアスリートなら誰しもが、休息が良い成績を残すためにいかに重要であるかを認識している。睡眠不足は認識能力を損ない、遅かれ早かれ仕事にも影響を及ぼす。キャリアコーチである私は、くたくたで燃え尽きた状態で相談に訪れたクライアントにはまず、毎晩どれだけ ...

  • 「眠りは技術」スリープテックから見る人類の可能性

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    健康な状態での「人生100年」を考えたとき、欠かせないのが「睡眠」の存在。睡眠不足による健康被害や生産性の低下など、社会課題としても注目されるテーマだ。この連載では全5回に渡り、さまざまな切り口から「ポストヘルス時代」の人類の可能性に迫る。(第1回はこちら>>)ニューロスペースは、誰もが ...

  • 眠れない? そんなときは「To-DOリスト」を書こう

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    寝付きが悪くて困っている人々に向け、ある「シンプルな習慣」で睡眠までの時間を短くできるという新たな研究が発表された。瞑想ではない。翌日にすべきことをリストにして書き出すのだ。To-Doリストを書くことで、脳は覚えておかなければいけない事柄を“放り出す”ことができ、それによって ...

  • 「寝る間を惜しんで」は逆効果 成功への近道は十分な睡眠

    Roger Trapp , Contributor

    トーマス・エジソンやアルバート・アインシュタイン、マーガレット・サッチャー、マルサ・スチュワートなど、数多くの成功者の睡眠習慣についての情報のおかげで、新参経営者たちの間では、1日たった数時間の睡眠でも自分は働けると主張することが流行のようになった。まるで睡眠は「弱虫」のものと言わんばかりだ。しかし ...

  • 「住む場所」は睡眠不足の一因に 睡眠に適切/不適切な米国の都市

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    成人には毎晩、平均7~8時間の睡眠が必要とされる。だが、全米の各地では多くの人たちが、それをはるかに下回る睡眠時間で暮らしている。米疾病対策センター(CDC)は2014年、必要な睡眠を取っていない成人の割合は3分の1を超えていると発表した。こうした中、睡眠衛生と健康・ウェルネスの促進を目指す非営利団 ...

  • 大麻の主な使用目的は「睡眠促進」、米一部地域で意外な調査結果

    Debra Borchardt , CONTRIBUTOR

    大麻には、「パーティー好きの人たちが集まり常習的に乱用している」というイメージが付きまとう。だが、先ごろ発表された調査結果が信頼できる指標になるものだとすれば、使用者の多くはそうした一般的な世間の見方とは異なり、ただ「眠りたい」だけなのかもしれない。米コロラド州デンバーを中心とするデンバー都市圏と隣 ...

  • 面白すぎる連続ドラマ、「一気見」が不眠症を誘発する恐れも

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    就寝前にお気に入りのテレビドラマを何話も続けて一気に見る「ビンジウォッチング」が、少なくとも睡眠に関しては好ましくないものであることが確認された。ビンジウォッチングによって、気持ちが何かに集中し、次の行動を起こす準備ができているという感覚を持たせる「認知的覚醒」の度合いが高まることが、眠れない原因に ...

  • 睡眠負債を溜め込まない! 質のよい眠りのために重要な3つの習慣

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    わずかな睡眠不足がまるで借金のように積み重なっていく「睡眠負債」。ガンや認知症など生命にかかわる健康被害のきっかけともなり、日々の生活の質を低下させていくさまが「NHKスペシャル」などテレビでも取り上げられ、大きな注目を集めている。1日6時間の睡眠を確保している人でも陥りがちだというこの睡眠負債を溜 ...

  • 「最高級の料理」×「究極の眠り」が生み出すもの

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    『滞在するレストラン』をコンセプトに、本格的にホテル業界に参入したひらまつ。ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ熱海は、全客室から相模湾を望める景観が魅力。当ホテルでは最高級の食とともにこだわったのが、究極の眠りの提供だという。その真意を同社代表取締役社長の陣内孝也が語ってく ...

  • 睡眠不足とウエストサイズの関連性、英調査でも確認

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    私たちには十分な睡眠が必要だ。この点については、科学的合意が形成されている。睡眠と肥満については過去にも関連性を示す研究結果が発表されているが、米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に先ごろ掲載された論文もまた、睡眠不足が私たちのウエストのサイズを増やすこと、体格指数(BMI)を上昇させる ...

  • 一流アスリートは半日眠る 睡眠不足は運動能力を下げるのか

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    スポーツ専門チャンネルESPNによれば、米プロバスケットボールNBAのレブロン・ジェームズは、1日平均12時間の睡眠を取るという。そうだとすれば、間もなくファイナルが終了する今シーズンの期間中も、ジェームズは半分の時間を眠って過ごしていたということになる。一方、世論調査の米ギャラップが2013年に発 ...

  • 「睡眠」は新たなエクササイズ? 英スポーツジムが新プログラム

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    あなたはこれまでに、何人もの知らない人たちと一緒に眠りたいと思ったことがあるだろうか?それもスポーツジムで、お金まで払って──。ロンドン南東部シドカップにあるスポーツジム、デービッド・ロイド・クラブでは、60分間の「ナパサイズ(Napercise)」クラスを開催している。4月27日の時点では無料の体 ...

  • 寝不足は職場の問題行動を誘発 「モラルの低い人」は特に注意

    Andrew Cave , CONTRIBUTOR

    上司に言わずにこっそり早退した。規定の時間より長く昼休憩を取った。同僚に失礼な態度を取った。昨夜はあまりよく寝られなかった──。これらの出来事は互いに関係しているのだろうか?オランダの研究チームは、関係があると考えている。エラスムス大学ロッテルダム経営大学院の最近の研究により、前日の夜によく眠らない ...

  • 赤ちゃんが爆睡する「革命的ベビーベッド」 フォードが開発中

    Jordan Passman , CONTRIBUTOR

    なかなか寝てくれない赤ちゃんに苦労している親は多いだろう。親自身も睡眠不足と闘いながら、子守唄を歌ったり、抱っこしたまま家の中を歩き回ったり、あらゆる寝かしつけの方法を試しているはずだ。そして数ある方法の中で、ドライブほど有効なものはない。先日、スペインのフォードが公開した「Max Motor Dr ...

  • 世界に「睡眠革命」を起こすピーター・ティールの愛弟子

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    眠りこそが、人類共通の至福にして、永遠の悩み──。寝具サイト「Casper(キャスパー)」が7000万ドル調達するなど、今、安眠法や寝具を提供する睡眠ビジネスが注目を集めている。「Hello(ハロー)」もその一つだ。ジェームズ・プラウド(25)が立ち上げた同社は、睡眠導入デバイス「Sense(センス ...

  • 睡眠専門家が教える「パーフェクトな昼寝」のための6カ条

    Quora , CONTRIBUTOR

    パーフェクトな昼寝をするための条件とは、どういうものなのだろうか。創業50年の歴史を誇り、世界30ヶ国以上で商品を展開する寝具メーカーVita Talalayの睡眠専門家、リンダ・バウムガルトナーは次のように答えた。1.眠る前にまず「起きた後に仕事の生産性を上げるために昼寝をするのだ」と自分に言い聞 ...

  • 太らず年末年始を乗り切るカギは「十分な睡眠」 食欲抑制に効果あり?

    Rita Rubin , CONTRIBUTOR

    年末年始の休み中に「食べ過ぎないための方法」はいくつも紹介されている。きっとあなたも、色々な情報を得ていることだろう。例えば、朝や昼の食事を抜かないこと、お皿の半分には野菜料理を盛り付けること(野菜でもチーズソースたっぷりのものは避けること)などだ。その他にも、水を飲むことなどがある。私たちは、喉の ...

  • 睡眠の質を可視化して、眠りの質を磨く「アプリ」が登場

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    錦織圭や浅田真央など、トップアスリートをはじめとする眠りにこだわる人が愛用していることで知られるエアウィーヴ社が開発した睡眠アプリが評判を呼んでいる。絶え間ないイノベーションの連続によって、エアウィーヴを世界的企業に押し上げた同社会長・高岡本州に、サービス開始に至るまでのストーリーを聞いた。例えば、 ...

  • 昼寝はすべきか否か 日中の眠気について知っておくべきこと

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    日中に意識がもうろうとするほどの眠気に悩まされている人にとっては、「眠るべきか起きているべきか、それが問題だ」──。夜きちんと眠れていないとき、職場であれどこであれ、居眠りしそうになるのを我慢するのは至難の業だ。堂々と「寝てしまおう」と思ったのであれ、我慢しきれずに眠りに落ちてしまったのであれ、眠っ ...

  • 生活習慣をアプリで「見える化」、病気の芽を教える先制医療

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    あるバーベキューパーティーでのこと。「ちょっと指を貸してもらえます?」。ハーバード大学医学部客員教授の根来秀行は私(筆者)の人差し指をとると、指紋を採るように、スマートフォンのカメラ部分に当てた。フラッシュが指先を照らして約1分。スマホの画面に出てきたのは、自律神経の測定値だという。「平均値の半分以 ...

  • 裸で眠ると健康でリッチになる、その4つの理由とは

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    裸で眠ると熟睡できてお金が貯まり、ストレスが減り、体重も減る──そう言われたら、あなたはどうするだろうか。これらの効果を得るための方法は、数えきれないほど紹介されている。だが、裸で眠ることより簡単に実行できるものはない。さらに、裸で眠ればその他の効果も得ることができる。実際に裸で眠っているという人は ...

  • 女性が男性よりも不眠がちになる理由は「体内時計の設定」にあった

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    女性は男性よりも不眠に悩まされる傾向があり、年齢を重ねるとその傾向はさらに顕著になるようだ。だが性別による違いの理由は、はっきりとは解明されていない。新たに発表された研究では、通常の条件下における男女の睡眠・覚醒サイクルを検証。健康な個人の差を理解することで、なぜ女性の方が睡眠に問題を抱える傾向にあ ...

  • 不眠がちな人が試してみるべき2つの解決法

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    いま大きな注目を集めているのが“睡眠”だ。睡眠は研究対象のトップ3に入っており、“睡眠産業”は数十億ドル規模に急成長している。だが睡眠産業が上手くいっている一方で、私たちは十分な睡眠をとることができていない(だからこそ同産業が好調なのだが)。さまざまな ...

  • 中国製いびき防止ガジェット、39ドル アプリで睡眠記録も管理

    Coco Feng , CONTRIBUTOR

    一見、Bluetoothイヤホンのように見えるこの製品は、実はイヤホンではない。これは、いびきに悩む人が耳に装着すると、いびきを検知した際、音や振動を発していびきを抑制する「いびき防止ガジェット」だ。「Snore Circle」というこの製品は、中国深圳市を本拠とするテクノロジーのスタートアップ、V ...

  • アリアナ・ハフィントンに学ぶ「睡眠の力」 習慣化ですべてが変わる?

    Jeena Cho , CONTRIBUTOR

    世界で最も影響力のある女性のひとり、アリアナ・ハフィントンは、私たち人間にとって根本的に重要なものであるにもかかわらず、軽んじられたり、見過ごされたりしていることをとても大切にしている──毎日の睡眠だ。彼女が睡眠の重要性に気付いたきっかけは何だったのだろうか。ニュースサイト「ハフィントン・ポスト」の ...