• AIを使って「病院の行列」問題は解決できるのか

    川ノ上 和文 , CONTRIBUTOR

    中国の医療事情を表す言葉に「看病难,看病贵(診察を受けるのは難しく、そして高い)」という表現がある。中国ではいま、都市部を中心に大病院への医療資源集中が起こっており、患者たちは診療環境の劣悪さに悩まされている。医療従事者を取り巻いた職場環境も未整備な側面が多い。加えて、病院の過度な商業化、医薬品の高 ...

  • 理想の病院を閉院させた落とし穴

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    医療過誤を防ぐ画期的なコンピュータソフトが、予期せぬ結末を招いた。まず、医療過誤が起きるメカニズムについて説明しておこう。医師は患者の話を聞きながら30秒以内に診断仮説を立てる。次に、自分の立てた仮説を肯定できる情報を探す。逆にその仮説を否定する情報は無視される。つまり診断は医師の直観、あるいは先入 ...

  • 遠隔診療「ポケットドクター」1万人を、世界に

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本の医学の最高峰・東京大学医学部。その中にある食堂や医局に一人潜伏し、5,000人以上の医師と面談を続けた男がいる。医療従事者の人材紹介サービスで成長しているMRT代表取締役社長の馬場稔正だ。馬場自身は医師ではないが、大学時代に交通事故で生死を彷徨った末、医師に命を救われた経験から、大学卒業後、病 ...

  • 何を基準に選ぶべき? 医師が教えるクリニックの選び方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ちょっと病院に行きたいーそんな時、あなたは何を基準に病院を選んでいるだろうか? 自宅や勤務先からの通いやすさ? 夜8時まで開いているから? 子供の頃から通っているから? 患者は何を基準に病院を選べば良いのか、医師500人に聞いた(複数回答)。回答者全体のうち84.0%の医師が選んだのが「通院しやすさ ...

  • 現役医師621人が選ぶ「名医も行きたい病院」ランキング

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    毎年、メディアで術例数をもとにした「病院ランキング」が発表されるが、本当にそれだけを頼りに病院を選んでよいのか? 医療のプロたちが病気になったら、どのような病院を選ぶのか?「Forbes JAPAN」は今年7月、医師専用会員制サイトを運営するメドピア(東京都)の協力を得て、全国の現役医師621人にア ...

  • IoTセンサーの「Helium」社が22億円調達 工場や病院での利用を拡大

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    サンフランシスコに本拠を置くIoTセンサーのスタートアップHeliumは、 GV(旧グーグル・ベンチャーズ)が主導したシリーズBラウンドで2,000万ドル(約22億円)を調達した。これで同社が調達した資金総額は約4,000万ドル(約44億円)に達する。出資を機にGVのパートナーであるアンディ・ウィー ...

  • 「医者になりたかった」ホーム・デポ創業者 病院に84億円寄付

    Natalie Sportelli , FORBES STAFF

    ホーム・デポの共同創業者、バーナード・マーカス(Bernard Marcus)は、ジョージア州アトランタを拠点とするコミュニティーホスピタル「ピードモント・ヘルスケア(Piedmont Healthcare)」に、自身の慈善事業財団「マーカス財団(The Marcus Foundation, Inc ...