• 逼迫する英語需要に応えるビジネス英語学習のスペシャリスト

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今や「話せない」では済まされない英語。「では、語学学校に通えばいいのか」の疑問に応えるのが、「本当に使えるビジネス英語」に特化したブライチャーだ。フィリピン・セブ島での合宿と、新設する東京校を併用。米アップル社で管理職を務めた経験から、CEO自らが編み出した独自のカリキュ ...

  • 「留学生が選ぶべき米国の大学」上位50校、フォーブスが初公開

    Caroline Howard , FORBES STAFF

    米国の大学で学ぶ外国人留学生の数が急増している。米国際教育研究所(IIE)によると、昨年は過去35年間で最大の伸び率を記録。およそ100万人に達した。他国からそれほど多くの学生たちが米国にやってくる理由は、想像に難くない。米国の大学は数多くの億万長者、ノーベル賞受賞者、革新的な起業家、政治や芸術、科 ...

  • スポーツ留学をビジネス化の台湾人起業家 有力選手の海外進出を促進

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    台湾や中国といったアジアの国々では学歴が一生を左右すると信じられている。子供たちは学校のテストで進路をふるい分けられ、両親は子供をいい大学に入れようと、勉強漬けにさせる。一方でバスケットボールのスター選手、ヤオ・ミン(姚明)やジェレミー・リンはスポーツで名を上げ、中国で有名人になった。チェン・ホーは ...

  • 海外留学生数は世界1位 急拡大する中国人のグローバル消費

    Joel Backaler , CONTRIBUTOR

    中国企業の存在感がこれまで以上に高まっている。今年5月時点で中国企業による海外企業の買収総額は1,110億ドル(約11兆3,500億円)に達し、すでに2015年通年の1,080億ドル(約11兆400億円)を上回った。そして、中国の企業だけでなく中国人消費者も急速にグローバル化している。中国人の海外旅 ...

  • 中韓と比べると少なすぎる日本人の米国留学生[グレン・S・フクシマの知彼知己]

    グレン・S フクシマ , CONTRIBUTOR

    2015年12月、私は日米関係の一つの時代の終わりを象徴する2つのイベントに出席した。1つ目はスタンフォード大学の名誉教授で、15年7月に77歳で亡くなった青木昌彦教授の生涯を記念するスタンフォード大学での会議。2つ目は、コロンビア大学の日本政治の専門家、ジェラルド・カーティス教授の75歳での引退を ...

  • 海外留学も「爆買い」の中国ミドル層 関連サービスが活況

    Steven Bertoni , FORBES STAFF

    中国のミドルクラスは豊かになり、そして世界に飛び出している。中国人の旅行関連支出は2020年までに2,000億ドル(約22兆4,000億円)に達し、米国市場を超えると予測されている。旅行ブームの次に期待されるのが、中国人の海外留学ブームだ。留学生の住居を仲介するStudent.comは10日、VYキ ...