• サッカー界のあり得ない賃金格差 ネイマール年俸は女子選手1700人分

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    男子代表チームより多額の収益を上げている米国の女子サッカー代表チームの選手らが得る報酬は、男子のおよそ4分の1だ。ホープ・ソロをはじめとする五輪で金メダルを獲得した女子選手たちが2016年4月、男女の賃金格差の是正を求めて米サッカー協会を雇用機会均等委員会に訴えたのは、そのためだ。だが、問題の解決は ...

  • カンヌの受賞歴から見える、映画界に根付く男女格差

    古谷 ゆう子 , CONTRIBUTOR

    一度耳にして以来、忘れられない数字がある。フランスで最も権威ある国立映画学校「フェミス」では、卒業時、男女の学生はほぼ半々。だが、実際に映画監督として活動している女性の割合となると、その数字は24%にまで下がる、というのだ。つまり、映画監督を目指す女性は男性と同じだけいる。だが、そこから先に&ldq ...

  • 男女の賃金格差 解消の鍵は「父親の育児休暇」

    Shellie Karabell , CONTRIBUTOR

    世界経済フォーラムの「ジェンダー・ギャップ・レポート」によれば、男女間の賃金格差はこの1年で拡大しており、この状況が続けば格差の解消には170年もの時間がかかるといわれている。しかし、その格差解消の鍵を握るのは必ずしも「企業」とは限らないようだ。2006年に始まった同レポートは、144か国を対象に教 ...

  • 米企業の「多様性」に関する取り組み、現状と見え始めた変化とは

    Paolo Gaudiano and Ellen Hunt , CONTRIBUTOR

    販売・マーケティングに関するソリューションや情報を提供する米ディスカバーオーグ(Discoverorg)とフォーチュン誌が共同で実施した調査の結果、米国企業がいまだ、男女平等の実現とは程遠い状態にあることが分かった。売上高の多い米国の企業上位1,000社、「フォーチュン1000」に入る各社のウェブサ ...

  • 女性芸能人はなぜ稼げないのか? 世界のセレブリティ番付、根強い格差浮き彫りに

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    ここ1年間で最も稼いだ世界のエンターテイナーをランク付けしたフォーブスの「グローバル・セレブリティ100」では今年、米歌手のテイラー・スウィフトが1位に輝いたが、ランク入りした女性は彼女を含め15人のみだった。残り85人の男性の収入総計が42億ドルだったのに対し、女性の総計は8億9,250万ドル。こ ...

  • 「女性活躍度が最低な企業」に日産が選出 米リサーチ団体調査で

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    米国のリサーチ団体、レッド・ベター(LedBetter)は企業の男女平等比率を示す新たな指標を作成した。企業の経営陣や取締役会における女性の起用率を表す「レッド・ベター・男女同権インデックス(LedBetter Gender Equality Index)」だ。この指標は人気の消費者ブランド約2,0 ...

  • 会議にもCSRにも? 女性管理職が企業にもたらすプラスの効果

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    国際経済問題について分析・政策提言を行う「ピーターソン国際経済研究所」は今年2月、ある報告書の中で「女性を管理職に起用する企業は収益性の向上が見込める」との見解を示した。このトピックについては、そのほかの複数の研究も同様の結論を示している。だがそれだけではない。20を超える国で行われた87の研究の分 ...

  • IT業界の「女性の給料低すぎ」 アマゾンを告発した女性投資家

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    アマゾンとエクスペディアの2社は、従業員の男女間の給与格差を縮小する意向を立て続けに表明した。アマゾンは同社の女性従業員の給与は男性の99.9%で、既にほぼ同水準になっていると主張している。ただし、アマゾンの女性社員数は全体の39.9%にとどまっている。エクスペディアは男女同一賃金ポリシー及び目標を ...

  • 男女の賃金格差が著しい職種 米国のワースト10が判明

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    男女の賃金格差が問題視され、改善に向けての議論が続く状況に大きな変化はみられない。その格差について先ごろ実施された調査の結果、職種によって、男女の賃金差にはさらに大きな開きがあることが分かった。米キャリア情報サイト、グラスドア(Glassdoor)が発表したデータによると、同国の男女の賃金格差は24 ...

  • テック業界で働く女性にやさしい米国の都市ランキング、SmartAssetが公表

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    テクノロジー業界の成長が続くサンフランシスコは、男性が生計を立てるのには最適の場所だ。グーグルやフェイスブック、ツイッターをはじめとするテクノロジー大手の大半は、管理職の82%を男性が占める。そのため彼らは、煩わしい男女の賃金格差の問題に気を遣う必要もない。学士以上の学位を取得している男性は、同じ職 ...