• 英国男女の賃金格差、アマゾンが最悪レベルであることが判明

    Russ Espinoza , CONTRIBUTOR

    英国では2017年4月に施行された法律により、従業員250名以上の企業は、男女間の賃金とボーナスの格差を毎年公表することが義務づけらた。その提出期限の4月4日を前に、大手のメディア企業やIT企業らが各社の数値を公開した。3月31日、ディズニーやアマゾン、NBCユニバーサルらが男女の賃金格差の実態を明 ...

  • 仕事の探し方に男女差、主な原因は「離職理由」

    Georgene Huang , CONTRIBUTOR

    求職中の人は誰でも、次に働く職場の文化や給料、役職、仕事の内容といったことに特に注目しながら情報を集めているだろう。これらが共通の関心事であることは明らかだ。だが、仕事を探す人たちにはこれら以外にも重視する点がある。そして、それらには性別によって異なる。米フェアリーゴッドボスが行った調査の結果、特に ...

  • 「一夜限りの関係」に潜む長期的リスク、米市民の3割が直面

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    配偶者やパートナーとの間に、お互いを「裏切らない」関係が確立していれば、または相手が浮気をしたことがあるかどうかを知っていれば、自分にとってはそれで十分だと考える人もいるかもしれない。だが、先ごろ米国で行われた調査の結果から見ると、私たちにとってはそう考える以上に、パートナーが「一夜限りの性的な関係 ...

  • 女性に対する男性の交渉姿勢、トランプ当選で攻撃的に 6つの対処法

    Avery Blank , CONTRIBUTOR

    昨年の米大統領選以降、女性に対する男性の交渉スタイルがより攻撃的になっていることが、ペンシルベニア大学ウォートン校のコリーン・ロー助教授らの研究により明らかになった。トランプ大統領の名前にあやかり「トランピング・ノームズ(打ち負かす典型的行動様式)」と題された論文にまとめられた研究結果は、米経済誌ア ...

  • 財布のひもを握るのは誰? 別れる男女の意見

    Kate Ashford , CONTRIBUTOR

    家族の中で、「財布のひも」を握っているのは誰か。この点について、男女の意見は大きく分かれているようだ。各社のクレジットカードに関するさまざまな情報を提供するサイト、クレジットカード・ドットコム(CreditCards.com)が11月末に公表した調査結果によると、夫や男性パートナーと暮らす女性の68 ...

  • 女性差別は「する側」の男性にも悪影響

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    米心理学会が発行する学術雑誌「ジャーナル・オブ・カウンセリング・サイコロジー」に、ある興味深い報告が発表された。新たな調査で、“男性らしさ”が男性の健康や幸福感に強く関連することが認められたというのだ。男性による差別が女性に害を及ぼすことは考えるまでもなく明らかだが、それが男 ...

  • 「多様性」に関する企業幹部の認識、男女で大きな差

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    企業の従業員や取締役が多様性に満ちている方がより堅調な業績を達成する、という調査結果が一貫して示されているにも関わらず、企業におけるダイバーシティの捉え方はまちまちな状態が続いている。監査法人プライスウォーターハウスクーパース(Pwc)が取締役を対象に行った調査報告によれば、取締役のメンバーは多様な ...

  • 女性はより積極的で、男性はより受動的? 仕事における男女差の真実

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    男性と女性では職場での姿勢に違いがあることは、これまで複数の研究によって示されている。たとえば男性はよりリスクを取り、出世や昇給を求める傾向が強いのに対して、女性はよりチームの一員として仕事をする傾向が強い。だがそうした違いの多くは、生物学的な特徴に基づくものではない可能性が十分にある。それよりも、 ...

  • 男女の賃金格差、ほぼない職種も 米調査結果

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    米国で男女の賃金格差が非常に大きいことはよく知られている。格差は間違いなく存在しており、この問題に対応しているという企業・組織は個々に、それぞれの方法で対応を進めている。ただ、その改善は耐えがたいほどに遅々としたペースで進んでいるにすぎない。情報源は多数あり、そうした差額を正確に知ることは難しい。た ...

  • 数年後のスタンダードを描く、プラダの「性の均等化計画」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2010年秋冬以降のメンズコレクションで、レディスのルックが占める割合ー19.6%(119607)「プラダ」はファッションビジネスにおいて、欠かすことができない重要なブランドだ。その理由は明快で、「プラダ」が提案する服には、我々人類の未来予想図が描かれているからだ。それは流行となるプロダクトであった ...