• 食事とパフォーマンスのつながりとは? すぐにできる簡単なこと

    平井 孝幸 , Official Columnist

    健康経営に取り組んでいて不思議に思うのは、20代や30代の若手に、健康状態がよくないことでパフォーマンスが下降傾向にある人が少なくないことです。IT企業で最も多い原因は、腰痛や肩こりといった身体的な痛みや違和感。次いで、睡眠に関する悩みやストレスにより集中力が低下しているという人が多いようです。その ...

  • 「1日4時間労働」が理想的な理由

    Brianna Wiest , Contributor

    ストレスが限界を超えた時、最後の手段となるのが、仕事量を減らすことだ。だがこれこそが、より多くの成果を上げ、生活のバランスを維持するための鍵なのかもしれない。これに関することは、企業の管理職も気づき始めている。人間の脳と身体は、より短時間に多く働かせることで、機能が高まるのだ。イリノイ工科大学の科学 ...

  • 職場で生産性を上げる5つの方法

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    従来型のオフィス環境で働いている人なら、仕事中の大半をデスクに座って過ごしていることだろう。社外ミーティングや所用による外出などで日中オフィスから出る人もいるだろうが、そのような用のない人にとっては、勤務中に体を動かすことはかなり難しい。体をアクティブな状態に保つことは、生産性向上につながる。この問 ...

  • コーヒーで生産性を最大化! カフェとカフェインの驚異的効能

    Adi Gaskell , CONTRIBUTOR

    世界中のどこにいても、大都市のカフェでは、ノートパソコンを前にしてせっせと働いている人が多く見られるだろう。これは増大中のトレンドだ。ノルウェー科学技術大学のチームは近年行った研究で、こうした新たな働き方がカフェ業界にもたらす大きな影響に焦点を当てている。同チームはノルウェーやオーストラリア、英国、 ...

  • 生産性を上げるにはどうすれば? 驚くほど簡単な10の方法

    Noma Nazish , Contributor

    幸福と同じくらい達成困難なことがあるとすれば、それは生産性の改善だ。しかし、幸せになることと同じように、生産性の改善方法はそれほど複雑ではない。重要なのは、より懸命に働くことではなく賢く働くこと。生産性を最大化する効果が実証されている次の10のコツを実践しよう。1. 定期的に休憩する仕事の間に短時間 ...

  • 生産性の高い人が持つ6つの特徴

    Jack Zenger , CONTRIBUTOR

    生産性の高い人とそうでない人を隔てる差は何だろう?また、同じ人でも日によって生産性に差があるのはなぜだろう?私と同僚のジョゼフ・フォークマンは、生産性を上げる行動が存在するのかどうかについて疑問を持った。もしそのような行動が存在すれば、それを巧みに実践することで、あらゆる人の生産性が向上するかもしれ ...

  • テクノロジーは不要 生産性を向上する13の方法

    Ann Latham , CONTRIBUTOR

    生産性を上げるためのツールといえばまず、アプリケーションなどのテクノロジー系ツールを思い描くだろう。残念ながらアプリケーションは、生産性を大きく向上させるための方法ではない。実際のところ、テクノロジーは時間を節約するよりも浪費する場合の方が多い。以下に、私がお勧めする13の生産性向上方法を紹介する。 ...

  • 「起きたらメール対応」はNG 生産性を倍増させる朝の習慣

    Mark Murphy , CONTRIBUTOR

    毎朝目が覚めて、最初にしていることは何だろう。電子メールやボイスメールの確認だろうか。それとも、生産的な1日を送るために達成すべきことを明確化するべく、少し時間を取って計画を立てているだろうか。起床してすぐ携帯電話を手に取り、メールの確認をしている人は多い。しかし、この反射的な行動により、非常に非効 ...

  • 政府が春闘で目指す「3%の賃上げ」は合理的か?

    伊藤 隆敏 , CONTRIBUTOR

    政府が春闘で産業界に要請する「3%の賃上げ」。この動きの背景を読み解くことを入り口に、「労働者の生産性」に着目して、本来あるべき賃上げの理想形を考える。安倍政権は、春闘における賃上げ率が3%になるように、経団連などに働きかけている。これは、インフレ率2%を達成してデフレ脱却を確実なものにするためには ...

  • 「寝る間を惜しんで」は逆効果 成功への近道は十分な睡眠

    Roger Trapp , Contributor

    トーマス・エジソンやアルバート・アインシュタイン、マーガレット・サッチャー、マルサ・スチュワートなど、数多くの成功者の睡眠習慣についての情報のおかげで、新参経営者たちの間では、1日たった数時間の睡眠でも自分は働けると主張することが流行のようになった。まるで睡眠は「弱虫」のものと言わんばかりだ。しかし ...

  • 「仕事効率向上」ツール、乱用で年間32日が無駄に

    Larissa Faw , Contributor

    アプリケーションの過剰利用により、デジタル業務は大きな変化を経験している。スラックやエバーノート、グーグルドライブ、ドロップボックスなど、多くの職場向けアプリ/ツールの投入により、時間管理からリスト作成まであらゆる作業の効率がある程度改善される一方で、業務フローと生産性に混乱が生じているのだ。私の以 ...

  • マルチタスクは非効率的 成功のための正しい作業方法とは?

    Ian Altman , CONTRIBUTOR

    運転中に携帯を手にしてメールや会話をしてはいけないことは誰もが知っているが、運転しながら仕事について考えたり、高速料金を払う小銭を探したり、さらには昼食を取ったりしている人はどれくらいいるだろう?「ながら運転」が完璧にできていると感じても、実際には運転だけに集中しているときと比べてはるかに危険である ...

  • 生産性を高められない日本の「盲点」

    伊藤 隆敏 , CONTRIBUTOR

    相次いで発表されたメガバンクの人員削減。少人数で、品質を保つには、生産性の向上が欠かせない。フィンテック先進国・アメリカを例に、「生産性革命」の本質を問う。銀行業界の人員削減計画が話題だ。10月28日、みずほFGが、今後10年程度で、1.9万人の人員削減を計画していると発表した。6万人規模から4万人 ...

  • 部下の軽視が生産性低下につながる訳

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    私は先日、異なる業界の会社で働く2人と似たような議論を交わした。その内容は、自分がなぜ会社のために“役割以上の努力” をしなかったか、ということについてだった。2人とも賢く勤勉でプロ意識があり、非常に良い社員だ。しかし、2人が活力とやる気を失い、不満と怒りを感じるようになった ...

  • 仕事中の活力をあげる4つのコツ

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    仕事が不調なときは、どれだけコーヒーを飲んでも役に立たないこともある(私は既に経験済みだ)。だが幸運にも、仕事中の活力を上げ、生産性を向上させる方法はある。コピーライティング企業とキャリア指導企業の経営者として、私は非常に多くの仕事を抱えている。自分の仕事が好きなので、それが原動力となっているのは確 ...

  • 生産性のカギは食にあり 1日を最大限に活用するための食事法

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    この記事を読んでいる皆さんはおそらく「あなたは自分の食べたものでできている」という言葉を聞いたことがあるだろう。昔からの格言にはそれなりの根拠があり、この言葉にも一理ある。しかし、食生活が仕事と生産性に大きな影響を及ぼすと考えたことがない人は多いかもしれない。私たちは食べたものでできているだけでなく ...

  • 生産性を奪う夏 暑さで効率が上がる作業とは

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    今年も夏の盛りが到来した。もし生産的に仕事をこなす計画が立て続けに失敗しているのなら、その原因は天候にあるかもしれない。記録破りの猛暑が当たり前となったこの恐ろしい時代、気温上昇が創造的な仕事にどんな影響を与えるのかを考えてみる価値はある。答えは端的に言えば「悪影響」だ。バージニア大学とヒューストン ...

  • 職場で避けられない「仕事の邪魔」との付き合い方

    Mark Murphy , CONTRIBUTOR

    職場で何度も仕事を中断させられ、嫌な思いをしたことはないだろうか。時間管理に関するオンライン調査に寄せられた6,000件以上の回答を分析した結果、全体の71%が、仕事中に頻繁に作業を中断させられることがあると回答した人した。外的要因を一切遮断して仕事に集中できると回答した人は、わずか29%だった。も ...

  • 「自宅勤務のプロ」に聞く、仕事の生産性を向上させる8つのヒント

    Kate Ashford , CONTRIBUTOR

    米求人情報サイト、フレックスジョブス(FlexJobs)が8月末に発表した調査結果によれば、最も生産的に仕事をできる場所としてオフィスを挙げた人は、全体のわずか7%だった。とはいえ、自宅で仕事をしていても、洗濯物がたまっていたり家族に用事を頼まれたりと、同じように気が散るものだ。そこで自宅勤務のプロ ...

  • FB共同創業者が生んだプロジェクト管理「Asana」が支持される理由

    Alex Konrad , Forbes Staff

    フェイスブックの共同創業者であるダスティン・モスコビッツは、「世界中のあらゆる組織の生産性を5%高める」という目標を掲げて2008年にAsanaを創業した。それから8年が経ち、Asanaはプロジェクト管理ツールの分野でトップクラスのシェアを獲得。現在の顧客数は140,000社(このうち13,000社 ...