• 「エコ」をセクシーに、シンガポールから始まる新たな試み

    小川 麻奈 , Official Columnist

    ここ最近、ビジネスの世界でも、環境に配慮した取り組みに関する話題をよく耳にするようになった。スターバックスがプラスチックストローの使用を廃止するといったニュースや、欧州などでは法律でプラスチック袋の使用を規制する動きも見られる。一方、シンガポールではそうした取り組みはまだまだ道半ばだ。大手メディアの ...

  • 「エコ文明」目指す中国、温暖化問題の救世主となるか?

    Jake Hayman ,

    中国は、世界で最も二酸化炭素排出量が多い国だが、世界規模の排出量削減に向けた取り組みの最初の経由地になるかもしれない。中国に対しては、地球温暖化問題に取り組む国際NGOや慈善事業の注目が集まっている。莫大な人口を抱え、世界の製造業の中心地である広東省を擁する中国では、長年にわたり続く非効率な電力使用 ...

  • 廃棄ペットボトルをシャツ素材に、米ブランド「GANT」の挑戦

    Amy Feldman , FORBES STAFF

    海から回収されたペットボトルを原材料に用いた衣類なら、少し高めの金額を払ってもいいと思うだろうか? 衣料メーカー「GANT」はそんな顧客を見込んだ賭けに出た。GANTは廃棄ペットボトルを用いた、男性向け及び女性向けシャツのラインナップを発表した。「Tech Prep」と名づけられたそのシャツの素材に ...

  • 華やかな美容業界に潜む5つの社会問題

    朝吹 大 , Official Columnist

    美容業界に携わっている人は、圧倒的に女性が多い。美容を仕事とする側もユーザーも女性が中心の業界である。一見華やかなこの業界にも社会問題はある。今回は近年気になる問題を5つ取り上げてみようと思う。いまの商業形態は限界か?欧州などと比べ、日本では日曜祭日も通常営業、百貨店やショッピングセンターにいたって ...

  • 中国が異次元の「環境規制」 数万カ所の工場が操業停止に

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    中国はこの数カ月で数万の工場を閉鎖し、かつてない勢いで汚染対策に取り組んでいる。国をあげた環境対策は、製造業に広範囲な影響を及ぼしている。環境保護当局の監査で、中国の全工場の40%が少なくとも一時的に閉鎖されたとの試算もある。また、監査の結果、8万カ所以上の工場が罰金や刑事罰を受けた。当局は監査時に ...

  • 「少子化」が地球温暖化を防ぐ スウェーデンの研究者らが主張

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えるにあたり、最も有効な手段の一つとなり得るのが「少子化」だという研究結果が発表された。スウェーデンのルンド大学の研究チームらはCO2の削減にあたり、なるべく小さな家族を持つことが推奨されるとの論文を発表した。研究チームは「地球温暖化の主要因は大気中の温室効果ガスの蓄 ...

  • 「ビーフよりチキン」も環境保護に、節約して貢献する7つの方法

    Kate Ashford , CONTRIBUTOR

    ドナルド・トランプ米大統領は6月、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」からの離脱を発表した。そして、この決定を支持する米国民は全体の3割に満たないことが、AP通信社・全国世論調査センター合同公務調査センターの調査によって明らかになっている。また、ギャラップ調査によれば、地球温暖化の影響を懸念する ...

  • 米国のパリ協定離脱 口実にされたビジネス界が一斉に反論

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    ドナルド・トランプ大統領は先週、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から米国が離脱すると発表した。米企業の支援と支持者層の要求を満たすことを目的とした、極めて後進的な動きだ。トランプの視野が非常に狭いことはすぐに明らかになった。発表の際、トランプは「私はパリではなく(かつて炭鉱産業で栄えた)ピッ ...

  • 「共生」という思想を超えて[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

    田坂 広志 , CONTRIBUTOR

    1977年にノーベル化学賞を受賞した、イリヤ・プリゴジン博士が、かつて、その著作の中で、次の言葉を述べている。我々人間は、自然から生まれて、なお、自然の一部である。この思想は、21世紀において、極めて重要な思想となっていくだろう。なぜなら、我々は、永く続いた欧米文化の影響で、「自然」と「人工」という ...

  • 2017年版「環境に最も有害な車」12モデル

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    どんな話にも、始まりと終わり、陰と陽という2つの側面がある。米国エネルギー効率経済協議会(ACEEE)は今年も、環境に最も優しい車12モデルに加え、環境に最もつらく当たる12モデルを発表した。ACEEEが作成した昨年までの数年間は、その「最も有害なモデル」のリストに名前が挙がったモデルの大半は、エン ...

  • 「大型車」に目をつけたテスラ共同創業者、バス会社と大規模契約

    Sam Abuelsamid , CONTRIBUTOR

    省エネや温室効果ガスの排出量削減において、普通乗用車やその他の軽量自動車の分野はもう頭打ちになりつつある。残る“成果を出しやすい対象”は大型車両であり、テスラ・モーターズ共同創設者のイアン・ライトはこの数年、そこに注力している。その彼の立ち上げた会社ライトスピード(Wrigh ...

  • 次世代ビジネスの宝庫 「世界169の課題」を元国連職員に聞く

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今、世界でどのようなことが課題になっているのか。それを見ずして、新たなビジネスチャンスは生まれない。国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)」は、世界が2030年までに解決すべき課題を169項目において提示してくれている。その中に次世代の事業モデルのヒントが隠されていな ...