• 資産3.5兆円のアジアNo1の富豪、王健林が語る「中国の未来」

    Russell Flannery , Forbes Staff

    中国の不動産コングロマリット、ワンダグループ(大連万達集団)の創業者で、資産310億ドル(約3.5兆円)を誇るアジア一の富豪であるワン・ジエンリン(王健林)は、欧米のエンターテインメントに盛んに投資する一方、映画事業では中国のような新興国で長期的な成長機会を見出している。フォーブスはワンへのインタビ ...

  • 中国チャイナ・フィルム上場へ ハリウッド並みの市場価値に

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    中国国営の映画企業「中国電影集団公司」の配給部門「チャイナ・フィルム」は7月28日に株式上場を行なうと発表。目標資金調達額は6億1,000万ドル(約655億円)で、これは中国のエンターテイメント企業としては史上最大のIPOとなる。発行株式数は4億6700万株。現在チャイナ・フィルムの株式の93%を保 ...

  • 中国版ディズニー狙う「ワンダ」社、アリババに続き上場の可能性

    Doug Young , CONTRIBUTOR

    中国各地で娯楽施設を展開中のワンダグループ(大連万達集団)が初めて1-6月期の業績を英語で公表した。公開された情報は一部ではあるが、本業である不動産事業の比率が売上高の半分にとどまるなど、ワンダグループの全体構造をうかがい知ることができた。また、報告はワンダグループのIPO計画も連想させるものとなっ ...

  • 上海ディズニーを迎え撃つ、中国ワンダグループの野望

    Doug Young , CONTRIBUTOR

    中国の不動産大手ワンダグループ(大連万達集団)は、巨額の資金を投じて国内外でテーマパークを建設し、ディズニーに対抗しようとしている。中国内陸部の江西省で数十億ドルをかけた施設が近くオープンし、南部の景勝地、桂林での大型リゾート開発計画も先日発表された。さらにワンダは2月に、パリ郊外に33億ドル(約3 ...

  • ハリウッドを進化させるヒットメーカー

    井関 庸介 , Forbes JAPAN 編集部

    今年の1月、米映画界が大きく揺れたーー。ヒット作を連発し、近年のハリウッドを牽引してきた映画制作会社「レジェンダリー・ピクチャーズ」が、中国の不動産大手「大連万達集団(ワンダ・グループ)」に買収されたのだ。胡錦濤前国家主席の「ソフトパワー戦略」を受けて、中国各社がエンターテインメント事業へ積極的に出 ...

  • 映画産業も「爆買い」の中国 王健林が企む世界エンタメ帝国

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    中国一の富豪、王健林(ワン・ジエンリン)が所有するAMC シアターズは、3月3日、米カーマイク・シネマズの買収を発表した。11億ドル(約1,250億円)の現金取引による買収となり、債務引受も含まれる。中国資本企業が米企業を買収する最新のケースで、これにより、600以上の劇場を持つ全米最大の映画館チェ ...

  • 王健林、中国本土出身で初の「ビリオネアリスト」トップ20入り

    Russell Flannery , Forbes Staff

    中国一の富豪、大連万達集団(ワンダ・グループ)の王健林(ワン・ジエンリン、61)にとって、2015年は大きな勝利を収めた年だった。3月1日にフォーブスが発表した2016年版の世界長者番付では18位となり、中国本土出身の富豪として、初めてトップ20入りを果たした。資産額は287億ドル(約3.27兆円) ...

  • 爆発する中国映画市場 2017年には世界トップへ

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    中国のコングロマリット、大連万達集団(ダイレン・ワンダ・グループ、以下ワンダ)が1月11日、米映画製作会社レジェンダリー・エンタテインメントを35億ドル(約4,100億円)で買収すると発表した。レジェンダリーは『ゴジラ』や『ジュラシック・ワールド』などのアクション大作で知られる。ワンダはレジェンダリ ...