• 「AI大国」米国ににじり寄る中国、薄まる日本の存在感

    川ノ上 和文 , CONTRIBUTOR

    人工知能(AI)に関する特許出願数が最も多い企業はどこだろうか。データ分析会社アスタミューゼ(2006年−2016年間の統計)によれば、ワトソン開発元である米IBMが3049件で1位。第2位はマイクロソフトの1866件、第3位グーグル979件となっている。上記3社が「AI三強企業」となる ...

  • ウォルマート、店内用「買い物ドローン」で特許申請も実用化は困難?

    Haniya Rae , CONTRIBUTOR

    ウォルマートは3月下旬、店舗敷地内にいる買い物客の元に購入希望の商品を運ぶドローンの特許を出願した。出願書類によれば、ドローンには数多のセンサーが搭載され、利用客が購入したい商品を見つけ出し、指定の場所まで届けることができるという。同社は2016年秋にも、自動運転式の電動ショッピングカートの特許を出 ...

  • グーグルから訴訟のウーバー幹部、法廷で「黙秘権」行使か

    Brian Solomon , Forbes Staff

    アルファベット傘下で自動運転を手がけるスタートアップ企業Waymoが、ウーバーを訴えている問題で、ウーバー幹部の刑事責任が問われる可能性はあるのだろうか──。疑惑の中心人物であるアンソニー・レバンドウスキー(Anthony Levandowski)の担当弁護士らは、その可能性があると見ているようだ。 ...

  • 中国で「パクられずに」スタートアップ企業が成功する方法

    Benjamin Joffe , CONTRIBUTOR

    中国では発売前のガジェットがコピーされ、市場に出回ることが珍しくない。フェイスブックがスナップチャットを模倣した機能を傘下のインスタグラムに投入したことは有名だが、中国人たちのやり方はもっと大胆だ。アップルを筆頭に大手テック企業の多くが中国の深センに製造拠点を置いているが、西側のスタートアップが心血 ...

  • アマゾンの「ワンクリック特許」が期限切れに 競合には朗報?

    Ian Morris , CONTRIBUTOR

    アマゾンが持つ「1-Click注文」の特許は、同社に長年多額の収入をもたらしてきた。しかし、その特許が2017年に期限切れをむかえ、多くの通販サイトが同様の機能を取り入れると見られている。アマゾンがこの特許を申請したのは1997年で、1999年には特許が認められた。「1-Click注文」はあらかじめ ...

  • スマホ特許訴訟 アップルvsサムスン、泥仕合の行方

    Shelby Carpenter , FORBES STAFF

    長年にわたるアップルとサムスンの特許裁判で10月11日、ついにアメリカの最高裁による審議が始まった。判決が出ればスマホのデザインに関する特許の捉え方に大きな影響を及ぼす。アップル支持者は現行の法律を守ることにより個々のデザインが保護されるとし、サムスン支持者は法律を改正しないとイノベーションに歯止め ...

  • 米ウォルマート 「自動運転ショッピングカート」の特許を取得

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    近年は様々なテクノロジー企業がロボット技術関連の特許を取得しているが、ハイテクよりも安売りで勝負してきた企業らも、この分野への進出を開始した。米小売大手ウォルマートは先月、店舗内で使用する「ロボットカート」の特許を米国特許商標庁から取得した。ポピュラーサイエンス誌のリポートによると、このロボットカー ...

  • アップル、次は「ライトニング廃止」を検討か 特許資料で判明

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    アップルはこれまでiPhoneのデザイン向上を目的に、過去には30ピンDockコネクタを、iPhone7では3.5mmイヤホンジャックを廃止した。そして9月27日、アップルが新たに取得した特許の内容から、同社が今度はライトニングポートの廃止を検討していることが明らかになった。今回アップルが取得した特 ...

  • アップルが開発中のVRヘッドセット「iPhone連動型」で特許取得

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    アップルが9月7日にリリース予定の「iPhone 7」と「7 Plus」は小幅な改良にとどまる見通しで、大型改良を期待していたファンからは落胆の声が挙がっていた。そうした中、アップルがVRヘッドセットに関する特許を取得したことが明らかになり、アップルへの期待感がにわかに高まっている。アップルのティム ...

  • アップルが取得した「謎」の自動車特許は連結式バス?

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    アップルCEOのティム・クックが自動車ビジネスへの参入をほのめかし、アップルカーに関して様々な憶測が飛び交う中、同社が車両に関する特許を初めて取得したことが明らかになった。しかし、その内容は一部で噂されたような近未来的なデザインとは程遠いものだった。このニュースを最初に報じたのはアップル製品の特許情 ...

  • 岐阜のプレス会社が新技術を開発 衣類物流に革命!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    起業家から、NPO、大学、老舗企業まで、住民総出の街づくり。あなたの街でも、すぐに真似できるモデルがあるかもしれない。全国23拠点を持つトーマツベンチャーサポートからの協力を得て編集部で厳選した、今、最もおもしろい地方のアイデア集。衣類物流の川上のぼり。プレス業から圧縮梱包へプレス会社が、プレスを不 ...

  • グーグルが「眼に注射する」極小デバイスを開発中 特許資料で判明

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    グーグルはにわかには信じられないようなテクノロジーの開発を行うことで知られている。その最新事例と呼べる技術の特許資料が明らかになった。「眼球に注射で打ち込むデバイス」だ。視力の向上に用いられるこのデバイスの特許は今年4月28日の日付。デバイスは眼球内に注射で打ち込まれ、目の水晶体や周辺の膜組織と一体 ...

  • アップル、iOS専用「VRゴーグル」を開発中 特許画像で判明

    Steven Rosenbaum , CONTRIBUTOR

    VR(仮想現実)ヘッドセットの中で、サムスンの「Gear VR」の売れ行きが好調だ。しかし、このデバイスはサムスン製スマートフォンを目の前に装着できるというだけのシンプルなデバイスで、iPhoneはサポートしていない。現状iPhoneを使ってVR体験ができるのは、グーグルの「カードボード(Cardb ...

  • 中国、ハイテク特許件数で世界最多 米日を大きく上回る

    Rebecca Fannin , CONTRIBUTOR

    先週、中国銀行のある幹部は、国有企業が力を落としていく中で、中国経済の発展にはイノベーションが欠かせないと力説したという。彼はテンセントやドローンメーカーDJIのような時代をリードするテック企業の破壊的イノベーションを取りあげ、深センや広州、北京などのテックハブが競争しながら新鋭企業を呼び込もうとし ...

  • サムスン「巻き物式のスマホ」を開発中? 特許資料で判明

    Shelby Carpenter , FORBES STAFF

    サムスンの新しいスマートフォンなら、画面に傷がつく心配をしなくていいかもしれない。米国特許商標庁は、サムスンが特許申請中の「折り畳み式スマホ」と「巻き物式のスマホ」のデザインを公開した。どちらのデザインもかなり画期的だ。折り畳み式は、端末を畳んでいるときも画面を操作でき、本のように開けばさらに詳細な ...

  • 日本の「忘れ去られた英雄」 フラッシュメモリを開発した男、舛岡富士雄

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「2014年末から、3次元フラッシュメモリはようやく実用化され始めました。今(2015年)から13年前に、フォーブス誌がこれを取り上げたことは、とても画期的なことだったと思います」現在、72歳になる舛岡富士雄は半導体技術の研究開発を行うセミコン・コンサルティング社の最高技術責任者として仙台と東京を拠 ...