• モバイルバッテリーで世界を席巻する深セン企業「Anker」の野望

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    中国の深センに本拠を置く「Anker」は過去3年の間、アマゾンのポータブル充電器カテゴリで売れ行きナンバーワンを記録している。しかし、同社の創業者であるSteven Yangの夢は、バッテリーに限らずあらゆるカテゴリでトップの製品を送り出すことだ。Ankerは今年、ニューヨークにオフィスを開設しオー ...

  • 社会実験都市・深セン探訪記 日本が学ぶべきイノベーティブな街づくり

    青木 優 ,

    昨年1年間で、日本を訪れた外国人観光客が2800万人を超えた。2013年に初めて1000万人を突破して以降、4年間で2倍以上の数字を叩き出したことになる。00年の240万人と比較するとその数なんと10倍以上。観光客が急増し続けている中で、日本のインバウンド業界は、ものすごい速度で進化することが求めら ...

  • 世界最速のスタートアップ育成所、中国深セン「HAX」の起業家たち

    Yuji Ueda , CONTRIBUTOR

    中国は西洋のコピー製品を作る工場だという考え方はもう古いし、それは率直に言って無知だ──。2016年4月、雑誌「WIRED UK」は「中国をコピーすべき時代が来た」という特集を掲載した。表紙を飾ったのはスマートフォンメーカー、シャオミのレイ・ジュンCEO。インタビューで彼は「俺のことを中国版スティー ...

  • 「電動スケボー界のテスラ」を目指す中国企業、Walnuttの野望

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    中国深センのハードウェアスタートアップシーンから、新たな注目株が現れた。電動スケートボードを開発するWalnutt だ。5月にクラウドファンディングのIndiegogoでキャンペーンを始動した同社の製品「スペクトラ(Spectra)」は既に30万ドル(約3300万円)の調達に成功している。電動スケー ...

  • 教育ロボットで世界を狙う中国「Makeblock」創業者、31歳の野望

    Yuji Ueda , CONTRIBUTOR

    ドローン分野でDJIが世界的ブランドを確立して以降の中国では、創業当初から世界市場を視野に入れる「ボーングローバル」志向のスタートアップ企業が増えている。広東省の深センで2011年に創業の教育ロボットメーカー「メイクブロック(Makeblock)」も海外売上が7割に及ぶ、生まれついてのグローバル企業 ...

  • 中国深センに対抗、香港で進化する次世代「医療テクノロジー」

    Benjamin Joffe , CONTRIBUTOR

    今年1月に香港で開催されたスタートアップイベント「スタート・ミー・アップ・イノベーション・フェスティバル」では、1週間にわたり様々なテーマが話し合われた。一般的に香港は金融都市として有名で、近年は北京の中国政府からの規制圧力が高まってはいるものの、フィンテック分野のイノベーションは盛んだ。しかし、香 ...

  • 中国で「パクられずに」スタートアップ企業が成功する方法

    Benjamin Joffe , CONTRIBUTOR

    中国では発売前のガジェットがコピーされ、市場に出回ることが珍しくない。フェイスブックがスナップチャットを模倣した機能を傘下のインスタグラムに投入したことは有名だが、中国人たちのやり方はもっと大胆だ。アップルを筆頭に大手テック企業の多くが中国の深センに製造拠点を置いているが、西側のスタートアップが心血 ...

  • テクノロジーの「ファストファッション化」進む中国、5大潮流

    Benjamin Joffe , CONTRIBUTOR

    中国の深センは今や「ハードウェア部門のシリコンバレー」と呼ばれ、世界のスマートフォンの約70%、家庭用エアコンの約80%、パーソナルコンピューターに関しては約90%を作っている。近年は人件費が高騰し、新興国との競争も激化しているが、深センに蓄積された製造業の知見やスキル、サプライチェーンのネットワー ...

  • 「グローバル」を狙う中国テクノロジー企業、4分野の最新動向

    Benjamin Joffe , CONTRIBUTOR

    今年1月のラスベガスの家電見本市CESに出品した米国企業は1,755社だったが、中国からは1,575社が参加した。テクノロジー関連のイノベーションで、中国はもはや無視できない勢力となった。ここでは、そのカテゴリを4つに分類し、最新トレンドを探ってみた。1. ファーウェイ、レノボ等の大手企業今や世界的 ...

  • わずか200ドルの卓上ロボットアーム 深センのスタートアップが開発

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    1975年にビル・ゲイツとポール・アレンは、「全ての家庭にコンピュータを届ける」という目標を掲げマイクロソフトを創業した。それから約40年後、中国のスタートアップが同じことを、ロボットアームで達成しようと目論んでいる。そのスタートアップは、中国の深圳に本拠を置くuFactory社だ。同社は「uArm ...

  • 中国IT都市、深センの「鳩小屋」マンション 狂乱価格に非難殺到

    Yue Wang , FORBES STAFF

    テンセント(騰訊)やファーウェイが本社を置くテクノロジーのハブとして知られる中国南部の都市、深センで6平方メートルの部屋が100万元(約1,500万円)近くで売り出され、注目を浴びている。現地の不動産開発業者、沙河実業は深セン市南山地区に15階建てのマンションを建設。169戸のうち11戸はバスルーム ...

  • IoT企業を吸い寄せる中国のシリコンバレー「深セン」 1400万人都市の魅力

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    シリコンバレーから遠く離れた中国の深センは、IoTスタートアップにとっての新たな聖地だ。深センは香港の北40キロほどに位置する人口約1,400万人の都市で、経済特区に指定されている。欧米での知名度も急速に高まっており、世界中のハードウェアスタートアップが深センに製造拠点を構え、最近では特にIoT分野 ...