• 話題の「グルテンフリー食」、単なる流行の可能性も

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    小麦などの穀類に含まれるタンパク質の一種、グルテンへの免疫反応が原因の自己免疫疾患「セリアック病」と診断される米国人は2009年以降、大幅には増えていない。それにも関わらず、グルテンの摂取を避ける人が急増していることが分かった。セリアック病の人がグルテンを含んだものを食べると、免疫反応によって小腸に ...

  • 元ELLE女性編集者が生んだファッションメディア帝国 「Who What Wear」の躍進

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    10年前のインターネットを思い出してみよう。iPhoneはまだ存在せず、ネットはPCで見るものだった。フェイスブックはあったがユーザーは大学生に限られ、それ以外の人はマイスペースなどで交流していた。そしてファッション誌の公式サイトの多くは、読者を紙の雑誌へと誘導するためだけに存在していた。その頃、雑 ...

  • ヴィクトリアズ・シークレットがアスリージャーに進出、「遅すぎ」の声も

    Greg Petro , CONTRIBUTOR

    人気下着ブランドのヴィクトリアズ・シークレットは2013年、「セクシーな」スポ―ツブラでスポーツウエア市場に進出した。だが、それからわずか2か月余りで同市場から撤退。消費者がアスレチックウエアに何を望むかについて、完全に読み誤ったのだ。同社はまた、主力製品である下着の分野でも、相次ぐ競合他社の参入と ...

  • ポケモンGOを辞めた米国人の実感 ブームは「冬」を越せるのか?

    Dani Di Placido , CONTRIBUTOR

    米国人の筆者は先週、ポケモンGOのアプリを削除した。ポケモンを全て捕獲するというミッションに取りつかれ、ポケモンが出現した時の振動を逃さないようにスマホを握りしめて道を歩くことに嫌気がさしたのだ。筆者は数多くのポケモンを捕獲したが、次第に同じキャラクターばかり出現するようになってからつまらなくなくな ...