• 麻薬対策に強権発動のフィリピン、腐敗度がさらに進行

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は麻薬撲滅に向けて“暗殺部隊”を組織し、対策に力を入れる中で自国の民主的なプロセスを葬ってきた。一方でそのドゥテルテは、汚職をまん延させ、存続させるシステムをいまだ葬り去ることができずにいる。同大統領の政権下で、フィリピンでは腐敗がさらに ...

  • 逮捕のサウジ王子、資産3兆円を喪失 投資会社の株価下落で

    Noah Kirsch , FORBES STAFF

    サウジアラビアの著名投資家で富豪のアルワリード・ビン・タラル王子が11月4日、汚職容疑で逮捕された。タラル王子の資産額はその後の株価の低落により、大幅に下落した。タラル王子の資産額は11月7日、彼が運営する投資会社キングダムホールディングの株価下落により、8億5500万ドル(約972億円)の減少とな ...

  • パキスタンにまん延する汚職問題、解決できるのは中国ではない

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    中国の国営企業が8月末、パキスタンの電力事業者Kエレクトリック(K-Electric Company)の買収を発表した。この買収は1、2か月ほど投資家たちを喜ばせるかもしれないが、パキスタンが抱える最大の問題”汚職”を解決するものにはならないだろう。もしもフィンランドや香港、 ...

  • 中国経済の減速は「汚職撲滅運動が原因」、金融当局の元幹部が指摘

    Jonathan Webb , CONTRIBUTOR

    中国人民銀行の元金融政策委員である李稲葵(リー・ダオクイ)は、中国の最近の経済減速の主な原因は「汚職の取り締まり」だと指摘している。李はシンガポールのテレビ局CANの取材に対して、「中国経済の減速の一番の理由は、リバランスではなく、中央政府の政策立案者たちが地方政府の悪習を一掃しようとしていることに ...