• 「明日、死ぬ」という修行[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

    田坂 広志 , CONTRIBUTOR

    経営の世界において、昔から語られてきた一つの格言がある。経営者として大成するには、三つの体験の、いずれかを持たねばならぬ。戦争か、大病か、投獄か。ここで投獄とは、文学者・小林多喜二が思想犯として逮捕され、拷問で獄死するような時代の投獄のことであり、この三つの体験は、いずれも「生死の体験」を意味してい ...